« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

花見

3/30(金)

今日は主人の誕生日。

4?歳です。

実年齢よりも、かなり若くみえるので、あまり40代にみられることが

ありません。

本人は、それが嫌みたいですが、女性の私としては、とても

うらやましいです。

ところで今日は、主人の会社で盛大な花見があるので、お祝いが

できません。

それで今朝、姫に、二人で作ったバースデーカード(といっても

バースデーフレームに、主人と姫が二人で写っている写真数枚を

はめ込んで、姫と私でメッセージを書き込んだだけです。姫の

メッセージは、ちょっと読めませんが・・・笑)と、プレゼントを

持たせ、主人へ渡してもらいました。

で、バースデーケーキでのお祝いは29日にしました。

丁度、28日に天神まで外出したので、主人の大好きな

ボッデガ・オットーのボッデガロール(プレーン)を購入。

一日しか日持ちがしないので、29日の朝、3人でお祝い。

月末、1歳7ヶ月を迎える姫は、昨日、初めてケーキなるものを

口にしました。

(ここのお菓子は、保存料・合成着色料を使用しておらず

旬の素材を使ってあり、とにかくおいしく、また価格も手頃なので

お気に入りなのです。

ロールケーキは、持ち帰るのにも神経を使わなくていいし

味もくどくないので、和菓子党の我が家には、もってこいのケーキ

です。)

初めてケーキを食べた姫。

もっと欲しい、とねだるかな?と思いきや、いたって普通。

というか、あまり欲しがる様子がない。

ちょっと安心しました。

で、主人の会社のお花見。

毎年、会社の敷地内で開催されていて、家族の参加も可。

結婚4年目にして、初めて参加しました。

会社の前は、何度も通ったことがありましたが、入るのは初めて。

桜の季節は、いつも外から見て、きれいだなあと思っていましたが

敷地内に入ると、よりきれい。

結構大きな行事で、催しがあったり、出店があったりと、それは

とても賑やか。

久々に、ビールを2杯飲み、おつまみを食べ、賑やかな雰囲気に

心も浮き立ち、とても楽しく過ごせました。

姫のお風呂・ねんねがあるので、主人より先に帰宅。

久しぶりのビールに、多少酔っ払い、いい気分で帰りました。

あ~、飲み会っていいなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

有難う

3/28(水)

以前勤めていた会社の同僚二人と、ランチへ。

同僚二人も、すでに退職していて、Mさんは3人、Aさんは1人の

子持ち。

Mさんは、上二人のお嬢さんを実家へ預け、一番下の息子を

連れて参加、計6人でランチを楽しんだ。

実は私、姫を連れて、友人との食事は初めて。

泣きはしないか、ぐずらないか、ぐちゃぐちゃにしてしまわないか

と考えると、どうも気後れしてしまって・・・

でも、そうたいしてぐずることもなく、ゆっくりと楽しみながら食事

ができて、楽しかった。

こういうのって、案外、主人と外食するより、子連れママ同士の

方が、気が楽なんじゃないかと思った。

ちょっとぐずっても、泣き出しても、お互いあやしながら、そして

「大丈夫、大丈夫」と声を掛け合いながら、お互い様なんだから

と、笑顔の交換をしあう。

心底ゆったりと食事はできないけれど、なんだかほっとできる。

食事をする場所にもよるだろうけれど、今日行ったところは

デパートの飲食店ということもあって、周りも子連れや、おばさま

たちばかりで、とてもよかった。

いつも、母とデパートで買い物するときの昼食は、お店に入るのに

気後れしてしまって、姫の分はお弁当持参し、デパ地下のお惣菜

を買い、同開放スペースで食べるという、スタイル。

ここだと、どれだけ騒がれたとしても、平気だろうということで・・・

(同じ考えの人が多くて、結構子連れが多いのだ。)

騒いだことはないけれど、飽きてぐずりだしても、すぐに、お散歩

させることができ、おさまったら、すぐに席に戻れるので、とても

気に入っている。

でも、やはり外出したときぐらいは、お店で食べたい。

今日、お店に入って食事をして、この調子だと、案外大丈夫かも!

と、思った。

ところで、今日の外出、またまた、いろんな方に親切にして

いただいた。

行きの電車にて、8人グループの大学生らしき学生さん。

皆で固まって座っていたのに、その中の一人の女性が

私のところまでやってきて、笑顔で「座ってください」と。

座わらせていただいた後、仲間に、小声で「私、腰がわるいから

長く座っていられないんだよね。」と、その女性。

恐縮していた私への、気を使わせまいという配慮に、脱帽。

帰りの電車。

席は割と空いていた。

座ろうとしたら、30代くらいの男性が

「ここ、どうぞ!(そちらより)ここのほうが座りやすいですよ。

私は、次で降りますから。」

この方も笑顔。

いろんな方の優しさ・気遣いに脱帽です。

今は、親切にされることばかりだけれど、姫が大きくなったら

私も、優しさ返しをしたい。

みなさん、ありがとうございます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

たいしたものだ

3/26(月)

実は、私、「いびき」がすごい。

寝相もすごい。

寝相は、一人のときはよかったのだけれど、結婚して主人と

寝るようになってから、ひどくなった。

主人は、何度となく蹴飛ばされている。

ふっと目が覚めると、目の前に主人の足がある、なんていうことが

たまにあった。

私は寝ている間、主人に対してDVをしているのかもしれない(笑)。

ただ、出産後、姫と二人で寝るようになってからは、寝相は

よくなった。

しかし・・・

問題なのは「いびき」である。

これは、依然としてなおっていない。

去年4月に、3人で温泉に行ったとき、主人が何気に言った。

「○○(姫の名前)は、毎晩、うるさくないとかいな?

俺は、(私のいびきは)なんともないっちゃけど。」

当時、7ヶ月を迎えていた姫。

私も、急に不安になり

「そうやったね、私のいびき、すごいもんね。」

と主人に言った。

すると主人。

「でも、お腹にいるときから、聞いてきとうけん、どうもないっちゃ

ろうね。子守唄みたいなもんかもしれん。」

1歳を迎える前ぐらいから、夜泣きが始まったけれど、その頃は

だいぶリズムが整ってきており、夜泣きなどはなく、ちゃんと朝まで

眠るようになっていた。

そう、ちゃんと私の「いびき」は子守唄の役割を果たしていたのだ。

先週の水曜日。

午前中は所用で、出かけていた主人。

私は、姫に昼食を食べさせた後、おっぱいをあげながら、昼寝を

させていた。

いつもは、姫が寝付くと、そぉっと口をはずして、夕飯の支度に

とりかかるのだが、そのときは、つい私まで眠りこけてしまって

いた。

ふっと気がつくと、隣の部屋で、PCを見ている主人。

いつの間にか帰宅していた。

(昼食がまだだったので、おかきを食べていた主人。

実は、そのポリポリいう音で起きた。)

「ごめん、お帰り。つい、うとうとしてしまっとった。

お腹空いたやろ、すぐ用意するけん。」

すると主人がポツリ。

「久々に、(私の)「いびき」を聞いた。○○(姫の名)も

よう寝とうね。」

私 「うん。よう寝られるよね。」

主人「おっぱい出したまま、いびきかいて・・・」

私、なんとも言えなかった。

でも、まだ、女性の部分は捨てていませんし、捨てたくないし

捨てるつもりもありません。

でも、たまたま、だったにせよ、こういう姿見たら、げんなり

するだろうなぁ。

最近は、出産するまでは、あれだけしなかった間食をするように

なってしまい、ウエストがかなり危ない。

昨日、主人から「ウエスト、ちょっとすごくなってきとう」と言われた。

私、かなりやばい。

真剣に考えなくては。

ご主人様、こんな私をキライにならないでぇ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

和菓子

3/25

昨日、午前中は、和菓子作りの講習会に行ってきた。

苺大福・梅が枝餅・鬼まんじゅう・草もちの4種を作った。

参加者は、私を含め8名。

前回のパン作り講習は、大勢だったが、今回は少人数で

しかも年配の方ばかり。

終始和やかで、とても楽しかった。

「今日は、雨も降っているし、家に帰ったら、早速作ろう」と

言ってあるのをきいて、さすがお母さん歴ウン十年、飲み込みが

早いなぁと感心した。

私はといえば、いただいた資料に、先生の技を書き込むので

必死。

早く作ってみたいけれど、姫と格闘しなければならず、レシピと

にらめっこしながらでないとできないから、しばらくは難しいなぁ・・

そういえば、子供の頃、母親が、よくお菓子を作ってくれていた。

こういうと、とてもお洒落な母親っぽいけれど、お菓子といっても

蒸しパンやぜんざい、ヨモギまんじゅう、春はぼた餅、秋はオハギ

たまに、梅の甘露煮だったり、というような、田舎菓子。

あんまり子供のおやつっぽくなかったなぁ(笑)。

たまぁ~に、ホットケーキやパンなどということもあったけれど

ほんとにそれは、たまぁ~に。

蒸しパンは、しょっちゅうだったなぁ・・・

私はそれが、あまり好きではなかった。

サツマイモのときは、いいのだけれど、レーズンのときは

もう、心の中では「いやだぁ~」と叫んでいた。

今は、レーズン大好きなのだけれど、子供の頃は、あの干からび

ているのに、妙にねっとりしている感覚がいやだった。

なんだか、いろいろ脱線しだしてしまった。

なにはともあれ、お菓子が上手に作れるお母さんになりたいもの

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

記念日

3/24

今日は入籍記念日。

4年前の今日、4/13の結婚式を控え、私達は3週間前の3/24に

婚姻届けを出し、晴れて夫婦になった。

あの時の、妙なというか、くすぐったいというか、居場所が

定まらないというか・・・そういう感覚は、4年たった今も、鮮明に

よみがえってくる。

私は結婚式の準備と、精神的なものとで、気持ちがイライラしても

いた。

自分だけは、そうはならないと思っていたけれど、まさしく

マリッジブルー。

気の利いたことや、今時の愛情表現が、あれだけ苦手な主人が

4年前の3/24、夕方に送ってくれたメールは、一生忘れることが

できない。(内容はナイショ)

あのメールにどれだけ、救われたか。

何度も何度も、メールを読み返した。

そんなことを、今日思い出した。

ご主人様、これからも、楽しく明るくやっていきましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

開いたフスマ

3/22(木)

今日は、主人が泊まりで出張。

それでは、私も姫と一緒に、どこかへゆっくり出かけよう!

ということで、私の実家へ。

実は、公共の交通機関を使って、二人で実家へ行くのは初めて。

電車に乗り、バスに乗換えをしなくてはならず、1時間半ほど

かかる。

帰宅して、夕飯の支度をすることを考えると、いままで行くことを

ためらってしまっていたのだ。

でも、今日は主人がいない。

夕飯のおかずは、ほんの少し重たくなるけれど、実家からわけて

もらえばいいや!

朝、早起きをして、出発。

姫は、大好きな電車を見て、乗ることもできて上機嫌。

心配したのはバス。

今まで、15分くらいしか乗ったことがない。

今日は、50分弱乗らなくてはならない。

でも、心配損だった。

おとなしく、外の景色を楽しみながら乗っていた。

バスだと、すぐに欲しがるおっぱいも、上着をめくろうとするたびに

「今日は、ばぁばのおうちに着いてから飲もうね、がんばろうね。」

と、お願いすると、口をとんがらせ、鼻上に皺を寄せて、イヤだの

顔をつくりながらも、すぐにニヤッと笑い、飲まずにがんばって

くれた。

今日は天気もよく、暖かで、気持ちよかった。

ばぁばと、姫と3人、実家の周辺を散歩。

姫は、日光を程よく浴びて、とても気持ちよさげだった。

夕方帰宅。

私も、久しぶりに住み慣れたところで、ゆったりと散歩ができ

日光を浴びて、とてもリフレッシュできていることに気がついた。

気持ちが軽やかなのだ。

今日は、思い切り出かけてよかった。

<><><><><><><><><><><><><><

今朝、起きるとフスマがホンの少し開いていた。

朝一番の飛行機に乗るため、早く出かけた主人が、和室に眠る

姫を見て行ったのだろう。

主人は、フスマがきちんと閉まってないことに気がつかなかった

ようだ。

今朝、起きたとき、その、ホンの少し、開いたままになっている

きちんと閉まっていないフスマを見て

私はとても、幸せな気持ちになった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

お手伝い

3/19(月)

姫が歩くようになって、約1ヶ月。

行動範囲が、グンと広くなった挙句、視界も広がった。

膝歩行時代も、いろんな真似をして、お手伝いしてくれていたが

最近は、更に増えてきた。

お風呂に入るとき、脱衣所で、タオルを顔に当てて、ゴシゴシ。

これは、お父さんの真似。

コップでお茶を飲んだ後、「あ~っ」と一声。

これもお父さんの真似。

妙に仕草が似ているので、笑ってしまう。

使用後のオムツは、捨てに行ってくれていたが、最近は

自分で丸めてポリ袋に入れ、結びたいらしく、一生懸命格闘して

いる。

結ぶのはまだ、ムリなので、結ぶ仕草をして、ゴミ箱へ。

お風呂から上がったあと、私が化粧水をはたいていると

使い終わったものから、ドレッサーへ、なおしに行ってくれる。

(ドレッサーに座ってしていると、いろんないたずらをされるので

化粧水を畳の上に置いて、やっているのだ。)

「オムツを持ってきて」とお願いすると、持ってきてくれるので

付け替えてあげていたのだが、最近は自分で付け替えたいのか

何も言わなくても、ゴソゴソと持ってきて、ひろげ、床にゴロンと

寝転がり、股間にあてて、付け替える仕草をするようになった。

外出しようとすれば、「ふんふん」と言いながら指をさし、ラジオを

消してと指示し、また「ふんふん」と言い指をさし、エアコンを消して

と指示、そして「ふんふん」と言いながら、加湿器の傍へ行き

消してと指示。(ロックがかけてあるので、自分では消せない)

私が日常やっていることを、わかっている。

部屋を見回っているのを見たときは、もうびっくりした。

書き出していたら、きりがない。

それくらい、歩き出したことで、ものすごく成長した。

正直なところ、姫は、ハイハイも、あんよも、とても遅かった。

歯も、前歯上下の8本。

生えそろうのは、おそらく3歳くらいだろうと歯医者さんから

言われた。

奥歯がまだなので、食事もしばらくは、離乳食がかっている。

だから、一般的な月齢成長の指標は、あえて見ないように

している。

他の子の成長も、あまり聞かないようにしている。

私は、気にしやすい。

特にわが子となれば、気にしすぎてしまうと思う。

でも、姫は、姫のペースで確実に成長していっている、

それが、とてもうれしい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月18日 (日)

もどき

3/18(日)

昨日、電車が大好きな姫のために、プラレールもどきを買った。

女の子なので、どうjかとは思ったけれど・・・

電車があまりに好きなので

「電車のおもちゃを買ってあげようか?」と主人に言ってみた。

金曜日に行った育児サークルで、プラレールに興味を示し

お兄ちゃんが遊んでいる傍で、レールを触ったり

鉄橋をこわしたり、電車を動かしてみたりといった感じだったのだ。

それを言うと、主人、「100円ショップで、もどきがあった」とのこと。

(育児サークルでも、100円ショップのものだと言っていた)

本物でなくても、構わない。

姫は、まだ、1歳半。

電車が動けば、きっと満足すると思う。

で、家族3人で100円ショップへ行き、購入。

レール数本、トンネル、駅、踏切、そして3両編成の電車で

なんと800円。安い、安すぎる。

それに、安さの割には、かなり立派。

家へ帰り、主人と姫、二人で遊び始めた。

しばらくすると、主人の「あっ!」という声。

踏切、破壊。(接着剤でつければ、問題ない程度だったが)

喜んではいるが、電車を脱線させたり、倒したり、レールを

ぐちゃぐちゃにしようとしたり・・・

楽しいと思う遊び方が、そういうことらしい。

いつかは、電車もレールの上を走れるようになるだろう。

それを待とう。

主人、今度は鉄橋を買ってくるらしい。

姫の標的になりそうだなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月13日 (火)

一歳半健診

3/13(火)

今日は、一歳半健診だった。

看護師さんとの問診に始まり、体重・身長・頭囲の計測

内科・歯科それぞれの診察、そして歯科衛生士さんからの

ブラッシング指導。

体重・・・13.15㎏ (大きめです)

身長・・・81.2cm

頭囲・・・48.2cm

内科・歯科ともに問題なし。

姫は、まだ上下前歯、それぞれ4本ずつしか生えていないので

歯磨きシートを使って拭いてあげているだけ。

先月、フッ素塗布に行ったときもブラッシング指導をしてもらった

のだけれど、今回は、ちょっと念入りに指導してもらった。

おっぱいをあげていると、比較的虫歯になりやすいとのこと。

虫歯の痛みは、なるだけ経験させたくないので、気をつけようと

思う。

問診では、看護師さんが言った言葉が理解できているか

簡単に理解度を確認。

バナナはどれ?ワンワンはどれ?などと質問され、それと

同じものを、絵本の中から指差せるかというもの。

まずは、ワンワンはどれ?と聞かれ、思わず私が指差してしまう

という、大バカぶりを発揮!

気を取り直して、バナナはどれ?と聞かれる。

無事、指差しできた。

(もちろん姫が、です。)

健診にあたっては、健診票やアンケートが前もって送られてきて

いて、家で記入してから、会場へ行くようになっていた。

いろんな発育状況について記入するのだが、最近、とんと

育児日記をサボっていた私。

記入することで、姫のいろんな成長を改めて実感した。

歩き始めが遅かったけれど、最近は小走りするようになった。

こけることはあまりないけれど、まだ、歩き出して1ヶ月も経たない

ので、とても、目が離せるものではない。

あんよ自体は、いつか歩き出すんだからと、あまり心配して

いなかったのだけれど、あんよと比例すると言われている言葉が

少し心配だった。

でも、長いことやっていた膝歩行が、功を奏しているのか

順調ですよとのこと。

現在、言えるようになった言葉を書き出し、話せる言葉の数を

記入するようになっていたのだが、そう大してないだろうと

思いながら書き出していると、結構あってびっくり。

35語あった。

その中でも、面白いのが「さぁ、いこか」。

(全く気がついていなかったのだが、)私は出かけるとき、姫に

「さぁ、行こうかね。」と声をかけている。

それを、真似て言うのだ。

出かける準備が整って、コートを着せてあげたり、靴下をはかせ

たりすると、「さぁ、いこか」と。

これは、つい最近言い出したのだけれど、姫がそんなことを言って

いること自体に、全く気がついていなかった。

何か言っているなぁとは思っていたけれど、なにせ出がけなので

姫のことに集中できていなくて、気がついていなかったのだ。

ちょっと反省。

最近買った、ままごとセットで、遊びながら「はい、どーじょ」と

お皿にのせた果物をくれたり、「にょいにょい ばぁ」と言いながら

いないいないばぁをしてくれたり・・・

のんびりやさんだけれど、少しづつ成長していっている。

安心した。

<余談>

ただ、ちょっと気になるのが、電車が好きなこと。

あまり「でんしゃ、でんしゃ」と言うので、ちょっとおふざけのつもりで

電車の絵本を買ってあげたら、そればかりを見ている、

全く、アホな心配事です(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

幸せな昼食

3/11(日)

「屋根に花壇のある店」という、おいしいパンのお店があるとの

情報を得たので、今日は、そこへ行く予定にしていた。

折角行くのなら、そのお店の近辺をドライブして、外で食べようと

思っていたのだが、寒の戻りが厳しく、急遽延期。

私達夫婦だけなら、いいのだが、姫が一緒となると、やはり躊躇

してしまう。

でも、どうしても、おいしいパンが食べたい。

もう、胃が、パンしか受け付けない状況になっている!

で、以前から行きたいなぁと思っていた「フルフル」へ。

今はホームベーカリーを買ってもらったので、食パンを買うことは

ないのだけれど、それまでは、生協で食パンを買っていた。

その食パンが、おいしくて、おいしくて。

で、製造元を見てみると、「フルタ製パン」とある。

よくよく調べてみると、「フルフル」というお店を出しているとのこと。

妹に言うと、「有名で、平日でもすごい人出よ。でも、おいしいよ。

いろんなパンがあるし、楽しいよ。」とのこと。

それを、思い出して、行った。

すごい人出・・・

郊外店であるにもかかわらず、すごい。

駐車場も、パン屋さんにしては、かなりスペースをとってあるのだが

出待ちをしている状態。

10時半ごろ、お店についたのだけれど、こんなに多いとは思って

いなかった。

人気があるという、明太フランス、そしてハニートースト、カレーパン

男爵コロッケパン、たっぷりあんぱん、メロンパン、ふわふわドー

ナッツ、さつまいも・アーモンドパンの8種を購入。

帰宅し、3人で昼食。

完食!

あまりにお腹が空いていたのと、焼きたてのパンのおいしい香り

に、あっという間に食べつくした。

そう、写真に撮る余裕すらないほど、お腹が空いていた。

おいしかった。

なにより、3人で、全種類を分け合って食べるということが

とても幸せに感じ、楽しい昼食だった。

今度は、是非「屋根に花壇のある店」へ行きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

卒乳

3/9(金)

むり・・・。

ここ数日、おっぱいを欲しがっても、すぐにはあげずに

絵本でごまかしたり、手遊びしたりと、いろんなことで逸らして

みたけれど、どうしても上着をめくりあげられてしまう。

そして、私も、すぐにあげてしまう。

今日、かなり頑張ってみた。

姫、こらえきれず、泣き出した。

顔をぐちゃぐちゃにして、涙をポロポロこぼしだした。

顔中、涙だらけ。

小さな手の甲で、私のおっぱいをノックして

「こんこん、はぁ~い。」

そう言って、せがむのだけれど、今日は泣きじゃくっているもの

だから、「こんこ~、うっ、こんこ~、うぐっ、こんこ~・・・」。

「はぁ~い」が、なかなか言えないで、そして、うわんうわん

泣き出した。

小さな右手の甲は、私のおっぱいをノックし続けている・・・

この姿をみて、たまらなくなり、私まで声をあげて泣き出して

しまった。

そして、「ごめんね」と言いながら、上着をめくりあげた。

卒乳。

厳しいです・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

おとしぶた

3/6(火)

昨日のできごと。

夕飯の支度をしていたら、いつものように、みずやで遊んでいた

姫が、「うおっ!」と言って、私の足に抱きついてきた。

そして、私の足に抱きついたまま、その「うおっ!」の原因となった

物体の方に、体を乗り出して、見つめ続けている。

P1010071 ←「うおっ!」の原因となった物体。

 そう、おとしぶた。

 材質はシリコンゴム。

だから、とてもやわらかい。

姫は、これをいたずらしようとして、触ったけれど、やわらかく

変に動きがあったようで、びっくりした様子。

「なんね、これは、おとしぶた たい。怖くないよ。」

でも、そんな私の言葉を尻目に、くるっと反対を向いて、すたすた

とリビングへ。

いつも、私が台所にいるときは、みずやで遊んでいる姫。

今日は、おとしぶたをなおしている、扉を開かなかった。

ふふっ、学習したみたい。

いくつか買って、開けて欲しくないところに、いれておこうかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

おいしい = しあわせ!

3/5(月)

「柳川 = うなぎ」 というのが、私のいままでのイメージ。

車で行けば、そうたいした時間もかからないので、うなぎを

食べに、よく行っていた。

多分、福岡に住んでいる人は、こういうドライブは、よく

あると思う。

でも、柳川は「うなぎ」だけでは、なかった!

主人の親戚から、快気祝いにと、送られてきたもの。

水産堂の粕漬。

もう、最高においしい。

いままで、食べていた粕漬は一体なんだったの!?というくらい

おいしい。

正直、送られてきたとき、心の中では「な~んだ。(がっくり)」

という気持ちだった。

でも、水産堂の文字を、包装に見て、「ラジオでよくCMしてる。

ひょっとしたら、おいしいかも・・・」と。

夕飯時、早速、容器に移し替えて、主人と食べてみた。

「おいしいっ!」

何度、口に運んでもおいしい。

毎晩、食べてもおいしい。

飽きないのだ。

口に運ぶたびに「おいしいね!おいしいね!」の連発。

やっぱり、スーパーで売っている、値段も手ごろなものとは

わけが違う。

早速、水産堂のHPをチェック。

あまりのおいしさに、昨夜コメントを送ったところ、翌朝には

代表者直々、「ありがとうございました」のメール。

おいしいものをつくる人たちというのは、心まで素敵だ。

昨夜から、すごい風で、気持ちが曇ってしまいそうだったけれど

今朝このメールを見て、一日、晴れ晴れとした気持ちでいられた。

そして、今晩も、粕漬を食べ、またニンマリ。

あ~、しあわせ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

おっと、忘れるところだった

3/3(土)

昨日3/2は、主人と私が初めて出逢った日。

そして今日、3/3は、主人と出逢って6回目のひなまつり。

で、姫、2回目のひなまつり。

時が経つのは早い。

去年の3/3は、主人が出張中だったので、実家ですごした。

(6ヶ月だった姫への、中国土産である靴は、最近あんよが

できるようになった1歳6ヶ月の姫には、もう履くことができない。

残念っ。)

そういうことで、初節句のお祝いは、1週間早めに済ませた。

雛飾り、飾りっぱなしは縁遠くなるという、言い伝えを忠実に守る

ため(笑)、ただ、どうしても3/4に片付け終えるのは、無理なので

ネットでいろいろ調べ、実家へ帰る前に、親王以下全てを、後ろ

向きにすることで、お人形たちには眠ってもらった。

今、考えると笑ってしまうくらい、真剣に調べまくった。

だって、姫には、なるだけ早く、というかまぁ、20代のうちに結婚

してほしいと思ったから・・・

こういうことは、親の勝手な願いなのだろう。

結婚適齢期なんて、ふんっ!なんて、思っていたのはどこの誰だ。

(私だ・・・)

去年は、初節句ということもあって、雛菓子や白酒を取り寄せたり

食事の席を設けたりと、かなり気合をいれた。

(双方の両親がお祝いに来るということもあって)

今年は、かなり簡単なお祝い。

食事は、赤飯・鯛の煮付け・ハマグリのお吸い物・タコときゅうりの

酢味噌和え。

そして、雛飾りは、お内裏様とお雛様だけを出して飾った。

姫の手の届かないところへ・・・

(今の、姫のおてんばぶりを考えると、全部を飾りつけるのは

とてもムリ。全部といっても、3段飾りなのだが、どう考えても

姫に、ぐちゃぐちゃにされてしまうのは必至だろうということで)

桃の花を飾るのをすっかり忘れていたので、今朝、慌てて

近くの花屋へ買いに。

もう、1セットしかなくて、運よく買えた。

そんな感じで、去年の心持とは大違い。

なんだかバタバタと用意して、バタバタと終わった。

で、今主人がやってきた。

「雛人形、ひっくりかえさんでいいと?」

おっと、忘れるところだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »