« 小さい伊東四朗 | トップページ | 朝になっていたかも・・・ »

2006年5月11日 (木)

梅雨のはしり

5/10、一日中雨。久しぶりにこんなに降ったような気がする。天気予報だと、5/11は少し晴れ間がみえるけれど、週末にかけて、雨続きとのこと。すでに九州の下のほうに梅雨前線が待機してるもんなぁ。この時期の連日の雨を「梅雨のはしり」と言うらしい。私の大好きなRKBのお天気キャスター、龍山康朗さん(全国初の気象予報士アナウンサー)が言っていた。実は結婚するまで、全くお天気には興味がなかった。天気予報で予報図がでても、ちんぷんかんぷん。確か中学のとき習ったはずなんだけれど・・・。会社に行く前、晴れていなければ、母に「今日は傘いる?」と聞いてたぐらい。「今日の天気は?」なんて聞いたことがなかったもんなぁ。結婚してからは、寝る前にネットでチェックするようになったけれど、「天気予報」よりも「洗濯指数」がメイン。「天気予報」や「お天気に関すること」に興味がでてきたのは、去年、確か今ぐらいからだった気がする。1月に妊娠がわかり、会社を辞めて夕方のニュースを見るようになってからだ。RKBの「今日感テレビ」を毎日見ていたのだけれど、お天気キャスター、龍山康朗さんの天気予報が面白くて、だんだん天気に興味が湧いてきた。だいたい毎日、親父ギャグから始まって、ちょっとしたお天気豆知識を披露してくれる。そして、肝心の予報。すごくわかりやすいのだ。学生のときに、こんな天気予報を聞いていたら、今頃 天気予報士になってたかもなぁ。なわけないけれど。

P1000407 ←龍山康朗さんが書いた本

とにもかくにも雨は仕方がない。水不足は困るしな。姫とのお散歩も、少しの雨くらいなら外に出よう!

|

« 小さい伊東四朗 | トップページ | 朝になっていたかも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/1755298

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨のはしり:

« 小さい伊東四朗 | トップページ | 朝になっていたかも・・・ »