« シャボン玉 | トップページ | ナットー!ナットー!ナットー! »

2006年8月18日 (金)

まあ、いっか!

8/17(木)

姪が持っていた

ノエルのおさんぽ Book ノエルのおさんぽ

著者:たかはし みちこ,るりこデュアー
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

という絵本を読んで

ポロポロ泣いてしまった。

正直、絵本を読んで、こんなに泣いてしまうとは思わなかった。

姪は、すっかり覚えてしまっているので、私が読み終わった後も

一生懸命、読み聞かせをしてくれた。

その読み方が、また更に私を泣かせた。

姫を産むまでは、とかく合理的に合理的にと過ごしていた。

できればひとつのミスもないように、そして時間通りに事が運ぶ

ように、油断も隙もないように、忘れ物がないように・・・

でも、育児というのは、そうはいかないのが当たり前。

一人だったら走れば間に合う電車も、まあ、次でいっか。

一人だったら10分もあれば充分食べ終わる食事、姫と一緒だと

3倍はかかるけれど、まあ、いっか。

ひとりだったら・・・

時間はたくさんある。

思うように、はかどらないかわりに、今は姫と一緒。

いつのまにか、「まあ、いっか」と思えるようになった。

いままで、せかせか過ごしてきたのが、笑えてしまう。

何をそんなに急いできたのだろう。

ホンの少し遅れてきた電車やバスに、「遅れてるっ」と思ったり

ちょっとした間違いに「あっ間違ってるっ」と思ったり・・・

なんだか、恥ずかしい。

この絵本は、障害をもって生まれた子とそのお母さんのお話です。

が、心がものすごく明るくなる絵本です。

あとがきにも、とても感銘を受けました。

とても、いい絵本だったので、早速姫にも買ってあげました。

|

« シャボン玉 | トップページ | ナットー!ナットー!ナットー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/3101383

この記事へのトラックバック一覧です: まあ、いっか!:

» 家庭保育園 なぜなにブックの読み方 【家庭保育園口コミ】 [家庭保育園●口コミ&評判レポート【幼児教育@口コミ】 ]
絵本感覚なのか、幼児事典を好んで楽しんでいます。どこに何が載っているか、覚えてるんで驚きです。。 [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 11時37分

« シャボン玉 | トップページ | ナットー!ナットー!ナットー! »