« 真似 | トップページ | あっち行って »

2006年12月12日 (火)

真似 2

12/12(火)

今日は、姫の病院行きだった。(「水いぼ」治療)

電車に乗って行くので、ちょっと朝からバタバタしてしまった。

予約は10時半。

でも、寒くなったせいか、患者さんが多くて、1時間待ち。

ノロウイルスも流行っているらしい。

診てもらった後、病院近くに住んでいる妹の家へ。

先月産まれたばかりのK君は、たいぶふっくらしてきていた。

夕べ作ったお惣菜を、おすそ分けして、帰宅した。

その帰宅途中の電車でのできごと。

姫は、まだまだあんよができないけれど、防寒のために靴を

履かせている。

電車は、昼間ということもあり、席が空いていたので、バギーを

たたんで、座ることにした。

で、姫の靴を脱がせ、ビニール袋に入れて、バックにいれようと

していたのだが、ものすごく視線感じた。

ものすごい視線。

前の座席に座っていた、二人の男子高校生。

二人とも、ものすごく、私たちのことを見ている。

視線を感じたので、私は、姫の顔ばかりを見つめて、靴に

集中していたので、目は合っていないのだが・・・

すると、足を組んで座っていた男の子が、姿勢を変えた。

組んでいたほうの足が、というか靴が、座席にあたっていたのだ。

靴を見て、そしてちょっと触り、組んでいた足を地につけた。

見た目で、人を判断してはいけないのだが、二人とも、ちょっと

ん~、かなりやんちゃな男の子のように感じた。

でも、この行動に、私はびっくりした。

口で注意しなくても、見て、自らなおす。

彼らの、若さと、柔軟性に感心した。

私は、まだまだ若いつもりでいるけれど、彼らからみれば

充分大人。(というか、オバチャン)

姫のため、というより、子供達みんなのために、これからは

責任ある行動をしていかなくては、と感じた。

|

« 真似 | トップページ | あっち行って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/4523988

この記事へのトラックバック一覧です: 真似 2:

« 真似 | トップページ | あっち行って »