« 気に入ってくれますように・・・ | トップページ | ちょっといい話 2 »

2007年1月10日 (水)

ちょっといい話 1

1/10(水)

今日は、娘の病院の日。

2週間に1度、電車に乗って通っている。

行きがけの電車でのできごと。

乗客が少なかったので、娘をバギーに乗せたまま、扉の傍に

いた。

すると、真向かいに、ちょっとやんちゃなお兄ちゃん(18.19歳

位かな)が二人。

う○こ座りをして、二人で話し始めた。

一人は、飲み物を飲んでいた。

すると・・・

お兄ちゃんA  「あっ、赤ちゃん、かわいかぁ。」

お兄ちゃんB  「うん。」

そして、二人とも娘をあやしだした。

私、びっくりした。

でも、うちの娘、外では、ほとんど笑わない。

浜崎あゆみがしてるようなサングラスをかけている、お兄ちゃんが

一生懸命あやしたり、飲みかけのビンを片手に「飲む?」と

離しかけられても、じぃ~っと見つめたまま。

もう、二人に申し訳ない気がしてくるくらい、笑わない。

「笑わないの、いつもなんですよ。気にしないでね。」と

言いたくなるくらい。

すると・・・

A  「俺と目を合わせようとしてくれんなぁ。」

B  「うん。そうやね。」

A  「おれ、子供欲しかぁ。赤ちゃんはかわいいもん。」

B  「○○ちゃんの赤ちゃんがおるやん。」

A  「遠いもん。」

B  「そうやね。」

A  「今日は、かわいい赤ちゃん見たけん、もう俺、1週間くらい

  がんばれるね。」

やんちゃ、というか、結構コワモテのお兄さんだった。

でも、二人とも、サングラスの向こうでは、きっと目尻が下がって

いたと思う。

しばらくすると、二人席が空いた。

B  「席、空いたけん、行こう。」

A  「うん」

立ち上がった二人。

すると、Aのお兄ちゃんが、こちらにやってきた。

娘の右頬を、左の人差し指と中指の2本で、ちょんちょんっと

撫で、席に向かった。

すごく、いい表情をしていた。

見た目は、やんちゃだけれど、なんて、いい子たちだろうと思った。

こんな、ちょっとしたできごとが、「育児中心の生活」の私の心を

ものすごく、温かくしてくれた。

ホントは、二人に直接言いたかったこと。

「ありがとうね!」

次回は、帰りがけでの、「ちょっといい話 2」をブログします。

|

« 気に入ってくれますように・・・ | トップページ | ちょっといい話 2 »

コメント

こんにちは。すっごくほのぼのしてますね。そういえば、僕も同じようなことが1回ありました。うれしいですよね!でも、僕はそのとき、触らないでくれぃ、と心の中で叫んでしまいました。

投稿: たいざん | 2007年1月12日 (金) 21時53分

たいざんさんへ
「触らないでくれぃ」←わかります、わかります。私も、状況によっては、そう思いますよ。風邪ひいている人から、触られたときなんかは、もう、速攻で帰宅して、娘を洗いまくりました。ちょっと、やりすぎですが・・・

投稿: お返事 せいうち | 2007年1月12日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/4878546

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっといい話 1:

« 気に入ってくれますように・・・ | トップページ | ちょっといい話 2 »