« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

汽笛

10/30(火)

お昼寝後、お散歩へ。

娘の大好きな電車を見に、駅へ行った。

青いソニック、白いソニック、つばめ、かもめ、ありあけ

そして、娘が一番好きな貨物列車。

ちゃんと区別がついていて、電車が通り過ぎるたびに

電車の音に負けないように、大きな声で電車の名前を叫ぶ。

(家にいても、電車の音で、どの電車かわかるらしく

名前を叫んでいる・・・女の子なんだけどなぁ・・・)

一般の列車が駅にとまると、「みんな乗っとうねー。」と言い

電車が走り出すと、娘も走り出す。

「待ってぇー」と言い、手を振りながら。

その繰り返し。

それがたまらなく楽しいらしい。

また、一般の列車がとまって、娘が「みんな、乗っとぉー。」と

言いながら、ニコニコしていた。

その電車が、走り出そうとしたとき・・・

運転席に乗っていた、車掌さんが、こちらをみて微笑み

「ぽぉ~ん」と、ほんとになんともいえないくらい、ほのぼの

した汽笛をならしてくれた。

娘は、自分にしてくれたということが、わかっていない様子だった

けれど、私の方が興奮して「今のは、☆☆ちゃんにしてくれたとよ!

よかったね!」と何度も言うと、少しにっこりして、電車とともに

走り出した。

本当に嬉しかった。

車掌さん、粋な計らいをありがとうございます。

そして、詳しくは記事にしないけれど、いつも遊びに行く駅の

駅長さんも、娘をますます電車好きになるような、素敵な

計らいを、よくしてくださる。

ありがとうございます。

私、娘のおかげで、地域の方々とも少しづつ、つながりが

できてきた。

娘よ、ありがとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

玄米はおいしい!

10/28(金)

イムズで期間限定でアンテナショップとして出店されている

「食卓の向こう側 プラス」へ行ってきた。

西日本新聞の連載から本まで出版となった「食卓の向こう側」

正直なところ、初めて本に目を通したとき、恐ろしくなって

途中で読むのを止めた。(それくらい衝撃的だった)

実母も私も、昔から食に関しては、気をつけているほうなのだが

それでもそのときは、「食」というものの現実が怖くなってしまった。

数ヶ月前、同じ「食卓の向こう側」のシリーズで出版された

「ゼロから始める玄米生活」と「ゼロから始める玄米生活 2」

(福岡市の高取保育園で実践されている給食・おやつのレシピ)

を買って読み、我が家も玄米を取り入れることにした。

P1010541  ← 表紙を見て、あまりにおいしそう

    なのと、レシピもよかったので

    というか、簡単そうだったので。

よく読んでみると、書いてあることも納得できて、結局

翌日には、生協に玄米を買いに行った。

発芽玄米の方が、最初は取り入れやすいという、お店の方の

アドバイスもあり、白米:発芽玄米を9:1の割合で炊いている。

P1010536  今日、そのアンテナショップへ行き

 高取保育園で作られた、一日限定20食の

 「玄米おにぎり」を買って食べた。

P1010540_2 ショップの飲食コーナーで、食べることができた

ので、娘と食べたのだが、一口、口に入れたとき

あまりのおいしさに、心からびっくりした。

玄米というのは、こんなにおいしいものだったのかと。

お行儀が悪いとは思ったけれど、どうしても、もうひとつ買いたく

なり、食べている途中で、席を立ち、買った。

(写真は、買ってきたものを家で撮ったので、かなり形が

よれています。実際は、美味・美形です。)

本当に、おいしかった。

噛めば噛むほどおいしくて、飲み込むのがもったいないくらい。

夕飯は、カレーだったのだけれど、あれだけカレー好きの娘が

カレーよりも先に、「げんまい!げんまい!」と言って

玄米おにぎりを食べつくした。(もちろんカレーも完食。)

夕方は、いつも実母に電話をしているのだけれど、電話を

かわった娘が「げんまいべんとー、おいちかったぁー!

げんまいたべたー!」と連呼している様子を見て、びっくりした。

発芽玄米にしてから、娘は、おやつさえも、「おにぎりがいい!」

と言い出したので、びっくりしていたのだけれど、今日の

玄米おにぎりは、よほどおいしかったらしい。

改めて、食ってすごいなと感心させられた。

ちなみに、このアンテナショップ、10月28日までの限定出店

だったのが、好評で延長となり11月28日まで出店されるとの

こと。

ただし、高取保育園手作りの「玄米おにぎり」は今日までの

発売。

他にも、別の手作りのお弁当が店頭に出されるとのこと。

また、行ってみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月23日 (火)

できまちたぁ~!

10/23(火)

「できまちたぁ~!」

ベランダから叫ぶ声がした。

なるだけ、ベランダには出さないようにしているのだけれど

隙をみて、勝手に出て行ってしまう。

掃除をしていたら、また、こっそりと出て行っていた。

目が届く範囲だったので、そのままにしていた。

すると・・・

P1010535 ←こんな状態に。

 数日前、夏の間植えていた草花を

 片付けた。

で、今度はチューリップでも植えようと思い、昨日の夕方

球根を買ってきて、鉢の横に置いておいた。

私がやる前に、娘が植えた(というか、土の上に置いた)。

球根を買うときに、「☆☆ちゃん(娘の名前)、今度は

チューリップを植えよう。球根買って行こう。」と言ったのを

覚えていたらしい。

スコップで、鉢をいじくりまわして、(鉢の周りは土だらけ)

球根が、ぽろんと置いてあった。

そして、「できまちたぁ~!」と叫んだ。

(何度も叫びまくっていた。誇らしげに・・・)

春には、きっとかわいい花を咲かせることだろう(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

思い出

10/21(日)

今日、「貝塚公園」へ行った。

ここは私が、幼稚園だったか小学生の低学年だったかの時

遠足で行ったことがあった場所で、30年ぶりくらいになる。

なぜだか、ここにきたのはとても覚えていて、公園内にある

飛行機の前で、集合写真を撮ったことをはっきりと覚えている。

P1010520 飛行機には全く興味がなくて、子供心に

「なんで、飛行機の前で写真なんだろう」と

思ったことまで、はっきりと覚えているのだ。

その飛行機、古くなっていたけれど、まだあった。

とても懐かしくて、あの頃は見向きもしなかったのに

今日は、あまりの懐かしさに撮ってみた。

ところで、うちの娘。

P1010526 たくさんの遊具があるのに、空を飛ぶ

飛行機や、道を行き交うトラックのほうに

気が惹かれて、あまり遊ぶ風ではなかった。

飛行機や車が大好きなので、仕方ないけれど・・・

そろそろ帰ろうかというころに、遊びだした。

今日は、幼い頃を思い出し、懐かしい気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

私は猫になりたい

10/17(水)

今日、実母が遊びに来た。

で、娘と私の3人で、近くまでお散歩がてらお出かけ。

3人で歩いていると、猫が日向ぼっこしているのに

出くわした。

この猫、とても人なれしているようで、私達が近くに寄って

いっても、動じる気配が全くない。

娘が「にゃー」と何度呼びかけても、警戒もしない。

しばらくすると、地面に背中を当て、もぞもぞしだした。

背中が痒いらしい。

すると、娘が「☆☆ちゃんも!(娘の名前)」と言って

寝っころがろうとしだした。

母も私も大笑い。

マジでやろうとする娘を、慌てて制止した。

なんでも、真似をしたがる。

突拍子もないことをされるけれど、面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

初めての運動会

10/10(水)

行政が行っている、地域の育児サークル。

毎週1回あるのだが、雰囲気もよく、気楽なので行っている。

地域ごとに育児サークルがあるのだが、今日はいくつかの

育児サークル合同で、運動会があった。

娘は、初めての運動会。

会は午前中だけで、いろんな種目に、自由に参加でき

とても楽しかった。

走ったり、ダンスしたりが大好きな娘。

ずっとノリノリだった。

ずっと・・・

そのエネルギーはいったい、どこからくるんだろう。

今日、ひとつ年を重ねた私。

お願いだから、そのパワーを分けてもらえないだろうか。

正直、毎日毎日、パワー切れです・・・

充電のヒマがないのよ、お母さんは。

<><><><><><><><><><><><><

水曜日は主人が早帰りなので、娘と2人、駅まで迎えに行く。

改札から出てきた主人が、「これ」と言って手渡してくれた。

ケーキだった。

洋菓子店に入る主人を、(主人には悪いが)想像ができない。

帰宅して、よく見てみると、ローソクが入っている。

十の位が3本と一の位が数本。

箱を開けてみると、誕生日プレートに名前が入っていた。

「私の年齢言うの、はずかしかったろ?

名前とか、言うのもさ、はずかしかったろ?」

そう、主人に問いかけると、「聞かれたけん、答えた。」らしい。

うちの主人は、照れ屋。(今までの記事にも照れ屋については

いろいろ書いたけれど。)

最近の男性は、こういうことはなんともないのだろうけれど

主人は、どうも照れくさがる。

そんな主人が、買ってきてくれたケーキ。

3人、家へ入るなり、ケーキを食べた。

娘は、ローソクを見て、誕生日だとわかったらしく

「はっぴばーでー(ハッピーバースデイ)はっぴばーでー♪」

と歌を歌うようおねだりしだした。

私は、自分で、自分の誕生日の歌を歌った。

娘も歌った。

主人は娘に「今日は、お母さんの誕生日たい」と言った。

なんだか、そういう平凡なことが、とても幸せに感じる。

お父さん、そして娘よ、さんきゅっきゅ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

小さな芽

10/9(火)

今日、親子議場見学に行った。

娘はまだ2歳1ヶ月。

でも、行ってみたいなぁと思ったので参加した。

市長の部屋、議員の控え室、そして議場に入ることができた。

議場では、簡単な議題を元に、子ども達による模擬議会を

開会。

議長も、子ども達の中から一人選出し、あとの子ども達は議員に

なり、実際の席に座って議会をすすめた。

議題とその主旨が説明され、議長が議員たちへ意見を求めた時

「は~い」と声が。

うちの娘。

ニコニコしながら、「は~い」と手を挙げている。

笑ってしまった。

すると、議長が「7番の方、意見をどうぞ。」と指名。

えっ!!!!!

まだ、2歳なんですけど・・・

でも、娘、机の上の設置マイクを器用に曲げ、自分の口元へ

持ってきて「○○(施設の名前)ほし~い」と発言。

議題は、○○(施設の名前)の建設に、賛成か反対かだった。

2歳なりに、理解はしている様子。

ただ、賛成の理由は述べることができなかったけれど。

しばらくすると、また挙手。

今度は、「☆☆ちゃん(娘の名前)です」と発言。

議題からは、かなり逸脱。

でも、本人は参加している意識がとても強く、かなり楽しそう。

娘が小さいこともあり、参加するのを随分迷ったけれど

貴重な経験をさせてもらった。

行ってよかった。

<><><><><><><><><><><><><

もし、議長が大人だったら、おそらく娘を指名することは

なかっただろう。

でも、今日の議長は小学4・5年の男の子。

娘が手を挙げているのがわかると、すぐに指名した。

帰宅して思ったのだけれど、これってすごいなと思った。

子どもって、年齢や見た目で判断していないのだ。

できるかできないかではなく、勝手にそういうことを判断して

しまうのではなく、とても素直に受け止めることができるのだ。

こういうことって、とても大事だなと思った。

娘の成長の芽を、知らず知らずのうちに刈り取って、いや

小さな芽を踏み潰してしまわないようにしなくてはと思った。

今日は、その男の子に大切なことを教えてもらった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

お世話

10/2(火)

妹が2人の子どもを連れて遊びに来た。

3歳8ヶ月の長女Aちゃんと、来月1歳を迎える長男Kちゃん。

娘にとっては、一番近しい従姉弟たち。

その従弟であるKちゃんが、最近とても気になる存在らしい。

今日は、Kちゃんがお座りするや早々に、おもちゃを持っていき

様子をうかがいながら、そっとおもちゃを渡していた。

しばらくすると、Kちゃんのストローマグを見つけ、蓋を開け

Kちゃんの口に持って行き、私達を見て、にんまりと笑った。

お世話するのが、楽しいらしい。

何度も何度も。

気がつくと、Kちゃんの所へ行き、お世話をしようとしている。

娘は現在一人っ子。

毎日、ぬいぐるみ相手にお世話を楽しんでいるが

やはり、本当の赤ちゃんの方がいいらしい。

2歳になると、こういう成長もみえてきた。

やんちゃだけれど、やっぱり、女の子なのね。

お母さんは、安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »