« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

お外は楽しい!

10/1(日)

昨日は、足をのばして、「筑豊緑地」というところへ行った。

ピクニック気分で、私はめちゃくちゃ興奮してたみたい。

夜中、3時半と5時半の2回、目を覚ます有様。

全く・・・

私のほうが喜んでいる・・・

緑地へ行く前に、近くにある「道の駅 碓井」へ。

時期的に、「あけび」「いちじく」「栗」があったので「いちじく」と

「栗」を購入。

(なんだか、「あけび」も「いちじく」も、買うのが妙な気がしたけれど

売られてる時代なんですねぇ・・・)

結構暑かったけれど、さすがに秋の風が、とてもさわやかに

吹いていて、汗っかきの姫も、ここちよさそうにしていた。

そして、姫、初めての外ランチ。

ここ最近、あれだけ手こずっている食事だけれど、さすがに雰囲気

が違うせいか、パクパク食べてくれた。

これにはびっくり。

「ごちそうさま」をさせて、私が食べだしたら、飛びかかってきて

まだ欲しいといってくる。

お弁当を作った甲斐があった。

ご飯は、やっと軟飯から普通炊きのご飯が食べられるようになって

きたので、おにぎりをわけてあげられたし、おかずも取り分けて

食べさせられるようになった。

これで、外へ行くのも、だいぶ楽になるような気がする。

帰りは、近くのSCへ行き、書店で絵本を2冊買ってあげた。

家に帰り着くなり、絵本が入った袋をバサバサ。

セロテープが邪魔して、なかなか取れないのでフンフン。

取ってあげると、喜んでキャッキャッ。

興奮しているなぁとは思っていたけれど、まさか夜、寝付けないほど

興奮しているとは思わなかった。

いつも30分くらいで、ねんねしてくれるのに、1時間半もかかった。

お日様にあたり、風に吹かれ、芝生の上で遊んだのが、よほど

楽しかったのだろう。

近くに公園がないせいもあり、お散歩といえば、ベビーカーに

乗せて、ぶらぶらするだけの毎日。

もうちょっと工夫してあげないとなぁ・・・と反省した。

<><><><><><><><><><><><><><

P1000789 「まだ、食べたいっ」そうです。

| | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

私、そんなに器用じゃありませんっ

9/29(金)

最近の姫、意思表示の仕方が激しい。

こわいくらい。

なんでも、投げるし(投げるときは、音がすることがわかっている

ので、少し肩をすくめて目をつむる)、ちょっと腹かいたみたいな

声で「あんっ」とか「うっー」とか言う。

今日は、私も少しイライラしてしまって、絵本を両手で軽くポンっと

叩いたら、その絵本の上に自分が持っていた絵本をボンっと

投げつけられてしまった。

自分がやったことが、倍以上になって帰ってきてしまい、反省・・・

どうしてイライラしてしまったかというと、離乳食が原因。

姫は、今まで食べムラもなく、なんでもよく食べ、用意したものは

いつも完食していた。

でも、この2.3日前ぐらいから、あまり食が進まない様子。

すぐ、おっぱいを欲しがったり、ご飯じゃなくて、食パンのほうを

欲しがるのだ。

そして、必ず、全ての絵本を自分の前に置き、次から次に

あれ読んでくれ、これ読んでくれ攻撃。

食べさせながらの読み聞かせは、ちょっと大変。

今日の夕飯にいたっては、「スプーンはイヤ」「椅子はイヤ、床に

座りたい」。

私の素手でつまんで、口に運んだものは食べるという有様。

それも、ご飯とおかずの合間に、大好きな食パンを入れて

(アメとムチ作戦)なんとか食べてもらった。

いままでは、姫が何でもよく食べてくれるので、食事の時間が

楽しかった。(自分はゆっくり食べられないけれど)

1歳を迎え、とうとう、食事が大変な時期に突入したようだ。

はふぅ~・・・

| | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

不思議なバトン

9/28(木)

いつも遊びにきてくださるとくさんから

不思議なバトンが回ってきました。

こういうのは、初めてですので、とても緊張します。

* ルール *

1・2・3で回してくれた人の質問に答える。

4で次の人への質問を3つ考える。

5でバトンを回してくれた人へのメッセージ。

6でバトンを回す人3人を指名。

では、早速・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)最近大笑いした出来事は?

 お散歩用のバックを開けたら、娘のおもちゃの携帯が入って

 いたこと。

 P1000788_1

  娘が、気を利かせて入れてくれたのでしょうか・・・

 でも、つながらないんですけど・・・

2)これまでで一番ハマッたTVドラマは?

 なんといっても「29歳のクリスマス」

 もう一度観たいと思っていたら、 5.6年前に、夕方再放送が

 あり、録画。

 私、一度観たテレビや、読んだ本は、ほとんど見返したり

 読み返したりすることはないのだけれど、これは何度も何度も

 観ました。

 このときは、恋はするけれど、結婚せずに、強くたくましい女性に

 なろうという思いが100%、心を占めていたので、最終回は

 とても感動して、ポロポロ泣きました。

3)1週間OFFを差し上げます。あなたのためだけに

 その時間を使えるとしたら何をしますか?

 一日目・・・午前中 ワックスがけ  午後 ソファでごろ寝

 二日目・・・午前中 模様替え    午後 ソファでごろ寝

 三日目・・・街へショッピング     帰宅後 ソファでごろ寝

 四日目・・・一日中、書店へ

 五日目・・・一泊で、温泉旅行

 六日目・・・     〃

 七日目・・・一日中ごろごろ&だらだら(無駄に過ごす)

 ☆最近は、早起きの姫のおかげで、規則正しい生活。

  一週間あったら、とにかくだらだら過ごしたいです。

4)質問

 3つの質問を考えるのに、随分悩んでしまいました。

 どうしても、思いつかない・・・

 あ~私って、なんて思考力不足なんでしょう。

5)とくさんへ

 いつも、温かいコメントに励まされています。

 どうぞ、これからもよろしくおねがいします!

6)バトンを回す人3人を指名

 4)の理由により・・・ごめんなさい。

 私のブログを見てくださった方で、1)2)3)の質問に興味を

 もたれた方がいらっしゃいましたら、やってみてください。

あ~、なんだか緊張しました。

| | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

赤ちゃんって・・・

9/27(水)

昨夜、片付けものが終わって、一息つこうとしたら、姫の泣き声。

姫は、毎晩、2~3回夜泣きをする。

でも、おっぱいをあげると、すぐに落ち着いて寝る。

私も、すっかり慣れたので、泣き出したら、添い乳をして、爆睡。

いつ、姫がおっぱいから離れたのかも気がつかない。

ふと、目を覚ますと、姫も爆睡している。

大体、夜中なのだけれど、昨日は10時過ぎに第1段の夜泣き。

めずらしいなぁと思いながら、添い乳。

でも、中々寝付けない様子。

「ゴニョゴニョ」と言ったかと思うと、ぐずり泣く。

やっと寝付いたかなと思い、本当に本当にそっと、薄目を開けたら

目をつむっている様子。

よしっ、と思い、ぱっちりと目を開けたら・・・

姫も、ぱっちりと目を開けた。

すかさず、私、目を閉じた。

そして、少し時間をおいて、目を開けたら・・・

姫の顔が、真ん前、私を覗き込んでいる。

そして目をぱっちりと開けて、ニッコリ笑っている。

正直、びびった。

心臓が高鳴りしてしまった。(私は、かなりの、びびりやさんです)

でも、実は、これ、寝ぼけていた様子。

笑っていたかと思うと、上げていた頭を、かくんと下げて、すぅすぅ

と寝息をたてて寝付いた。

そして、私も、そのまま寝てしまった。

数日前は、真夜中に、ひょこっと起きて、お座りしたかと思うと

空に向って、手を振り出した。

そして、しばらくすると、一人で寝付いた。

びっくりして、怖くなったけれど、赤ちゃんって、こういうことが

あるらしい。

起きあがって、お母さんの顔を見て、安心すると、またひょこっと

寝付くとのこと。

姪が、おんなじようなことをして、妹は、「この子は、霊でも見える

のではないか?」と心配したと聞いていたのだけれど

実際、自分が経験すると、ちょっとびびってしまった。

赤ちゃんって、かわいいくて、おもしろい。

| | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

お見通し

9/25(月)

今日は、生協の「秋の集い」という会に行った。

生協は、今年6月から利用し始めたばかりの1年生。

生協の事務局の方から、参加してみませんか?と声をかけて

いただいたので、姫と一緒に行った。

地区ごとの集いなので、10人くらいの参加者だったのだけれど

みんな、10年とか20年、生協を利用している人たちばかり。

もちろん、年齢も重ねてある方ばかり。(お孫さんもいるくらい)

赤ちゃん連れの私にも、皆さん、とても親切にしてくださった。

それで、一気にリラックス。

そして、姫にリラックスが伝染したのだろうか。

会場が、かなり広い畳の部屋だったせいもあり、姫は大興奮。

ばったんばったんのハイハイで遊びまくり。

私のことなんかお構いなし。

以前は、あれだけ、人見知りしてたのに、今日は、自らいろんな

人のところへ行こうとする。

家では、したことのない行動や表情をするし、私は終始、驚いて

ばかり。

私は、私で、いろんな人のお話を聴けて、(試食もできて!)

とても、いい時間がすごせたのだけれど、姫にとっても、よかった

みたい。

それにしても、事務局や地区委員の方、みなさん、とても

優しかった。

本当は、久々にこういう、人の集まりの中へ行くということもあって

気持ちがしり込みしていたのだけれど、行ってよかった。

そして、あんな風に、表情から優しくなりたいと思った。

来月は、地区委員の方の集いがあるらしく、見学でもいいから

来ませんかと声をかけていただいた。

育児で大変な時期だろうから、家に引きこもらず、こういう会に

参加して、みんなとお話して、育児の情報交換したりして

楽しんだほうがいいよと。

なんだか、私の行動、お見通し。

会場が遠いけれど、季節もよくなってきたことだし、お散歩を

かねて、行くことにした。

あ~、やっぱり、車は運転できたほうがいいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

追いつこうとしているの?

9/24(日)

昨日、ソファに座っていたら、姫がハイハイで、私の足元に

やってきた。

ティッシュがなくなったので、替えのティッシュをセットしている

最中で、空箱をポンとソファに置いた。

すると、姫が、空箱を取った。

取ったかと思うと、また置きなおして、座った。

また、空箱を取って、置いて、座った。

んっ?

えっ、立った?!

自分で立ち上がった!

初めて、自分でつかまり立ちをした。

私達が立たせて、つかまり立ちをさせることはあっても

自ら、立ち上がってのつかまり立ちは初めて。

いきなり、やってみせてくれたので、びっくりした。

そして、今日。

手押し車を早々と買ってあげていたものの、中々出番がなかった。

唯一、出番と言えば、ハイハイをして傍に行って、ボタンをポンッ。

♪~♪♪~

音楽が鳴るボタンを押して、音にあわせて、両膝に自分の手を

ポンポン叩いて、リズムをとったり、おもちゃが動くボタンを押して

遊ぶくらい。

立たせて、持ち手を持たせても、あまり興味がなさそうで

んじゃ、座らせて押してあげようかと、やってあげても、これまた

すぐ飽きて、抱っこ~抱っこ~。

今日、主人が、そんな手押し車で、遊んであげていたら

なかなか、いい調子で遊んでいる。

へ~、今日は、そういう気分なのねと、見ていたら・・・

姫、膝を立てて立ち上がり、持ち手を持って、押している!

足で立ってはいないけれど、膝で進みながら、ちゃんと押して

動いている!

初めて、手押し車が、本来の働きを発揮できた。

昨日・今日と、一歩前進の姫だった。

気まぐれでなく、明日もやってくれるといいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

来ないでっ!

9/22(金)

やっぱり、赤ちゃんでも、うんこちゃんは、ゆっくりとしたいんだろう。

まさかとは思っていたけれど、やっぱりそうみたい。

ゆっくり、落ち着いてしたいらしい。

うんこちゃんを。

最近の姫、部屋の隅っこに行って、首を少しかしげて、一点を

見つめていることがある。

私と遊んでいるのに、気がつくと、隣の部屋に行ってしまって。

私に背を向けていることもあれば、まるで、私を見張っているかの

ように、こちらをうかがいながら、ちら見していることも。

初めは、なんだろうと思って、すぐに傍に行っていた。

なぜか、いつもおならしている。

そして、滝のような汗を頭にかいている。

そう、力んでいる最中。

私がくると、力むのをやめてしまう。

ちょっと前までは、力むときは私にしっかりと抱きついてきてたのに。

最近は、ドレッサーの近くがお気に入りの場所らしい。

ここだと、私の行動をちら見できるし、自分の姿があまり見えない

とわかっている様子。

わかりました。

もう、すぐにやってきたりしませんから。

ちゃんと、一仕事終えて、もそもそ動き出した頃を見計らって

私も一仕事しにやってきますから、安心してください。

姫、大人になったら、個室でゆっくりできるからね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

のんびりですが

9/21(木)

最近、すこしずつだけれど、目が離せない状況になってきた姫。

ハイハイも、上達してきた。

ただ、体が重たいので、「ぺたぺた」ではなく「ばたっばたっ」と

音がするハイハイ。

すべったりすると、まだ顔から落ちることも、ままある。

1歳になって、ハイハイができるようになるというのは

かなり遅いけれど、できなかったことができるようになるという

喜びは、ひとしお。

ハイハイに疲れて、でも、欲しいおもちゃがあるときは

「ふぅ~んっふぅ~んっ」と言って、私達を呼ぶことがあるけれど

これもまた、かわいくて面白い。

今日は、気がついたら、玄関のたたきに、ぺたんと座って

サンダルを玄関マットの上に置いたり、たたきに置きなおしたりと

忙しそうにしていた。

「うわっ、汚れるやんっ」と思って、(いや、もう座っているから

汚れているんだけれど)すぐに姫を抱っこして、体を拭いて

着替えさせたのだけれど、なんだか、楽しかった。

心の中で、もうまったくぅ~なんて思いながら、お母さんを

満喫するっていう感じ。

他の1歳児を持つ家庭は、こんな体験はとっくにすませているんだ

ろうけれど、私は、初めて。

私の性格からすれば、なるべく汚さないで欲しいという気持ちが

強くて、あれだめこれだめと言ってしまうだろうけれど

姫の、のんびり成長が、功を奏しているのか、やってくれることの

ほうが嬉しくて、汚されても、、散らかされても、なんとも思わなく

なってきた。

あっ、でも、「あら~、汚れるよ~」なんて言ってしまうけれど。

姫から、気持ちをやわらかくしてもらっているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

家じゃないですから!

9/13(水)

昼前に、姫とお散歩&銀行へ。

お散歩が、ちょっと長引いて、銀行へ行くのが遅くなってしまい

12時過ぎていた。

ホントは、12時には家に帰り着き、昼食の予定だった。

お腹が空いて、ぐずりださないだろうかと心配していたら

案外おとなしくしてくれていて、それでも、やっぱり行内で

ぐずったら大変だなと思い、抱っこして待っていた。

結構待ち時間が長くて、二人で遊んでいたら、つい外にいることを

忘れていた。

姫が・・・

姫が、にんまりしながら、私の上着をまくり上げた。

胸まで・・・

こういうときの、子供の仕業は、すばやい。

私も、ちょっとくつろぎモードになっていたのと、座って膝の上に

姫を乗せ、両手を姫の背中に回して組んでいたので

間に合わなかった。

声もでないくらい、慌ててしまった。

思わず、背中を丸めて前かがみになることしかできなかった。

姫、いたずらっぽい目つきで、何度もまくり上げようとする。

お腹が空いてやっていることもあるだろうけれど

甘えてやっているということだろうけれど

どっちにしろ、ここ、銀行ですから・・・

私、嫁入り後ですけれど、イチオウ女性ですから・・・

よろしく頼みますよ・・・

ババシャツ着てたから、たいしたことはなかったけれど・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

おっ!

9/19(火)

昼、姫が少し汗を掻いていたので、上着を着替えさせようとした。

(上着といっても、汗っかきなので、下は紙オムツいっちょ。)

両手を脱がせ終わり、あとは頭からすぽっと脱がせるだけの

状態のとき、姫が両手を肩まで持っていき、上着を自分で掴んで

脱いだ。

えっ、びっくり!

偶然だとは思うけれど、どうやら要領はわかっている様子。

明日、もう一回やってみよっと。

ところで、お風呂に入るときは、脱衣所に歩行器を持っていき

私が着替えて、お風呂に入る間は、姫には歩行器に乗って

もらっている。

ここでしか歩行器に乗れないので、ちょっと嬉しそうな姫なのだ

けれど、嬉しすぎてなのか、あることをしてくれる。

実は・・・

大変はずかしいのだけれど、私のパンツを脱がせてくれるのだ。

上の下着を脱いでいると、なぜか手を伸ばして、パンツを脱がせ

ようとする

せっかくの行為なので、されるがままにしている。

面白いので、ビデオに撮りたいけれど、さすがにねぇ・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

よき、理解者

9/18(月)

台風、すごかった・・・

あっ、でも、すぐに寝付いてしまってた。

いつものように・・・

姫も、普段と変わらず、何度か「夜泣き&おっぱい攻撃」をして

私は、添い乳しながら、爆睡。

ニュースで、台風の被害を知って、恐ろしくなった。

自然災害は、とても怖い。

そして、我が家で怖いのは、私。

台風で、昨夜、ゴミを出しに行けなかったので、今朝出そうと、少し

早めに起きて、身支度をしていた。

今朝の私は、ちょっと不機嫌。

朝から、不機嫌なんてことはないのだけれど、「あること」で

ちょっと不機嫌になってしまった。

主人も起きてきて(いつも、早起き)、ベランダをチェックして

片付けてくれていた。

私が持って行こうとしてたゴミを、持って行ってくれて、助かった

のに、戻ってきたとき、「ありがとう」も言わず、その不機嫌な

原因となった、「あること」について、一方的に怒って言ってしまった。

主人は、いつも、なんにも言わない。

で、私も、言った後に後悔というか、反省というか、沈黙・・・

いつも、喧嘩にならない。

私が一人で勝手に怒ってる。

今日は・・・

姫、が、いた。

そうそう、姫が目の前にいたのだ。

姫、雰囲気を察知した様子。

いつもは私のそばにくるのに、姫、主人のそばへ。

私はリビング。

主人は、リビングの隣の部屋。

パソコンの前に座って、整理している主人のそばを、もどかしい

ハイハイで遊んでいる姫。

主人のそばを離れない。

ちらっと、横目で見たあとも、主人のそばで遊び続ける姫。

私、ひとり・・・

そうです、私が一方的に言い過ぎました。

姫が、いちばん、わかっている。

ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

台風なんです

9/17(日)

台風、すごい。

久々に大きい台風が直撃。

しかし、姫はこれだけすごい雨風の音に、びくともしない。

昼食を摂った後、ひどくならないうちにと、1歳記念の写真を

受け取りに行ったのだけれど、吹く風に、大興奮。

喜んで、足をばたつかせ、きゃっきゃっ言ってる。

車の中では、いつもむずかり、寝ないのだけれど

今日はすぐに寝てしまった。

どういうこと???

すぐに帰ってきたのだけれど、家の中で遊んでいても、今日は

ちょっと様子がちがう。

なんだか、興奮気味。

ひょっとして、興奮しすぎて寝ないかも・・・

雨風の音がすごいし、大丈夫かな・・・

と心配したけれど、普通に寝付いてくれた。

今日は、台風で、大好きなゴルフが×になってしまった主人。

かわいそ・・・

明日、天気次第では、午後からハーフでまわりたいそうだけれど

神様は、お願いをきいてくれるでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

お仕置き

9/16(土)

昨日、以前勤めていた会社の、上司の送別会へ行った。

初めて、姫と2時間半も離れ離れになった。

送別会は、20時からだけれど、お世話になった上司だけに

今回はどうしても参加したくて、遅れて行った。

いつもは、20時ごろから、ねんねのおっぱいだけれど

夕飯→お風呂→おっぱいを、15分早めて、20時15分ごろには

姫が寝付いてくれた。

主人には20時半に帰宅してもらって、20時45分、出発。

結婚して、初めてこんな時間に外出した。

久しぶりに、オムツの入らない小さなバックを持って外出。

あまりに身軽すぎて、なんだか妙な感じ。

駅の階段を下りるとき、姫の重みがないせいか、足がもつれそう

になって、笑ってしまった。

久しぶりの中洲。

勤めていた頃は、会社への通り道だったこともあり、毎日、朝・晩

見ていた街なのに、まわりの光景があまりに眩しすぎて、正直

クラクラした。

(以前は、飲みすぎてクラクラ・フラフラしてたような・・・)

なんとか21時半に、お店へ到着。

もう、すごく久しぶりの再会で、嬉しくて、声が上ずってしまってた

と思う。

退職した同僚も、同期も後輩も来ていて、いろんな話ができた。

そして、サプライズ。

福岡から、地元東京へ転勤した同期H君が、誰にも、何の前触れ

もなく、やってきたのだ。

これには、上司も感動。

しかも開口一番、「帰ってきちゃいましたよ。送別会なんで。」

なんていい人なの・・・。

いや、なんとなく、なんとなく、H君、ひょっとして来るかもしれない

と、思ったりしていた。

そういう人なのだ、彼は。

そうこうするうちに、あっという間に時間が過ぎていく・・・

本当は、30分だけ参加して、帰る予定だったのだけれど

楽しくて、ついつい1時間。

残業が終わってくる人たちもいるので、会いたい気持ちもあった

けれど、やっぱり一番会いたいのは姫なのよね・・・

なにせ、こんなに遠く、そして長い時間離れるのは、初めて。

急いで帰宅。

23時20分到着。

玄関、開けた途端、泣き声が・・・

靴はそろえず、手も洗わず、上着も脱がず、座敷に行くと

主人に抱っこされた姫が、泣きじゃくっている。

あー、やっぱり、なんだか様子が変だと気がついたのね・・・

トイレに行きたくて行きたくて、仕方がなかったのだけれど

そのままおっぱい。

なかなか、離れてくれない。

姫からのお仕置きだったようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

やられたっ

9/14(木)

携帯に電話がかかってきた。

「通知不可能」と表示。

えっ!?

こんな表示は初めて。

気味が悪いなぁと思い、出るのをためらったのだけれど、でた。

着信試験をしているとのアナウンス。

なんだか、とても怖くなって、切った。

一体、誰が着信試験なんてやっているのだろう?

今、出てしまった。

そのままというのも、恐ろしいので、ドコモへ問い合わせた。

「お客様、111へおかけになられませんでしたでしょうか?

リダイヤルをご確認いただけないでしょうか。」

すぐに確認。

するとダイヤルしてある。

あっ。

姫だ・・・

「あの、かけているみたいです・・・(娘が・・・)」

「この番号は、新しく電話機を使用する際、店舗担当が

着信可能か確認するために使う番号ですので、問題は

ございませんよ」

「すみません・・・」

娘を、横目で見やると、何食わぬ顔。

やられた・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

切に願います

9/13(水)

「車、飲んだら動きません」

と、今日の新聞に載っていた。

日産が飲酒運転ができない自動車の開発に着手したとのこと。

また、トヨタも開発を目指すとのこと。

アルコールの測定器とエンジンの始動を連動する技術は複雑では

ないため、数年内の実現も可能とみられるらしい。

福岡での事故が痛ましく、また最近、あれだけニュースになって

いるのに、飲酒運転や飲酒運転による事故が減らないし

なくならない。

事故にならなければいいというわけではない。

飲酒運転は、してはならない。

どんなにすばらしい人でも、アルコールは、人を変貌させる。

飲酒運転が無くならない以上は、メーカーの方に、飲んだら

動かない車を開発してもらうしかない。

できれば、既存の車に取り付けられる付属部品も開発して

もらって、「飲んだら動かない」を義務化してもらえたらなぁ。

アルコールは、人を変貌させるから。

そして、飲酒運転は、なぜか幼い命が巻き添えをくってしまうから。

メーカーの方、よろしくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

ショック・・・

9/11(月)

ショック・・・

「まんが日本昔ばなし」が9/13で最終回。

知らなかった・・・

昨年、放送が再開してから、ずっと録画していた。

取り忘れて、3.・4話ぐらい抜けているけれど。

録画したものは、主人がCDにして、いつか姫と一緒に観るのを

楽しみにしている。

今日、9/13の分の録画予約をしようとしたら、最終回の文字が。

ショック・・・大ショック・・・

知らなかった。

とてもいい番組だし、放送再開の強い要望で復活したと聞いて

いたから、ずっと続くものだと勝手に思い込んでいた。

ショック。

いい番組なのに・・・

ショック・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年9月10日 (日)

ようこそキッチンへ!

9/10(日)

昨日・今日と、いきなりハイハイが上達しだした。

いままでできなかった分を、まるで取り返すかのような勢い。

これにはびっくり。

やっと、皆が言う「目が離せない」体験ができるようになった。

ちょっと嬉しい。

おとといまで、せいぜい10つきくらいだったハイハイなのに

今日は、なんと、リビングからキッチンまできた。

体が重たいので、とぼとぼだけれど、休みが何回か入るけれど

一生懸命、右手・左手・右手・左手・・・・・・・と。

休むときは、なぜかちょっと後ろに下がる。

キッチンに来てくれたときは、もうめちゃくちゃ嬉しかった。

夕飯の準備で、忙しかったけれど、足元で遊んでいる姫は

とてもかわいい。

早速、引き出しを開けて、いろんなものを取り出しては

両手を叩いて大はしゃぎ。

そうよそうよ、おかあさんは、これを楽しみにしていたのよ!

ちいさな泥棒が入ってきたみたいで、いろんなものが散らばる

けれど、そんな光景を、とても幸せに感じた。

待ち望んでいたハイハイ。

お父さんもお母さんも、のんびりや。

姫も、のんびりやさんみたい。

姫のペースで、のんびりいこうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

床屋

9/9(土)

姫、今日、初めて床屋へ。

そう、今日、生まれて初めて髪の毛を切ったのだ。

主人と私に似て、髪の毛は割りと多いほう。

ただ、伸びるのが、ややゆっくりみたい。

髪の毛が多いので、すぐに汗をかいてしまう。

体よりも、頭に汗をかくことが多い。

早く切ってあげたかったけれど、赤ちゃん筆を作りたかったので

姫には暑さを我慢してもらい、ある程度伸びるのを待った。

で、今日やっと床屋へ行くこととなった。

主人の行きつけの床屋が、丁度赤ちゃん筆の代理店をしていた

ので、そこで切ってもらった。

最初から泣くだろうと思っていたけれど、好奇心のほうが勝った

ようで、私に抱っこされたまま、きょろきょろして、切ってもらって

いた。

でも、しばらくすると大泣き。

私のほうが、変な汗をかいてしまった。

なんとか無事終了。

できあがるのが楽しみ。

<><><><><><><><><><><><><><

早くも、来年の七五三のことが気になって、今日、切って大丈夫

だろうかと心配していたけれど、お店の方によると、切ったほうが

伸びようとする力が働くとのこと。

伸びるのが、ゆっくりめの場合は、かえって切ったほうが全体的に

伸びるのが早くなるとの事。

そういえば、私と妹が、初めて髪の毛を切ったときは、坊主にした

と母が言っていた。

昔は、坊主にしたほうが、きれいな髪の毛が生えてくるという

言い伝えがあったらしい。

母から聞いたときは、坊主にされたことのほうにびっくりして

すっかり忘れていたけれど、本当だったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

決断

9/8(金)

以前勤めていた会社の後輩からメールが届いた。

お世話になった上司(直属ではなかったけれど)が岡山へ栄転

私の同期が東京へ転勤することになったとのこと。

上司の送別会は、来週の金曜日に決定。

同期の送別会は、急遽今日になったらしく、後輩は二次会へ乱入

するとのこと。

(私の同期と後輩は部署が別。とても、飲み会の多い会社で

普段の飲み会はもちろん、歓送迎会も部署の相違は全く関係が

ない。参加したい飲み会には、乱入しまくる。

縦横の飲みニケーションもとれている、いい会社なのです。)

最近、というか、7月あたりから、新聞を読む時間があまりとれなく

なってきていて、人事発表を知らずにいた。

上司の転勤はともかく、同期の転勤は、ちょっとびっくりした。

同棲している彼氏がいる。

もう、かなり長い付き合い。

子供ができたら結婚すると言っていた。

子供が欲しいと言っていた。

とても欲しいと。

だから、とても気になる。

勤めていれば、転勤は仕方がないけれど。

彼女は私より若いけれど、結構、いい年。

辞令とはいえ、いろいろ考えただろう。

私も、三十路を過ぎた頃に、東京へ転勤の話が出たとき

ものすごく悩んで悩んで、悩みまくって、丁重に断った。

バリバリのキャリアがあるわけでなし、ごくごく普通の会社員。

ましてや、生まれ育った街から、引越しさえしたことがないし。

(3歳のときに1回だけ。もちろん記憶はない。)

もう少し若ければ、即OKしてたと思うけれど。

女性にとって、決断するするときの年齢は、結構ネックになる。

主人と出会い、姫を授かった「今」を考えれば、私にとっては

大正解の決断だった。

彼女にとって、どうか大正解の決断となりますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

ひょっとして!?

9/6(水)

朝、主人が「今、姫がハイハイした!」と言ってきた。

大きなお腹とお尻を、ちゃんと持ち上げて、両手両足をついて

2・3つきしたらしい。

つき・・・勝手に単位をつけました。なにせ、短いハイハイなので

長さでは表現できない。)

私、見れなかった・・・ぶぅーっー

と、ふくれていたのだが、昼、ちょっと目を離したら、おもちゃに

向って、ハイハイをしていた。

あっ、でも、5つきくらい。

それを何回かやってくれた。

でも、私と目が合うと止めて、抱っこをせがんだり、こっちにきてと

甘え泣きしてしまう。

見ていないと、やっている。

よかったぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

1歳になったんだなぁ

9/5(火)

やっぱり1歳になったんだなぁ・・・

一緒に遊んでいると、上目遣いな目でいたずらっぽく笑ってたり

タオルをわざと顔にかぶせてやると、興奮してタオルをひったくって

今度は自分でかぶってみようとしたり・・・

ここ一ヶ月は、書き記せないくらい、こまかな成長があった。

今日、一緒に遊んでいて、しみじみと感じた。

わが子って、ほんと、かわいい

<><><><><><><><><><><><><><

P1000760

生まれてから誕生日を迎えるまでの、姫の成長を

月齢順に並べ、印刷したもの。

ほんとにほんとに、大きくなりました。

お誕生祝いをしてもらったお礼に、内祝いと一緒に双方の両親へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

餅踏み

9/3(日)

今日は、私達夫婦の父母から、1歳の誕生を祝って「祝い餅」を

してもらいました。

地方によって、踏んだり背負ったりと、いろいろあるようだけれど

我が家では、踏みました。

母から教えてもらったのですが、一生食べるのに困らないよう

一升の紅白餅を祝い餅とし、また、昔は、早い成長を忌み嫌った

らしく、1歳を迎えるときに、歩ける子には、わざと紅白餅の上に

立たせて、こけさせ、歩けない子は、集まった中で一番の年長者

に支えてもらって、立たせるとのこと。

その際、男の子はわらじ、女の子は草履を履かせるそうです。

また、この「祝い餅」は、子供の一生の食べ物を意味するので

その子の両親は口にせずに、集まってくれた人や隣近所の方へ

幸せのおすそわけをするとのこと。

「餅踏みの祝唄」があるのですが、これはおそらく誰も歌えない

だろうと思い、私、恐る恐る筆をとり、色紙に祝唄を書いて

祝い餅の横に添えました。

で、餅踏み中は、慣れ親しんだ「博多祝いめでた」を皆で

唄いました。

姫は、まだ歩けないので、一番の年長者である私の母に

支えてもらって「餅踏み」をしました。

このとき、泣いたほうがいいらしいのですが、姫はあくびをする

余裕。

泣かない・・・

写真を撮るにはいいのですが・・・

でもしばらくすると、疲れたのか泣いてくれました。

「餅踏み」の後は、古式ゆかしい占い。

そろばん・お金・筆・お箸・裁縫道具の5つを姫の前に並べ

どれかを手にするか、みんな注目。

姫、お金を手に取り、そのあと筆を取ろうとしましたが、お箸を

手に取りました。

どうやら、一生、お金・食べ物に困らないようです。

よかったです。

P1000734

無事「餅踏み」が終わって、皆で食事へ。

最近は、好奇心旺盛でじっとしておらず

(ハイハイできないので座ってはいますが

手が早い)、なんでも手に取っては投げるの繰り返し。

外での食事、大丈夫だろうかと心配したけれど、何とかたいした

いたずらもせず、また、食事も食べさせることができました。

その後、写真館へ。

姫は、泣かないものの、顔は硬直。

(百日祝いのときも、そうでした。私達に似て、緊張すると

すぐ顔が硬直して、一人の人を見つめ続けるのです。

ただひたすらと。)

あまり、というか、ほとんど笑ってない写真ばかりでしたが

なんとか撮影終了。

姫にとっては、ハードなスケジュールだったけれど

(年老いた私達の両親にとっても、私達にとってもハードだった)

無事に、ほんとに無事に、この日を迎えられて、ほっとした。

疲れたぁー・・・

P1000752 私の1歳の「餅踏み」のとき。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

ほっ

9/1(金)

姫、1歳の誕生日を無事迎え、「ほっ」としたせいか

昨夜は何度も何度もぐずり起きた。

お母さんは眠いです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »