« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

ちょっと実家へ

4/30(月)

土曜日からゴールデンウイーク。

主人は、28・29日と一泊二日でゴルフへ。

で、私は28・29・30日の二泊三日で実家へ。

姫は、先週半ばから、ちょっと風邪気味だったけれど、そう大した

こともなさそうだし、かえって二人っきりよりも、実家の方が安心

なので帰った。

私がのんびりとできたのは言うまでもないことだけれど、なによりも

娘が、一番楽しく過ごせたみたい。

実家は、適度に田舎なので、外遊びも安心していられるし

車の通りも少なく、空気もきれいだし、静か。

最近、近所の田んぼが住宅街になったこともあり、たまに子供の

声も聞こえてきて、ちょっと高齢化が進んで心配していたけれど

一気に周辺が若返って、いい感じ。

姫は、ほとんど家の中にいることがなく、ずっと外で遊んでいた。

じいじとばあばを相手に、遊びまくった。

私は、もう久々に「昼寝」をして、贅沢に過ごせた。

こういう、息抜きも、たまにはいいかなぁと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

こんな風になりたい

4/25(水)

今日は、同じマンションのMさん宅へ遊びに行った。

偶然にも、ご主人が、私の高校時代からの友人が勤めていた

会社の上司で、それが縁で親しくさせていただいている。

今日は、ご主人が午前中外出してあるとのことで、奥様から

「お茶でも、しにこない?」と声をかけていただいた。

友人からは、この奥様がとても素敵な方だと聞いていて

また、手作りのものが、玄人はだしだと、耳にはしていたのだが

お邪魔して、感動した。

もう、何もかもが、手作りで、しかも、既製品のように素敵なのだ。

もう、あまりに素晴らしくて、「すごい!すごい!」の連発。

本当に、すごかった。

お家の中も、とてもきれい。

雑誌に出てくる家のよう。

ベランダも、季節の花が色とりどりに咲いていて、私は初めて

お邪魔したのに、すっかり癒され、まったりと過ごした。

おいしいコーヒーを淹れていただき、ゆったりと過ごした。

「娘さんが幼稚園にでも行くようになったら、いらっしゃい!

教えてあげるわよ!」

そう言われ、早く、姫が幼稚園に行くようにならないかなぁ

なんて思った。

しっかし・・・

今頃は、とっくに編みあがっているはずだった

姫の春用ワンピース。

まだ、後身頃2/3しかできていない。

これは、今秋には着られるように編まなくちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年4月21日 (土)

私は「お姉ちゃん」と呼ばせました!

4/21(土)

今日は、実母の里へ、タケノコほりに行った。

私は小さいころから、この季節になると、お休みの度に行って

いたこともあって、姫も連れて行きたくて仕方がなかった。

山の中なので、空気がきれいだし、街中と違って、ペットの落し物

や得体の知れないゴミもなく、寝転がろうが、何をしようが

安心して遊ばせられる。

第一、アスファルトではなく、土なので、気持ちがいい。

実母の里は、姫と年の近い子供が6人いる。

とてもにぎやか。

姫は、最初こそ、人見知りしたものの、すぐに打ち解けて

というか、溶け込んでしまって、どんどん遊んだ。

どろんこになり、そして泥水の中でこけ、楽しく遊んだ。

そして私も、子供達に負けじとガンガン遊んだ。

バトミントン、サッカー、三輪車こぎ。

久々に、夢中になって遊んだ。

ひょっとしたら、姫よりも楽しんだかも。

主人も、子供達に「おじちゃん!おじちゃん!」とこき使われながら

遊んでいた。

(私は強制的に「お姉ちゃん」と呼ばせました)

すごく楽しかった。

田舎が、とてもうらやましくなった。

我が家3人、今日は、ぐっすり眠れそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

いとこ

4/19(木)

今日は、妹の家へ遊びに行った。

妹は、しばらく体調を崩していたので、実家へ帰っていたのだ

けれど、先週末から家へ戻った。

と言っても、また来週初めには、実家へ行く。

病気のほかに、風邪もひいていたので、なかなか会えずにいた

ため、今日は久々に会った。

姪(3歳)、そしてもうすぐ5ヶ月を迎える甥にも、久しぶりに会えて

嬉しかった。

姫は、久々に会うせいか、しばらくおとなしくしていたけれど

次第に姪と遊びだした。

時間が経ってくると、おもちゃの取り合いをしたり、追いかけっこ

をしたり、姪と姫、きゃっきゃっ言いながら遊んでいる。

妹の家は、遠くも近くもない距離。

あと一年もすれば、甥とも一緒に、にぎやかに遊びだすだろう。

キョウダイって、とても大事だと思う。

だから、3人がキョウダイのように育っていって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

秘策

4/18(水)

最近、ままごとセットで、一人でよく遊ぶようになった。

両方の手に、それぞれカップを持って、「かんぱ~い」をしたり

お皿に野菜を乗せ、フォークかスプーンを持ち、私に

「はい、どぉ~じょ(はい、どうぞ)」と持ってきてくれたり。

電車やバス、トラックが大好きな姫も、やはり女の子。

ちょっと、ほっとした。

おやつのリンゴやボーロも、しまじろうに食べさせてから、自分の

口に入れるような一面もでてきた。

徐々に内面も成長していっている。

しかし・・・

実はまだ、姫はおっぱいが大好き!

夜泣きのたびに、おっぱいを飲ませているし、日中も、なにかしら

おっぱいをせがんでくる。

私も、なかなか断乳・卒乳の踏み切れなくて

「今、おっぱいはお休み」なんて言いながらも、ぐずるとあげて

しまう。

でも、最近は、何回かに1回は拒否するようになった。

すると、どう知恵をつけたのか、姫は秘策を打って出た。

①しまじろうを抱きかかえ、私の膝の上に座る。

②「とんとん、は~い」と言いながら、私のおっぱいをノック。

③おっぱいが出てくると、しまじろうに飲ませる。

④数秒後、上目遣いに私を見ながら、自分の口をおっぱいへ。

これ、やられるとたまりません。

「おっぱいは休み」とか「おっぱいは製造中」なんて、言えなくなる。

かわいくてたまらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

結婚記念日

4/14(土)

昨日、4/13は結婚記念日。

主人のお休みがとれたので、13・14日で湯布院まで、1泊の

温泉旅行へ。

1日目は、ハーモニーランド。

(くどいですが、私はキャラクター嫌い苦手です。)

でも、姫と一緒だと、とても楽しかった。

(もちろん、主人も一緒にいるからです。)

結構、キャラクターも、だんだんとかわいく見えてくる。

電車が大好きな姫は、同じキャラクターでも、「しんかんせん」が

大好き。

なにか買ってあげようと、ショップを見るものの、姫が、手に取る

もの、喜ぶものといったら、「しんかんせん」のものばかり。

興奮して、ひとりでしゃべっている。

そこで、私と主人で、「マイメロディー」のショルダーバッグを選択。

姫に見せても、反応なし。

でも、購入。

いくらなんでも、「しんかんせん」のバッグは、ちょっとねぇ~・・・

旅館に着いて、しばらくすると、だんだんとバッグに興味を。

二日目の今日は、気に入った様子で、ちゃんと肩から提げて

くれた。

ところで、姫は、今回初めて、大浴場に入った。

姫は、4回目の温泉旅行なのだけれど、今まで、部屋の温泉風呂

にしか入ったことがなかった。

もう、だいぶ歩けるようになったし、私にも、気分的に余裕がでて

きたので、思いっきり入れてみた。

最初、二人で下見。

「夕飯が終わったら、ここで遊ぼうね~」と言うと、喜んだ。

下見が功を奏したのか、脱衣所で、きゃっきゃっと走り回り

大浴場でも、ちょろちょろしたがる。

湯船につかると、一丁前に「はぁ~」なんて言う余裕。

これは大丈夫と、2日目の朝も、二人でお風呂へ。

寒かったけれど、屋上の露天風呂へ。

またもや、気持ちよさそう。

今度は「ふぅ~」なんて言う有様。

心配は取り越し苦労だった。

二日目の今日は、姫には、ちょっとハードスケジュール。

朝は、由布院の町をぶらっとして、「九重夢大吊橋」へ。

噂どおり、人が多く、大吊橋は迫力満点だった。

その後、九重をドライブし、「九重自然動物園」へ。

私は、動物が苦手。

この動物園は、放し飼いになっていて、餌を食べさせることが

できる。

姫は、動物達に興味津々。

うさぎやヤギ、羊には笑みさえ浮かべる。

でも、抱っこしている私は、怖くて怖くてたまらない。

私にとっては、ちょっとハードだった。

その後、「九重ラベンダー園」「くじゅう野の花郷」へ行くも

今は、時季ではないため、長居せずに帰路へ。

途中、日田の「慈恩の滝」へ。

主人も私も、滝が好きで、結婚前、そして妊娠するまでは、よく

二人でいろんな滝を見に行っていた。

この滝は、以前二人で見に行った滝で、二人とも気に入っている

滝のひとつ。

妊娠してから今まで、滝を見に行くことはなかったので、久しぶりに

いい滝を見ることができ、しかも姫と一緒に見ることができて

とてもよかった。

(そういえば、大吊橋からも、「震動の滝」を見ることができた。

ここも以前、主人と別のスポットから見たのだが、今回は

何せ、怖くて、ゆっくり眺める余裕はなかった。)

とにもかくにも、二日間、3人で楽しくすごすことができた。

姫は、まだ1歳7ヶ月。

覚えているわけはないけれど、今回はいろんな体験ができて

肌で感じて、いい刺激になったと思う。

お父さん、ありがとうね!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月10日 (火)

懐かしいなぁ・・・

4/10(火)

我が家も、しまじろうがいる。

姫が産まれる前は、正直、こういう手合のものは「たいしたこと

ないだろう」と勝手に思い込んでいた。

ベネッセの方には申し訳ないけれど、親の購買意欲をかきたてる

ように作られているだけだと・・・

妊娠中に、あるニュース番組で、「こどもちゃれんじ」についての

特集番組を見た。

そのときは、「ふ~ん、でも、多分私は、申し込まない」と思った。

(これは、キャラクターものが、かなり苦手ということもある)

だが・・・

出産後、届いたDM。

「こどもちゃれんじ」の体験版。

一応、開封し、捨てようと置いていたら、姫はそれに興味津々。

とにかくDMを離さない。

毎日毎日、ぼろぼろになるまで、その体験版を見て、遊んでいた。

でも、それでも、申し込もうとは思わなかった。

しばらくして、また体験版が届いた。

今度は、小さめのもの。

それも、気に入っている様子。

ひょっとしたら、本当にいい教材なのかもしれない。

やっとそう思い出した。

で、即申し込んだ。

申し込んでよかった。

特番でも言っていたのだが、本当に子供の目線で、よく研究されて

いる。

飽きることなく遊び、また、どんどんいろんなことを吸収していって

いる。

今、特に「よかった」と思っているのは、なんといっても、「歯磨き」。

割合、歯磨きは嫌がらずしてくれていたのだが、最近嫌がるように

なっていた。

でも、歯磨きの歌を真似して歌ってあげたり、本を見せたりすると

喜んで仕上げ磨きをさせてくれる。

これは、本当に助かった。

そういえば思い出したのだけれど、私も小さい頃、そういう手合の

ものが、毎月届いていた。

と言っても、小学生のときだけれど。

「学習と科学」。

懐かしいなぁ。

めちゃくちゃ懐かしい。

冊子よりも、付録に夢中だった。

あるときの付録はカメラで、撮影し、現像ができるものだった。

暑い中、部屋の雨戸を締め切り、暗室にして、現像したなぁ。

あまり、いい出来上がりではなかったっけ。

またあるときは、石膏で日本地図を作るという付録だった。

喜んで作ったけれど、恥ずかしながら、県名と場所は一致しない。

あ~脱線しだした。

ちょっと、懐かしい気分になった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

すり傷

4/9(月)

あんよ→歩く に変化しだしてからは、お散歩も楽しくなってきた

様子。

大人だと大した距離ではない散歩コースも、姫にはかなりの

コース。

行ったり来たりを何度も何度も繰り返し、階段やちょっとした坂道

は、格好の遊び場に。

よそ様の玄関にも、興味津々。

5分もあれば行ける距離が、30分ぐらいかかる。

姫の様子を見ていると、もうたまらなく楽しいらしい。

バスを見ては、「ばぁ~!」と大声を張り上げ、興奮。

トラックを見ては、「とおぉ~っ!」と言いながら大喜び。

電車にいたっては「でんしゃ!でんしゃ!」とはしゃぎ、動こうと

しない。(姫は女の子ですが、乗り物大好き)

つい「早く行こうよ~」とせかしてしまうのだけれど、お散歩だから

早くも何もないのだ。

これが、お散歩なのだから・・・

働いていた頃、仕事柄せかせかしすぎた生活だったこともあるし

自分の性格もあるのかもしれないけれど、つい急いでしまう。

家事をしているとき、「ぱっぱっぱぁっとするけん、待っとってね」と

抱っこや、一緒に遊ぼうとせがんだときは、姫に言っていたため

姫は「ぱっぱっぱぁっ」を覚えてしまった。

姫が、「ぱっぱっぱぁっ」と言い出してから、いかに私がこの

セリフを口癖のように言っていたかを知った。

もう少し、姫のためにも自分のためにも、ゆったりとした気持ちで

いなきゃなぁと思った。

ところで、今日、お散歩中に、坂道で遊んでいて、何度も転んだ。

痛くてちょっと泣くのだけれど、すぐまた、その坂道で遊びだす。

楽しいらしい。

家に帰って、オムツを替えてやっていると、膝小僧がすりむけて

いた。

びっくりした。

ズボンをはいていたのに、なぜ???

転んだって、ぶつかったって、少々のことでは泣かない姫が

今日は泣いた理由がわかった。

(でも、何度も立ち上がって遊んでいた・・・)

初めて、膝小僧をすりむいた。

その傷を見て、私は、姫が赤ちゃんから幼児に変わったんだなと

感じた。

夜、お風呂から上がって、その膝小僧に、お父さん愛用の

オロナイン軟膏を塗ってあげた。

早く、よくなりますように・・・

(お父さんは、昔っから、どんな傷もオロナインで治したらしい)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 5日 (木)

ごっご

4/5(木)

以前の記事にも書いたけれど、3/30は、主人の誕生日だった。

その日は主人の会社のお花見だったので、姫と私も参加。

当日にバースデーケーキとして、アップルパイを作りたかったので

下準備を済ませ、お花見から帰宅し、姫を寝かせた後、焼いた。

3/30にアップルパイを作りたい理由は、随分前に書いたのだ

けれど、今回は、リンゴが山のようにあるというのも大きな要因。

丁度30個ある。

家族3人で、これを食べるのは、結構大変。

ただ、むいて食べるだけ、というのもワビシイ。

で、真っ先に思いつくのは、アップルパイ。

今回は、「これはおいしいよ」と言ってもらえた。

レシピどおりに作ると、どうも失敗したり、おいしくなかったりする。

で、作るたびに、改良(!?)というか、アレンジしていっている。

すると、少しづつ上達していっているようだ。

今日、「これはおいしいよ」と言われたのが、とても嬉しかったのと

まだまだリンゴがたくさんあるのとで、2つも焼いた。

私は、本当に痩せる気があるのだろうか?

まぁ、仕方がない。

腐らせるのは、もったいない。

何とかして、食べてしまわなければ!

ところで、姫はリンゴが大好き。

今日も、リンゴの入ったダンボールを開けて、「ごっご!ごっご!」

と言いながら、1つずつ、台所にいる私のところまで、持ってきて

くれた。

「早く、食べなさいよ!腐るわよ!」と、せかされているようで

笑ってしまった。

あ~、どうにかしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 4日 (水)

またまた花見

3/31(土)

今日は昼まで、天気がいいらしい。

「家の近くで、お花見をしよう!」という主人の提案で、早速

出かけた。

去年まで、お花見をしていたところは、工事中。

で、主人がネットで、近場のお花見スポットを探してくれた。

ちょっとしたハイキングコースにもなっているところらしい。

行ってみると、かなりの山。

主人は、13㎏ある姫を抱っこし、山頂目指した。

私はというと、自分の荷物以外、何も重たいものは持っていない

のに、「はぁはぁ、ぜぇぜぇ」。

前を行く主人の姿が、何度も何度も見えなくなり、見えなくなっては

必死で追いつこうと、いや、主人の姿が視界に入るよう、頑張って

登るという有様。

かなりの運動不足である。

山頂に着いたとき、久しぶりに達成感を味わった。

何しろ、景色がとてもいい。

桜も見事である。

ハイキングコースになっているというだけあって、道は多少険しく

もちろん外灯はないので、いくら桜がきれいだとはいえ、夜の

花見客はいないと思う。

そのせいか、ゴミもなく、ペットの落し物もなく、きれい。

おかげで何の躊躇もなく、姫を遊ばせることもできた。

P1010109  「いしょっ、いしょっ」(よいしょ、よいしょ)と

 階段の上り下りをする、姫と主人。

 階段が大好きである。

暖かで、風もここちよく、ずっといたいような気持ちにさえなった。

でも、遠くの空を見ると、怪しげである。

1時間ほどで下山した。

来年からは、ここで花見をしようと思う。

<><><><><><><><><><><><><><

私は、若くも、また年でもないが・・・

あまりの運動不足のせいだろうか。

帰りの車の中で、足がガクガクとしだした。

体中が、こわりだしてきた。

すぐに、こわるほど、若くはない。

いかに運動不足か・・・ということなのだろう・・・

おそろしっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

ないっ!!!

4/3(火)

佃煮が入っていた瓶。

空になったので、洗おうと、シンクの片隅に置いていた。

テクテクやってきた、姫。

奪い去り、そのまま一人遊び。

すっかり、そのことを忘れてしまっていた私。

姫よ、空瓶をどこに持っていったんだぁ~っ!

蓋はしてあるけれど・・・

明日は、空瓶探しだ。

記事を書こうとして、今、思い出した。

はふぅ~っ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »