« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

トイレトレーニング 記録3(初パンツ)

6/30(土)

今日、1歳10ヶ月を迎えた娘。

特に前々から、今日の節目を意識していたわけではなく

思いつきで、今日から、パンツをはかせることにした。

前もって2枚だけパンツを買って用意していたのだけれど

実母曰く、最低10枚くらいは用意しておいたほうがいいよと

言われ、今日、大好きな西松屋へ。

パンツ8枚と、専用パッドを購入。

帰宅すると、11時半。

んっ!まだ午前中やん。

んじゃ、ホントは明日の一日からと思っていたけれど、今日は

1歳10ヶ月の節目だし、もうはかせようってことで、娘、初パンツ。

で・・・

しょっぱなから、うんこちゃんでした。

笑った。

さすが、私の娘だ・・・

パッドしててよかった。

で、今日買った8枚のパンツを早速洗って干した。

さぁこい、うんこちゃん!

替えはいくらでもあるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ことば

6/30(土)

最近、娘の言葉が少し進化しだした。

私は納豆を混ぜるとき、50数えることにしているのだが

1から10数えて、それを5回繰り返している。

特にこれは意味もなく、こういう数え方をしている。

娘はそれが面白いらしく、何回もせがまれて、結局100回くらい

数えているのだけれど、ほぼ毎日やっているものだから

数えを覚えるというより、音楽として覚えたよう。

「い~っち、にぃ~いっ、た~ん、てぃーいっ、ごぉ~お、お~く

なぁ~な、あ~てぃっ、くぅ~う、じゅっ」

お風呂からあがるときも、数えているので、耳に馴染んだのかも

しれない。

今日、テレビで「数えてみよう」のコーナーを見ながら、一人で

つぶやいていたのをみて、こんなささいな成長が嬉しかった。

ただ、今日は7まで数えるのがテーマだったので、娘はちょっと

困った風だったのが、笑えた。

絵本を読んであげていると、やはり短い文章は覚えている様子。

私の読み方の抑揚を真似てみたり、もどかしく言ったりする。

もちろん、他人が聞いても理解はできない。

でも、私と一緒に読み真似をしている限りは、あ、真似して言って

いるなぁという感じ。

こうやって、覚えていくんだなぁ。

指をさして、「ここ」と聞いてくるようになった。

「○○」と教えてあげると、また次をさし「ここ」と言う。

聞きたいときは「ここ」と言えるようになった。

私が家事をしていて、自分の相手をしてほしいとき

「おてて、あ~っち」(おててをつないで。そしてあっちへ行こう)

と言うようになった。

これは、ほんのつい最近から。

はいはい、あんよが遅くて、一般的な成長表なんて、まる無視で

のんびり成長をしていっている娘。

言葉も遅いみたいだけれど、マイペースでいっている。

次は、どんな言葉を覚えるのかな。

できれば「と~たん(おとうさん)」ばかりでなく「か~たん(おかあ

さん)」を言ってほしいなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

トイレトレーニング 記録2(ぼちぼち)

6/28(木)

昨日、主人の実家へ遊びに行った。

昼寝のあと、オムツをチェックしてみると、まだしていない。

家のトイレではないし補助便座もないので、しないだろうと

思いながら、「ちぃしようかね」と言ってやらせてみると

でた!

気をよくした私。

今日も昼寝の後、オムツチェックしてみると、していなかった

ので、トイレへいって補助便座に座らせてみた。

座ってしばらくはでなかったけれど、「ちぃ!」と言って

ちょろちょろとしだした。

うれしぃ~い。

この夏、娘と一緒に頑張って、オムツをはずそうっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

ぎんこ~ぉ

6/26(火)

散歩からの帰り道。

今日はいつもと違うコースだったため、上機嫌。

たまに行く銀行の前を通りすぎると、また引き返して銀行の前へ。

車での顧客が多いので、抱っこして帰りを急ごうとすると

降ろして攻撃。

仕方なく降ろすと、銀行の中へ入りたいとせがんできた。

なだめすかすも、どうしても中へ入りたいらしく、3時過ぎていた

ので、まぁいいかと思い直し、ATMのある場所まで入った。

娘、超上機嫌。

顧客は2人と少なく、広々としているため、走り回る娘。

防犯カメラに写る、銀行で遊ぶ母親と娘なんて想像すると

もう、恥ずかしくて、走り回る娘を抱きかかえ、そそくさと出た。

娘、ぎゃん泣き。

外でこんなに泣いたのは初めて。

「ぎんこ~ぉーーーっ!ぎんこ~ぉーーーっ!うおぉーーーっ

あ~っちぃーーー!あ~っちぃーーー!ぎんこ~ぉーーーっ!

いぃーーやぁーーーっ!いぃーーやぁーーーっ!」

なんなんだ、そんなに銀行が好きなのか!?

銀行から家まで、歩いて3分もかからない距離だけれど

娘は、私に抱っこされたまま、エビゾリになり、その姿勢のまま

帰りつくまで、さっきのセリフをいい続けていた。

こんなのは初めてだ。

最近の様子を見ていると、どうも、いやどうやら第一次反抗期に

入った気配がする。

しっかし、エビゾリになり銀行と叫ぶ娘を抱いて、私は笑うしか

なくて、一人で、大笑いしながら帰った。

私は、今日みたいに、公道を大笑いしながら、第一次反抗期を

乗り切ることができるだろうか・・・

不安だ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年6月25日 (月)

美腰メイク 記録 1

6/25(月)

4月中旬から、雑誌の記事で見た骨盤体操を始め、1ヶ月経った

5月下旬。

「金スマ」で見た、美腰メイクに感動し、即、本を購入。

5/28から、毎日欠かさず続けている。

今日はその成果の記録。

体重は、変わりなし。

主人は、「何か変化あった?」と聞くくらいだから、見た目も変わり

なし。

でも、多分、効果が出てき始めていると思う。

背中、そして腰辺りが、すっきりし始めたような気がする。

気のせいかもしれないけれど、「継続は美なり」。

巷で流行の過激な運動は、私にはムリ。

そんな時間もないし。

やっと見つけた、私にぴったりの この「美腰メイク」を、気長に

毎日続けていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月23日 (土)

感謝

6/23(土)

昨日、食育の講演を受けてきた知人から、その内容について

教えてもらった。

講師は、巷で有名な「食卓の向こう側」(西日本新聞社発行の

ブックレット)の記者の方だったそう。

いろいろ興味深い話ばかりで、やっぱり気をつけなくてはと

改めて思った。

実は、去年の5月、「病気にならない生き方」という本を読んで

食について、深く考えるようになり、(それまでも、なるだけ

注意しながら、スーパーで表示とにらめっこし、また、野菜類は

産直・安心・安全コーナーのものや、農産物生産者の店へ

出向いて購入してはいたけれど、自己判断では不安になり)

即、生協に加入した。

本とにらめっこでないと、料理ができない私。

(結婚5年目。これは、いまだにです・・・)

加入して間もない頃は、1週間分を見越して注文するという

独自のやり方に、不安だったけれど、すぐに慣れた。

安心・安全=おいしいのか?

という不安もあった。

この不安は大間違い。

おいしいし、野菜なんて、子供の頃食べた、お日さまの味がする

ものばかりだ。

昨夜、主人が会社から帰宅。

健康診断の結果を持って帰ってきた。

毎年、大概の検査項目は、規定値内で、問題はない。

ただひとつ、中性脂肪が(結婚してから)毎年高くなっていって

いた。(あきらかに私のせいだ)

今回の数値。

昨年の371から172へ激減。

(150未満が理想値)

食について、真剣に取り組みだして、約1年。

こんなに効果があらわれるものかと、正直びっくりした。

私は、社会人になるまで、コンビニやお弁当屋さんの、お弁当や

おにぎり・お惣菜といったものを食べたことがなかった。

初めて食べたのは、社会人になって、2~3年経ったころだったと

思う。

母から「日持ちするものは、なんか気持ち悪いから食べなさんな」

という、長年のすりこみのせい。

恥ずかしながら、会社へ持っていくお弁当は、毎日毎日、母に

作ってもらっていた。

高校・短大・社会人(結婚するまで)と、ずっと母に作ってもらって

いた。

高校に入ったころ、皆のお弁当は、どれもおいしそうで、いつも

煮炊きした物ばかり入った、そして魚メインの(私は肉類が苦手)

ほとんど茶色いお弁当(彩りにレタスやブロッコリー、そして

自家栽培のミニトマト)は、なんだか恥ずかしかった。

野菜も、大概火を通してあるので、あまり見栄えがしなかったし。

「○○の素」のような、簡単に麻婆豆腐などができてしまうレトルト

パックも一切使うことができなかった母。

私が中学生のときだったと思う。

父が、「○○の素」の類をもらい、家に持って帰ってきた。

私には、それがとても新鮮に映り、パッケージのおいしそうな

料理に、いつそれを使うのだろうかと、待ち遠しくて仕方が

なかった。

いつまで経っても、それを使う気配のない母に、私は聞いた。

「それ、いつ使うと?私、食べてみたい。」

「私、気持ち悪くて使いきらん。大体保存がきくっていうのが

わからんと。そんなに保存がきくっていうことは、なんか薬品

でも入っとうけんやないかなと思って、怖いったい。」

母は、そういうようなことを言った。

それからも、変わった新食材が世にでて、母には妙に感じたとき

は、そういうようなことを言った。

田舎育ちの母。

私が中学生ぐらいまでは、家の近くの土地を借りて、いろんな

野菜を植えて、育て、収穫し、それを食卓にあげてくれていた。

畑をしなくなってからは、遊びがてら農生産者の直営店へ買いに

行くようになった。

これらのことは今、記事を書きながら思い出したのだけれど

こういう、母の、家族に対する思いやりを、今、改めて

すごいなと思う。

畑は、母が好きだからやっていたことではあるけれど

「○○の素」の類も、ただ単に、母が?と思っただけのことでは

あるけれど、母親であるという動物的感(?)が働いたのだろうか。

そういえば、「味の○」というような、化学調味料も使わなかった。

ただ、父が好きだったので、父だけが、漬物にかけて食べていた。

店屋物をとることも、ほとんどなかった。

理由は、「私、専業主婦なのに、恥ずかしいやん」だった。

外出から帰るのが遅くなっても、簡単でも必ず自分で料理して

いた。

正直、母はそんなにレパートリーもなく、特に料理上手ではない。

でも、今思う。

食育なんていう言葉がでてくるずっと前から、母は私に、普通に

当たり前のように、おしえてくれていたんだなぁと。

お母さん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

すこし成長

6/20(水)

娘、もう一ヶ月くらいになるだろうか、毎朝「ちぃっ!!!」と叫んで

起きる。

毎朝なのだ・・・(お母さんは、眠いのよ)

こう叫ばれると、いくら朝の弱い私でも、ばっと飛び起きる。

オムツを替えてやると、もうさすがに二度寝する気にはなれず

そのまま起きることになる。

せめて、6時半くらいならいいのだが、4時~6時の間だと

かなり閉口してしまう。

最近、思い始めた。

これは、ひょっとしたら娘の作戦ではないかと。

普通に起きても、起きない、いや起きてくれない母親に

どうすれば、おきてくれるか、娘なりに考えてやっているのでは

ないかと。

まぁ、そんなことはないと思うけれど。

日中でも、大概教えてくれるので、成長していってるのだなぁと

嬉しく思う。

ここ最近は、就寝中のオムツのおしっこの量も、ごくわずかになり

「ちぃ!!!」と叫ばれた後で、替えてあげたオムツに

ものの5分もしないうちに、大量のおしっこをしている。

(寝かしつけにおっぱい、夜泣きでおっぱいなので、結構

水分をとっているのだ)

で、今朝。

5時ごろ起きた娘。

また、「ちぃっ!!!」と雄たけび。

で、オムツを見ると、全くしていない。

慌ててトイレへ。

補助便座での「ちぃ」はまだ、1回しかしたことがないけれど

娘はトイレ大好き。

早朝から、きゃっきゃっ言いながらトイレへGO!

でも、やはりしない。

補助便座に座って、ペーパーで拭いて(していないのに)

水を流すフリをして終了。

そして、ノーパン(いや ノーオムツ)のまま、主人の寝ている

寝室へGO!

そんなことをして、お父さんが興奮したらどうする!?

(しないけれど)

慌ててさえぎり、私達の寝ている部屋へ。

オムツをつけ、おっぱいを飲ませて無理やりねんね。

でも、おしっこが気になって仕方がない。

というか、どれくらいもつようになったか、知りたくなったのだ。

寝れなくなって、何度も娘のオムツチェック。

が、気がついたら私もいつのまにか眠っていた。

結局、7時に起きて、それでもしていなくて、7時半。

無事、オムツに「ちぃ」。

なんだか、こういうことがちょっと嬉しかったりする。

外見だけでなく、体も成長していっているんだなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年6月19日 (火)

偶然

6/19(火)

娘は、前屈が好きである。

前屈をやっては喜び、その体勢のまま、じっとしている。

頭に血がのぼるんではないかと、私のほうがヒヤヒヤしている

のだが、本人はとても楽しいらしい。

折角なので、のぞいてみてやったり、ちょっかいをかけたりして

私もそれなりに楽しんでいるのだが、今日、思わぬことが・・・

娘の両足越しに、いきなり私の顔を近づけてやったら、興奮して

そのまま前転したのだ。

そのまま、キャッキャッと喜び、大興奮。

びっくりして泣くかと思いきや、このありさま。

また前転をしたいらしく、すぐに立ち上がり前屈。

物怖じしないと言うか、動じないと言うか・・・

明るく元気で何よりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

ひこ~か

6/17(日)

今日は、姫の大好きな「ひこ~か(飛行機)」を見に、北九州空港

へ行った。

朝早くから行ったことあり、人もまばらで、ゆっくりと見学できた。

足湯にも浸かり、リフレッシュできた。

大好きな「ひこ~か(飛行機)」を撮ってやろうと思い、デジカメを

持っていったのに、カードをPCから抜き取るのを忘れていて

撮ってやることができなかったことが、とても残念。

お父さんから、リモコンで動く「ひこ~か(飛行機)」を買って

もらった姫。

家に着くなり、きゃっきゃっ言いながら、遊んでくれた。

今日は、とても楽しかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

行った

7/17(土)

姫、まだまだ言葉はおぼつかない。

おぼつかないながらも、単語(名詞)だけではなく、ちょっとした

文章がでてくるようになった。

「ばあば、行った」

「とーたん、行った」

「でんしゃ、行った」

文章といっても、「行った」が言えるようになっただけ。

でも、状況にあわせて言えているので、ちょっと嬉しい。

早く、会話ができるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

うろうろ

6/15(金)

昨日、私の住む地域でやっている、手芸サークルへ行った。

子育て中のお母さん、そして先輩お母さんメインのサークルだ。

託児などはなく、子供も一緒に、ひとつの教室で作業をする。

私は、このサークルに初参加。

初めこそは、私の傍にいてくれる姫も、ものの10分もすれば

状況に慣れ、教室をうろうろし、遊びだした。

そこまでは、まだいい。

目が届く。

しかし・・・

彼女は、ひとつの部屋の中でじっとしているのは苦手。

おもちゃも、興味を示さない。

教室のドアノブを開けようと試みだした。

手は届くけれど、少し固くてなかなかまわせない。

それならばと・・・

そう、私の手をひっぱり、開けるよう指示。

それは、できない。

私は作業中。

(布草履を作っていたので、両足がふさがっていたのだ)

でも、そんなこと、彼女にとっては知ったこっちゃない。

で、泣き出した。

部屋の外で遊びたいと、猛アピール。

両足に作りかけの草履を引っ掛けたまま、娘を抱きしめ

ひたすらなだめすかすが、効果なし。

すると

「お母さん、娘さんと外に行っていいとよ。外の空気を吸わせて

あげておいで」

先輩ママの声。

無事、部屋から脱出できた姫は、元気まんまんで、いろんな部屋

を見てまわり、廊下で走り回り始めた。

戻る気配なし。

私も、必要ないらしい。

施設常駐の元幼稚園の先生が、快くみてくださり、私に

作業を続けていいですよと、言ってくださった。

サークルが終わる頃、先ほどの先輩ママさんが、再度声を

かけてくださった。

「みんなね、子供がおるけん、周りを気にせんでいいとよ。

み~んな、わかってくれとうけんね。

初めての子供やったら、周りを気にするやろうけど、子供が

小さいうちは、泣いたり、うろうろしたりするのは当たり前やけん

いいと。

今のうちに、うろうろさせとかんと、中学・高校になって、うろうろ

されたら困ろうが。だけん、今のうちに一杯うろうろさせときぃ。」

さすが、先輩ママ。

姫よ、もう、お母さんは、どれだけうろうろしようと

気にせんけんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

はふーっ

6/10(日)

娘は、かわいくて仕方がなくて、大好きなんだけれど

最近、ものすごく、一人になりたい。

朝、娘に起こされることなく、自分で起きて、ゆっくり家事をして

まったりと時間を過ごしたい。

買ったままで、目を通していない本を、お茶をしながら読んで

ちょっと、昼寝なんてしたりなんかして・・・

夜泣きには、すっかり慣れて、どうってことないけれど

(おっぱいをあげると、すぐ泣き止むし)

夜起こされることなく、寝たい。

ただ、それだけなんだけど。

リフレッシュしなくてはなぁ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »