« たいしたものだ | トップページ | 花見 »

2007年3月29日 (木)

有難う

3/28(水)

以前勤めていた会社の同僚二人と、ランチへ。

同僚二人も、すでに退職していて、Mさんは3人、Aさんは1人の

子持ち。

Mさんは、上二人のお嬢さんを実家へ預け、一番下の息子を

連れて参加、計6人でランチを楽しんだ。

実は私、姫を連れて、友人との食事は初めて。

泣きはしないか、ぐずらないか、ぐちゃぐちゃにしてしまわないか

と考えると、どうも気後れしてしまって・・・

でも、そうたいしてぐずることもなく、ゆっくりと楽しみながら食事

ができて、楽しかった。

こういうのって、案外、主人と外食するより、子連れママ同士の

方が、気が楽なんじゃないかと思った。

ちょっとぐずっても、泣き出しても、お互いあやしながら、そして

「大丈夫、大丈夫」と声を掛け合いながら、お互い様なんだから

と、笑顔の交換をしあう。

心底ゆったりと食事はできないけれど、なんだかほっとできる。

食事をする場所にもよるだろうけれど、今日行ったところは

デパートの飲食店ということもあって、周りも子連れや、おばさま

たちばかりで、とてもよかった。

いつも、母とデパートで買い物するときの昼食は、お店に入るのに

気後れしてしまって、姫の分はお弁当持参し、デパ地下のお惣菜

を買い、同開放スペースで食べるという、スタイル。

ここだと、どれだけ騒がれたとしても、平気だろうということで・・・

(同じ考えの人が多くて、結構子連れが多いのだ。)

騒いだことはないけれど、飽きてぐずりだしても、すぐに、お散歩

させることができ、おさまったら、すぐに席に戻れるので、とても

気に入っている。

でも、やはり外出したときぐらいは、お店で食べたい。

今日、お店に入って食事をして、この調子だと、案外大丈夫かも!

と、思った。

ところで、今日の外出、またまた、いろんな方に親切にして

いただいた。

行きの電車にて、8人グループの大学生らしき学生さん。

皆で固まって座っていたのに、その中の一人の女性が

私のところまでやってきて、笑顔で「座ってください」と。

座わらせていただいた後、仲間に、小声で「私、腰がわるいから

長く座っていられないんだよね。」と、その女性。

恐縮していた私への、気を使わせまいという配慮に、脱帽。

帰りの電車。

席は割と空いていた。

座ろうとしたら、30代くらいの男性が

「ここ、どうぞ!(そちらより)ここのほうが座りやすいですよ。

私は、次で降りますから。」

この方も笑顔。

いろんな方の優しさ・気遣いに脱帽です。

今は、親切にされることばかりだけれど、姫が大きくなったら

私も、優しさ返しをしたい。

みなさん、ありがとうございます!

|

« たいしたものだ | トップページ | 花見 »

コメント

せいうちさんは優しい人を引き寄せるんですね^^
きっとお人柄でしょう。
姫ちゃんとの外食、いっぱい楽しんでくださいね。きっといろんな人との出会いがあって楽しい思い出ができるんじゃないかな~

投稿: ka*yu-n | 2007年3月30日 (金) 16時21分

ka*yu-nさんへ
知らない人からの親切というのは、本当に心に沁みますね。
正直、私は、今してもらっている親切を、今までやってきていません。
だから、余計に心苦しくなることもあります。
私ではなく娘が、いい人たちを引き寄せていて、そのことで、私もいろいろ考えさせられているんだろうなぁと思いました。

投稿: お返事 せいうち | 2007年3月30日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/5891239

この記事へのトラックバック一覧です: 有難う:

« たいしたものだ | トップページ | 花見 »