« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

あららぁ~っ・・・

2/28(水)

昨夜。

気がつくと、体重が2kgも増えていた。

今朝、お化粧をしているとき、よく自分の顔を見てみると

肌が、すごいことになっていた。

いかに、自分のことに、かまっていなかったか・・・

体重は、ほぼ毎日、体重計にのることで、気持ちだけでも

引き締めていた。

でも、ここ2週間ほど、のっていなかった。

すると、この有様。

お化粧は・・・

毎日してはいるけれど、出産以来、自分の顔をよく見ることが

なくなっていた。

お化粧の手順は、手が覚えているので、もうはっきり言って

鏡もよく見ずにやっていた。

ばたばたっと終わらせている。

姫が生まれてから、1年半。

ずっと、こんな感じだった。

取り返しがつかないことになっている、肌。

さっき、慌ててナイトクリームを塗った。

即効性があるナイトクリーム。

でも、もう1年半も使ってなかった。

そんなもので、即効性なんて期待できないけれど、塗らないよりは

マシかもしれない。

今日は、ちょっとショックだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

それは、お母さんのセリフですよ

2/27(火)

明日、2月末日で、1歳6ヶ月を迎える姫。

私は、この月齢を目途に、卒乳を考えていた。

数日前から、姫は一人芝居をするようになった。

私のおっぱいを指差して

「ぱいぱい。こんこん、はぁ~い」と。

今までは、「ぱいぱい。こんこん。」と姫が言い、私が「は~い」と

返事をして、上着をめくり上げていた。

そして、姫が、おいしそうにおっぱいを飲みだすのだ。

でも、この一人芝居を見ていると、とてもじゃないが卒乳なんて

できない気持ちになった。

「はぁ~い」と言った後に、当然、おっぱいをもらえるものと思い

眉間にしわを寄せて、ニッコリ笑う姫を見ていると、もうたまらない

気持ちになる。

姫は、食欲旺盛。

歯は、まだ7本目が見えてきたくらいなのだが、少々大きなもの

でも、パクッとお口に入れ、おいしそうに、しかもよく食べる。

多分、おっぱいは、もう飲まなければ飲まないで、いいのかも

しれない。

が、おっぱいを飲む回数・量もかなり多い。

家にいると、すぐにおっぱいをせがむ。

「たった今、飲んだやない」って言いたくなるくらい、せがむ。

ほとんど、甘え飲みだと思う。

私も、おっぱいを飲ませるのは、大好きだから、すぐ飲ませて

しまう。

こんな、調子。

卒乳は、延期しよう・・・

3ヶ月。

あと、3ヶ月、延期しよう。

気持ちが、ゆらぐ・・・

もっと、延ばしてもいいかなぁなんて。

ちょっと、つらい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月25日 (日)

反抗期!?

2/25(日)

ここ数日で、かなりあんよが上達した姫。

だんだん、言うことも聞かなくなってきた。

すぐ、首を振ってイヤイヤをするし、バギーに乗せようとしたり

やってはいけないことを、止めさせようとすると、モウレツに

泣く。

というか、叫ぶ。(もう、止めてっていう感じで)

反抗期なのか!?

妹に聞くと、「そういう時期があるとよ。ついにきたね。」と

笑われた。

でも、「その時期が、一番(かわいい)たい。」とも言われた。

そうなんだぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

しばらくは・・・

2/24(土)

今日は「始皇帝と彩色兵馬俑展」を観に行ってきた。

高校のときの、書道部の顧問の先生が、地下帝国の話をよく

していたので、それ以来、とても興味をもっていた。

展示は、とてもよかった。

本国である中国でも、展示されていない俑が展示されていて

それを間近で見ることができた。

これは、日本での展示が終わり、本国へ戻ると、もう一般展示は

されないらしい。

それにしても、びっくりした。

スケールが大きすぎる。

と、展示のことはさておき・・・

姫、しばらくはバギーで静かにしてくれていたけれど、時間が

経つにつれ、そうはいかなかった。

大半は主人が、姫につきそってくれていた。

最近歩き始めた姫。

もう、じっとなんてしていられないのだ。

歩きたくてしかたがないのだ。

それも、私達に手を握られてではなく、自分の行きたいところへ。

階段も上り下りをしたくてたまらない。

あれだけ、あんよを楽しみにしていたけれど、やっとできるように

なったかと思ったら、もう平気でチョコチョコと歩き回りだし、かなり

大変だと、ちょっと苦笑している私達夫婦。

主人は、常設展示にも興味があって、ゆっくり観たかったようだ

けれど、姫のおてんばぶりに圧倒されて、急ぎ足でしか

観られなかった様子。

今回の展示は、どうしても観たくて行ったのだが、やはりこういう

展示は、しばらくはガマンするしかないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

キャラクター

2/20(火)

私は、子供のころから、キャラクターものが好きではなかった。

唯一、好きだったのはスヌーピーとプーさん。

それだけ。

サンリ○とか、ディ○ニーとか、とくに苦手で、いまだにかわいさ

がわからない。

ミッ○ーマ○スの、どこがかわいいのか?

○ティーちゃんの、どこがかわいいのか?

こう書いただけで、多分、私は、世の子供や女性から相当な反感

を買うのだと思う。

ディ○ニーラ○ドは、社会人になって一回だけ行った。

幼なじみが、どうしても行こう、行けば良さがわかるといい、それを

私は頑なに拒んでいたが、会社の組合の仕事で、東京に行くとき

彼女は、なんと、その日程に合わせて自分の仕事を繰り合わせて

有給をとったのだ。

そうなったら、行くしかなくて、仕方なく行った。

楽しかったのは楽しかったけれど、また行こうとは思わなかった。

ミッ○ーマ○スは、私にとっては怖いものとしか、うつらないのだ。

前置きが長くなったけれど、あまりキャラクターが好きではない私。

姫が生まれてから、そういうわけにもいかなくなってきた。

私の好みを押し付けるわけにも、また、姫が好きなキャラクターを

排除するわけにもいかない。

しまじろうは仕方がないとしても・・・

アンパンマン・ワンワン・うーたん、そしてあの、○ティーちゃん。

参った・・・

キャラクターに擦り寄って、名前をたどたどしく言っている姿を

見ていると、嫌いだとは、いや好きではないとは、言えなくなって

くる。

P1010006 で・・・

アンパンマンのブランケット。

主人が先月、付録がよかったので買った

幼児雑誌で、ブランケットが全員プレゼントだったので

申し込んだのだ。

届いてから、姫に見せてあげると、「ぱんぱん」(あんぱんまん)

といって、大喜び。

幼なじみからの、洗脳は受けなかった。

でも、最近、少しずつ、姫が私を洗脳しだしているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

手当て

2/19(月)

今日は、ちょっとだけ、オノロケかもしれない・・・

少し前の記事で書いたが、頭が痛くてたまらず、病院で検査を

してもらった。

結果、どこも異常はなく、首・肩からくる、皮膚の痛み・コリだと

いう診断だった。

原因がわかり、安心はしたものの、痛みは依然としてあり

(痛み出した当初よりも、落ちついてはいたが)、なんだか

すっきりしない気分だった。

金曜日の夜、横になったものの、あまりの肩こりに寝付けず

まだ起きていた主人に、肩を揉んでもらった。

もう、すごく気持ちが良くて、すぐに寝ることができた。

翌朝、ずっと続いていた頭の痛みが、かなり楽になっていた。

日曜日の夜、もう一度主人に肩を揉んでもらい、就寝。

今朝、頭の痛みが、もうすっかりなくなっている。

無口な主人だけれど、きっと心をこめて揉んでくれたんだと思う。

学生のとき、何の講義だったかは忘れたけれど、脱線して

先生が突然

「あのね、手当てっていう言葉があるよね。人が痛みで

辛いとき、苦しいときは、心をこめて手をあててあげるだけで

治ることもあるんですよ。痛みは、体の痛みだけではなく

心の痛みもあるからね。そのときは、心に手をあててあげなさい。

そんな優しい人になってください。」

この言葉は、先生の声、そして口調までも忘れることができなくて

ずっと心に残っている。

今朝、痛みがすっきりして、肩をグリグリとまわしていたら

その言葉を思い出した。

主人に感謝。

ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

雛飾り

2/18(日)

昨日、叔母から、雛飾りが届いた。

P1010004 陶器で、壁飾りもできる雛飾り。

デパートで見かけて、「姫にあげたい!」と

思い、買ったそうだ。

コンパクトだし(我が家にはぴったり!)、品があり、なにより

私が気に入った。

今年は、雛飾りを飾るかどうか迷っていた矢先だったので

なんだかとても嬉しくなった。

こうやって、いろんな人に姫にことを、気にかけてもらっている

ことが、とても嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月16日 (金)

その調子!

2/16(金)

数日前から、数歩、歩き出した姫。

昨日は、こちらから促すと、何度か挑戦して、結構歩いてくれた。

今日。

もう、びっくりするくらい、何度も何度も自ら挑戦して、かなり歩いた。

「おっおっ」と言いながら歩いていたのだが、もう声を出さなくても

歩けている。

立ち上がると、まずにんまりして、ひとしきり微笑んでから

歩き出す。

今日は、方向転換まで、やってみせてくれた。

私の実母がきていたので、嬉しさもあったのかもしれない。

何度も何度も挑戦して、「ふふっ」と声を上げて笑ったりする余裕

まである。

私が姿を消しても、実母と二人で、楽しくてたまらない様子で

歩いてみせていた。

ほんとに、ほんとに一安心。

<><><><><><><><><><><><><><

今年のお雛様、どうしよう・・・

飾りたくて仕方がないけれど、今の姫の状況からして

さわりまくって、ぐちゃぐちゃにするのは、目に見えている。

でも、飾らないと、なんだか、婚期が遅れそうで・・・

(私は、結構、縁起を担ぐほうです。)

それに、両親にも悪い気がして・・・

飾るならば、土日。

そして、飾ったら、すぐなおしたい。

でも、そんなことしてたら、丸一日かかってしまうと思う。

独身の頃、雛飾りが好きで、お内裏様とお雛様、二人の雛飾りを

いくつか購入しているので、それを3/3まで飾るとして、姫の

雛飾りは、今年だけ、飾るまいか・・・

どうしよっかなぁ・・・

飾りたいなぁ・・・

みんな、どうしてるのかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

ウソ

2/15(木)

今日、病院へ行った。

先週、急に頭が痛くなり、いろいろ調べているうちに、心配に

なってきたのだ。

頭を左右に振ると痛くて、髪を梳いたり分け目を変えようとしても

痛みがある。

自己診断では、慢性硬膜下血腫。

でも、高齢者に多い病気で、30代の人がこの病気になることは

滅多にないらしい。

でも、その「滅多に」の中の一人だったらと思うと、不安になって

きた。

ここのところ、毎日のように調べていた。

しかし、痛みはおさまってきた。

でも、なんとなく不安。

あくまでも、自己診断。

それも、最悪のケースだったらという。

こんな気持ちのまま、過ごすのはたまらないので、病院へ

行くことにしたのだ。

病院へは、姫は連れて行きたくなかったけれど(しかも総合病院)

両親にも、主人にも言いたくなかったので、朝一番に診てもらい

なるだけ、病院へ長居しなくていいように、早めに出かけた。

主人より早く出ることになるので、生協の集会があるとウソを

ついて。

早めに出た甲斐があって、一番だった。

運よく、当日CTを撮ってもらうこともできた。

結果。

脳・頭蓋骨には異常なし。

肩こりや、首への負担から、皮膚が痛むことがあるらしく、今回は

頭部の皮膚が痛んでいるだろうとのこと。

赤ちゃんを抱っこしたりしていると、かなり負担がかかるので

(抱っこしながら何かをするということが多いので)、それも

ひとつの原因かもしれませんとのこと。

そういわれると、もうひとつ思い当たるふしがある。

編み物だ。

春先に着られるようにと、ワンピースを編んでいる。

これがまた、なかなか時間が取れず、編み進まないのだけれど

思いがけず時間が取れたときは、1段でもと思い、編んでいる

ので、かなり肩がこる。

こういうことが重なって、頭部の皮膚が痛み、頭痛となったようだ。

なにはともあれ、安心した。

私は、まだまだ、元気で、健康で、長生きしたい。

私は、母親なのだ。

姫が成人するまでは、なんとしてでも元気でいたい。

私は、母親だから。

特別なことは、何もできない。

だから、せめて、元気で健康で長生きで、いたい。

姫のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

春よこい

2/13(火)

昨日、姫が、ホンの少しだけ歩いた!

最近、気が向いたときに、歩くようになっていたけれど

1歩か2歩くらいだった。

昨日は5歩くらい歩いた。

つかまり立ちから、歩けば楽なのにと思うのだけれど

どうも、姫は姫なりの考えがあるらしく、座った姿勢から

両足を大きく開き、両手を前につき、そのままお尻を持ち上げ

前屈の体勢に。

そして、ゆっくりと両手を離し万歳。(何故か万歳する。

嬉しいのか?喜びを表現しているのか?)

万歳しているときは、すでに、大きく開いていた両足は肩幅くらい

の開き具合。

ニコニコしながら、「おっおっ」と言いながら、ゆっくりゆっくり進む。

でも、うれしさのあまり、興奮して、お尻からドスンっと座り込む。

私達も、立ち上がった姫を見ると、嬉しくて勢い込むから

それを見て、余計に興奮して、座ってしまうのかもしれない。

春も、もうすぐ。

姫のあんよも、もうすぐのようだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

あれれっ?

2/10(土)

コメントをいただいたチーボさんに、返事コメントをするけれど

不具合のようで、なかなかのせられない。

記事はのせらるのになぁ・・・。

チーボさん、ごめんなさい。

チーボさんのブログにも、コメントがのせられない状況です。

他の方のブログにも、コメントができない。

残念っ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

初めての・・・

2/8(木)

月曜日に、近くの公園へ連れて行った。

近所には公園がなく、お散歩といっても、近くのSCへベビーカー

に乗せていくだけだった。

でも、母が友人から公園があると聞き、それを教えてくれたので

早速行ってみた。

出かける前、妙に静かな姫。

自分の身支度をしていたので、大助かり。

でも、なんだか変。

姫のところへ行ってみると・・・

P1000966 お化粧していた。初めてのお化粧。

ほっぺたに、リップライナーで・・・

口元にも、ぐにゃっと塗ってあった。

化粧ポーチ、ドレッサーの上に置いたままにしてあるのを

目ざとく見つけ(さわりたがるので、必ず引き出しの中にいれる

のだが、油断してしまっていた)物色していた。

だから、静かだったのね。

P1000969 公園にて。

あんよができないので、お座りかハイハイ。

はいていたズボン、膝小僧がすりむけるまで

ハイハイしまくった。

火曜日、天気がよかったので、今度はバスに乗り、大きな公園へ。

バスに揺られること20分。

車で行けば5分くらいのところ。

でも、乗客が少なく、山の中まで入っていく路線で、とてもここち

よかった。

この公園は、大きい子と小さい子のエリアがわかれているので

安心して遊ばせられる。

でも、小さい子たちのエリアとはいえ、遊びにきている子たちは

みんな歩ける子たちばかり。

その中に交じり、得意のハイハイ&膝歩行で遊びまくる姫。

この日はいていたズボンは、泥だらけなり(下にはいていた

レギンスまで真っ黒)、もちろんすりむけていた。

P1000972 家に帰りつき、再度着替えさせ、自分のことを

していると・・・

朝、焼いた食パンの残りを、おやつに食べようと

テーブルに置いて、ちょっと目を離した隙に、もうこの状態。

すでに、姫、食べていました。

それくらい、遊んで、お腹が空いたのだろう。

いいこと!いいこと!

夕飯の支度を始めると、台所で遊びだした姫。

P1000978

大好きな、みずやで遊びだした。

ボール、タッパー等を引っ張り出して

この中に入り込んで、寝転がって歌いだす。

コレが、一番好きな遊び。

親ばか記録。

子供って、子供って、かわいい。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年2月 5日 (月)

ささいなこと

2/5(月)

ここ数ヶ月の間、姫のいろんな成長があった。

①「ちぃ」をしたら、オムツを持って、股間にあてながら、私の方へ

  やってくる。(これは、いつもではなくて、たまに。)

②使用済みオムツを、くるくるまるめていたら、ビニール袋を

  広げて、オムツを私から取り、自分で入れる。(これは

  大概、やってくれる。)

③ビニール袋に入れたオムツを、オムツ用のゴミ入れに

  入れに行く。(これも、割とやってくれる。)

④ゴミを、ゴミ箱に入れに行く。

  (たまに、ゴミではないこともあるので、要注意。)

⑤お風呂から上がって、姫を着替えさせ、私が着替えるのだが

  下着を着けていると、パジャマを取ってくれる。(これは、必ず

  やってくれる。すごくうれしい。)

⑥私は、風呂上り、手足に化粧水をつけている。(クリームは

  べとつくので、安い化粧水を買って、つけている。乾燥対策。

  顔と同じ化粧水は、もったいなくて・・・。)

  足につけるときは、座って、つけている。

  すると、膝歩行で、とことこやってきて、足をさすってくれる。

  (ちょっと、はにかみながらやってくれる。これも、必ずやって

  くれる。)

⑦鈴がついているキーホルダーは、鍵だと思っている様子。

 (家の鍵には、鈴がついているので。)

  扉のところへ行き、鍵で開け閉めする仕草をする。

小さいながらも、いろんなことを考え、いろんなことに興味が

湧き、真似をしているのだろう。

今日は、洗っておいたファンデーションのパフを、ドレッサーの

上に置いていたら(いつもは、すぐに引き出しになおすのだが

ばたばたしていて、おきっぱなしにしていた)膝歩行でトコトコ

やってきて、私の顔にパタパタやってくれた。

いつも、お化粧するところを見ているので、パフだけ見ても

すぐに、わかった様子。

こういう、ささいなことが、ちょっとした成長が、とても嬉しい。

  

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年2月 2日 (金)

うらやましい!

2/2(金)

1月の半ばごろ、妹が私に送信してきたメール。

ちょっと笑えたので、(身内だけにしか、笑えないかもしれない

けれど)妹に了解をとって、記事にすることにした。

<><><><><><><><><><><><><><

(妹の主人は)今日は会社の新年会だったそうだ。

帰ってきてすぐに言われて知った。

えっ何で行かんかったと?

ちょうどこの前言ったばかりやん…

(会費だけ払ってきたらしい。馬鹿もん)

たまには会社の人と親睦を深めて若いネェチャンの尻を触るなり

足を触るなりしてきぃよ。

彼はほんとに家が、家族が、大好きのようだ。

つい先日の出来事だ。

(妹が)風呂上がりに台所で、すっぽんポンで薬を探して塗って

いると、彼がやってきて私の両尻を両手でわしづかみにした。

私は飛び上がって、叫んだ。

「キャーエッチィ」

またしてきた。

「キャーエッチィ」

彼は、1月7日に一つ歳をとった私で満足なのかもしれない。

次の日、もうすぐ三才になる○○(妹の娘)が、廊下を小踊り

しながら何か歌っていた。

「エッチ、エッチ、エッチ…パパ、ママのお尻、こんなやって

触ったら、ママ、エッチィって言ったもんね。」

△△さん(妹の主人)、気をつけてくださいよ。

<><><><><><><><><><><><><><

このメールを読んで、私は、家族っていいなぁと思った。

妹は、去年11月に、二人目を出産したばかり。

3歳になったばかりの長女と、現在2ヶ月の長男の育児真っ最中。

大変だと思うけれど、腹を据えて、楽しんでやっている。

甘えん坊だった妹。

いつも、何をするにも「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と

慕ってきていた妹。

もう、すっかり、お母さん。

今は、私の方が、「□□□ちゃん、(育児で)こういうときは

どうすればいいと?」と、心のよりどころにしている。

家族って、いいなぁ。

我が家も、姫が産まれてきてくれて、本当によかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

膝歩行

2/1(木)

今日は、お昼過ぎから雪がチラホラ。

ものすごい冷え込み。

雨が降りそうなときでも、お散歩は欠かさなかったのだが

あまりの寒さに、私の方が縮こまってしまい、家で過ごした。

昨日、以前から欲しかったものが届いた。

P1000953 ←これ。

  姫が寝ている部屋に、折りたたんでなおして

  いるので、外装材を撮った。

以前から、ジムが欲しかった。

妹から、貸してもらう予定だったけれど、それは、とても大きくて

折りたためないため、断念。

でも、やはり、あったらいいなぁと思い続けていた。

日曜日にトイザらスへ行ったら、いろんなジムが置いてあって

(ほとんどが折りたためるタイプ)見ていると買ってあげたくて

たまらなくなった。

で、家に帰り、主人にネットで調べてもらい、注文。

初めての子供だと、なんでも欲しくなる。(それは私が。)

いや、買ってあげたくなる。

一応、なんでもかんでも買うのではなく、厳選はしているつもり

だけれど、今は、いろんなものがあるから、あれもこれも

欲しくなる。

ちょっと脱線してしまった。

で、今日は、姫と、このジムで遊んですごした。

姫は、最近、ベビーカーやバギーに乗ると、自分でベルトをして

バックルをとめたがる。

ジムのブランコには、姫の大好きなバックルがあるので

それに夢中になっていた。

まだ、自分ではとめられないだろうと、思いながら、何度か

やってみせた。

すると、ものの5分もしないうちに、マスターしてしまった。

「かちゃっ」と、とめては、はずしてほしいと「ふんふん」言ってくる。

その繰り返し。

できるようになった。

昨日で、1歳5ヶ月になった姫。

実は、あんよが、まだ。

移動はハイハイか、膝での歩行。

(おかげで、ズボンの膝の部分が白くなっていたり、擦り切れたり。

頑張っている証です。)

でも、手先は器用みたい。

言葉も、すこぶる順調。(あんよと比例すると聞いていたけれど

膝歩行が功を奏しているのか?!・・・)

キャラクター苦手な、私達夫婦が選んだ、思いっきりキャラクター

だらけのジム。

思う存分楽しんで欲しい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »