« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

大掃除 2

12/30(日)

大掃除、終わった!

今日は、フローリング&畳がメイン。

フローリングは「通販生活」で購入した「AURO」というワックス

で、水拭き。

天然素材なので、二度拭きは入らない。

原液を規定量よりも薄めて使えば、汚れを取りをメインに

使える。

原液は、多少香りがきついけれど、ワックスするときは窓を

開け放して行うので、そこまで気にならない。

このワックス、使用するのは、今日で2度目。

使いこなすと言うほど使ってないのだけれど、安心安全という

こともあって、掃除した後の爽快感はなんともいえない。

お風呂掃除は、毎年主人がしてくれる。

実は私、お風呂掃除が苦手。

特に今は、育児中ということもあって、毎日の掃除は

部屋・トイレ・玄関で、もう手いっぱい。

他の人はちゃんとやっているんだろうけれど、私は

とても手が回らなくて、浴槽と蛇口まわりだけをせっせと

やったら、それで終わり。

土日は主人がお湯をはってくれるのだけれど、そのときに

主人が行き届いていないところを、掃除してくれている。

今年も主人がやってくれると助かるなぁと思っていたら

昨日、「明日は、お風呂掃除するけん」と言ってくれたので

心の中でガッツポーズした私。

おかげで、今日はとても気持ちよくお風呂に入れた。

ご主人様、ありがとうございます。

明日は、お参りして、簡単なおせちを作って、終了。

さぁ、あともうひと踏ん張りだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

大掃除

12/29(土)

年末に、一気に大掃除は大変なので、10月末くらいから

少しづつとりかかっていた。

今年のメインは、キッチン。

結婚して、もう5年目なのだけれど、正直、さわるにさわれない

というか、妙に遠慮してしまって、あまり見たことがない戸棚

があった。

そこには、主人が独身の頃、もらったり、家で飲み会をした

ときに買って、結局飲まなかった、お酒やワインがたくさん

入っていた。

主人は、下戸ではないけれど、晩酌は一切しない。

飲むとしても、ビールとか焼酎で、ワインは好きではない。

私は、飲むのは大好きだけれど、めちゃくちゃ弱い。

特にワインは相性が悪く、グラス半分程度でもダメ。

そういうわけで、もったいないけれど、半分くらい処分した。

そんな風に、今年は「大掃除は、一日一箇所だけ!」と決めて

やると、かなりはかどった。

今日は、締めくくりの「換気扇とレンジ、そしてトースター」の

大物。

主人が今日からお休みなので、まとめてやることができた。

換気扇は、夏前に、大々的にやっておいたおかげで、あまり

汚れておらず、楽勝。

レンジも、わりとこまめに掃除しているので、ラクだった。

問題は、トースター・・・

うわっ、汚いって思われるかもしれないけれど、私、これだけは

結婚して間もない頃、かる~く掃除した程度で、それからは

ただの一度もやっていない。

あまり使わないということもあるけれど(言い訳・・・)、ここまで

なかなか行き届かなかった。

今日、お餅を焼いていると、チーズの香りが・・・

さすがにこれはいかん!っと思い、掃除した。

もちろん、全て、例の「とろとろせっけん」で。

粉石けん(もちろん合成洗剤ではありません)に熱湯を加えて

かき混ぜ、好みのとろとろ加減にして、汚れているところに

まんべんなく塗る。

5分くらい放置したところで、拭き上げるか、水洗い。

もう、すっきり。

この「とろとろせっけん」の洗浄力を知ったら、割高な合成洗剤

しかも、大して汚れ落ちが期待できない洗剤を買おうなんて

思わない。

洗濯するときの、あの粉石けんで、家中の掃除は全てできる。

今回レンジだけは、最初に200ccくらいの水に小さじ2杯程度

の重曹を入れ、かき混ぜて、沸騰するまでチン。

そのまましばらく放置して、庫内に水滴がついたところで

拭き上げた。

で、念のため、また庫内に「とろとろせっけん」をパック。

しばらく放置して、拭きあげると、きれいになった。

汚かったトースターは、「とろとろせっけん」をパックし、放置。

同じものなのか???と思うくらいきれいになった。

明日は大掃除の最終日。

主人はお風呂、私はフローリング&畳拭きで、全て終了。

あ、それと、1枚だけ、窓ガラス拭き。

この前、掃除を終えたのだけれど、娘がいつも、擦り寄って

いく窓ガラスがあって、そこがもう、手垢&ちゅうの跡まみれに

なっている。

そうそう、窓ガラスは、お酢と水を1対3の割合で霧吹きに入れ

ジャスミンのエッセンスを2~3滴加え、しゅっしゅっと吹きかけ

タオルで拭きあげた。

拭きあげてすぐは、多少お酢の香りがするものの、すぐに

気にならなくなった。

それに、抜群の洗浄力。

お酢は、スーパーで特売のときに買い置きしているので

これまた、窓ガラス用の洗剤とかスポンジなどを買う必要がなく

本当に、安く、しかもピカピカに掃除ができた。

今年は、いつもよりきれいに掃除ができたので

年越しが楽しみだ。

あ~自己満足(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

どっち・・・?

12/28(金)

まだまだ、おっぱい大好きな娘。

昼寝と夜のねんねは、まだおっぱいを飲ませている。

お風呂に入っていると、「おっぱいちゃん!」と言いながら

両手で包み込み、「ちゅっ」とか「ちゅき(好き)!」とか

言い、キスをする。

今日、お風呂で「おっぱいとおかあさん、どっちが好き?」と

聞いてみた。

すると「おとーたんと☆☆ちゃん、どっちがちゅき(好き)?」

と、質問を質問で切り返された。

びっくりして、「えっ?」と言うと、また

「おとーたんと☆☆ちゃん、どっちがちゅき(好き)?」と・・・。

手ごわいです。

(そりゃ、どっちも好きよ。大好きに決まってるやん!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

サンタさんがきてくれた!

12/25(火)

クリスマスにケーキを食べ、イブの夜に靴下を提げておくと

ねんねしている間に、サンタさんがトナカイに乗りやってきて

プレゼントを持ってきてくれるということを理解しているらしく

P1010638 ←24日、昼3時半くらいには、もう

  靴下がぶら下げられました。

  「靴下、どこに提げるとねー?」と

聞くと、あっちに行ったりこっちに行ったりしながら

サンタさんがわかるようにと言い、窓際に決定した娘。

カーテンレールに毛糸をたらして、靴下を提げました。

でも、気になるらしく、何度も何度もさわっては、はずし、提げる

の繰り返し。

「たんたたん(サンタさん)、ねんねしとうあいだに、ぷえぜんと

(プレゼント)もってきてくれるって。となかいにのってくるって」と

思い出しては、主人や私に何度も話してくれた。

そして、今日12/25。

いつもより、早めに目覚めた娘。

私が顔を洗っていると、ずんずんずんっとやってきた。

「☆☆ちゃん、サンタさん、来てくれたかいなね?」と言うと

はっとした表情。

思い出したらしく、靴下を提げた場所へ直行。

「あっ!たんたたん、となかいにのってきた!」と

飛びついていった。

靴下と一緒に提げられるように、キティちゃんのクリスマス菓子

と、その下におもちゃを置いてあげていたのだけれど・・・

P1010644 まずは、キティちゃんのバッグをガサゴソ。

そして、おもちゃを見つけると

「たんたたん、ぷえぜんともってきてくれた!」

と大喜び。

そして、まだ眠っている主人の所へ。

「おはよー!とーたん、たんたたん、ぷえぜんともってきたー!」

もう、めちゃくちゃ、大喜び。

この姿が、私達にとっての、最高のプレゼントになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

餅つき

12/24(月)

実母の実家へ、毎年恒例の餅つきに行った。

実は、結婚してからは行ってなかったので、4年ぶり。

娘も、いろんなことがわかるようになってきたので、今年は

行きたいなと思い、参加。

人の多さに、ちょっとびっくりしていたけれど、年齢の近い

子ども達がいて、「☆☆ちゃん、遊ぼう!」と、こちらが

心配するまでもなく、すぐに子供同士の世界ができて

三輪車に乗ったり、てっぽうで遊んだり、庭をかけまわったりと

楽しく遊びだした。

(主人は、その子ども達に、どうやら気にいられた様子で

結局ずっと、子ども達の相手をしていた。

あまり、構い慣れていないのだけれど・・・)

餅を搗くのは、男性なのだけれど、娘にも杵を持たせ

ぺったんぺったん させてあげたくて、ちょっと交代してもらい

娘、初めての餅つき。

実は、私も杵を持ち、餅を搗くのは初めて。

小さい頃、いつも、「私もやらせて!」と言いたくて仕方が

なかったのだけれど、とても引っ込み思案で(今は、全然

違う・・・)おくびにも出せなかった。

だから、娘には、どうしてもさせてあげたかった。

っていうか、まだ2歳3ヶ月なので、今回は私が無理矢理

させた感じだけれど(笑)。

ちょっと、はにかみながら、「ぺったんぺったん」と言いながら

搗くことができた。

小餅も、主人と一緒に丸めた。

最近は、いろんなことを娘とできるようになり、とても楽しい。

んっ、親の自己満足か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

くりすまとぅかい

12/23(日)

電気ホールで「こどもクリスマス会」があったので、3人で行った。

協賛が明治製菓と講談社だったので、参加した子ども達には

お菓子と雑貨のプレゼントつき。

娘は、そのプレゼントが入った紙袋が、いたく気に入った様子

で、会の間中、右手でしっかり取っ手を握り締め、なかなか

離そうとしなかった。

ちょっと離したかなと思うと、またすばやく握り締める有様。

子どもらしいその仕草がかわいらしく、主人と2人見合わせては

何度もこっそりと笑った。

会は、福岡市消防団による演奏と抽選会、そしてマジックショー。

子供向けと聞いていたので、期待していなかったのだけれど

充分楽しく、多分、娘に負けないくらい私は楽しめた。

消防団の演奏なんて、小学校のときに、学校の講堂で聴いて

以来。

今日の演奏は、クリスマスの曲がメインだったので、特に

よかった。

マライアキャリーの曲も演奏してくれ、大好きだったドラマ

「29歳のクリスマス」を思い出し、そして、ヒットしていた頃の

ことも思い出して、とても懐かしい気持ちになった。

娘の様子を見ると、とてもノリノリ。

大体、音楽や踊りがとても好きなので、演奏の間中

手拍子をし、体も、横揺れ上下揺れの大ノリ。

手拍子は、気に入った紙袋を手放したくないらしく

左手を、取っ手を握り締めた右手とあわせたり

もしくは、左手で紙袋を叩くという荒業。

とても楽しんでいた。

マジックショーはホンのちょっとしかなかったのだけれど

子供向けの内容とはいえ、とても楽しく、また初めて目の前で

マジックを見たので、とても興奮した。(←私が・・・)

娘も、引き込まれている様子だった。

最初は、開場から終了までの2時間、じっとしていられるだろうか

と心配だったけれど、全く問題なし。

ずっと、自分の席に座ったまま、楽しんでくれた。

帰り道、「くりすまとぅかい(クリスマス会)、たのしかった ねー」

と何度も言ってくれたことが、とてもうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

ごめんなたい

12/16(日)

娘、好物の食事のときは、食べ終わるまで椅子に座って

食べるのだが、普通の食事のときは、10~15分が限度。

半分くらい食べたところで、場外へ。

そして、私と娘の場外乱闘が始まる。

なぜだか、正座をし、私と向き合い、絵本を持ってきて

読みながら食べたいと言い出すのだ。

これには、ホントに閉口する。

左手にお茶碗、右手はお箸を持ち、膝の上に乗せられた

絵本が滑り落ちないように、読んであげるというのは

至難の業。

昨日の夕飯、私はとうとう堪忍袋の緒が切れて、膝の上の

絵本を、ポンッと払いのけて、「いいかげんにしなさいっ!」と

怒鳴ってしまった。

「今は、食事の時間やろうがっ!絵本は後で読めるやろっ!

食べるときは食べるっ!ちゃんとしなさいっ!」

2歳3ヶ月のわが子は、こう怒鳴られた。

ちょっと泣いたものの、すぐにけろっとしてしまう娘。

ふっーーーーーっと心の中でため息をつき、ちょっと

言い過ぎたなと反省。

食べさせないわけにもいかないので

「ほら、食べなさい・・・」とご飯を口に持っていってやった。

何口か食べたところで、私の膝にちょこんと座り

振り返り仰ぎ見て、「ごめんなたい・・・」と娘。

びっくりした。

びっくりして、傍にいた主人に、「今、☆☆ちゃんが

ごめんなさいって言った!」と言うと、また娘が

「おかーさん、ごめんなたい」と。

主人、微笑んでいた。

娘は、少しはにかんで、また「おかーさん、ごめんなたい」

と言った。

いけないことをしているんだとわかった様子。

今回は、言い過ぎて、ちょっと落ち込んだけれど

娘の成長が、とてもうれしかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

はやく、おうちに・・・

12/14(金)

昨日・今日と、とても寒かった。

今年は秋らしくない気候だねぇ~なんて、皆うわさしていたのに

一気に冬がきてしまった。

暑がりの娘だけれど、やはり、この寒さは、ちゃんと

「寒い」と感じているらしい。

今までは、「あつい ねぇ~」とか、「風がきもちーね~」とか

私が寒くないね?と聞くと、「さむない(寒くない)」とか

言っていたのに、ここ数日は違う。

昨日、外出の帰り、車から降りると、ものすごい風。

思わず前かがみになってしまうほどの寒さ。

すると、娘、少し前かがみになり、あまりの風に目をすぼめて

「さむさむー(寒い寒い)、はやく、おうちにかえろー ねー」。

娘のほうから寒いと言ったのは、初めて。

今朝、主人に行ってらっしゃいをしに外へ行くと

「いってちゃちゃい(行ってらっしゃい)、さむさむやねー

おかーさん、はやくおうちかえろー、おうちはいりたいー」・・・

主人は、クスッと笑っていたけれど、なんだか申し訳ない気持ち

になった。

私がベランダに行くと、すぐに出たがるのだけれど

今日は、いったん出ようとサンダルを履いたものの

すぐに脱いで「おかーさん、さむい、さむい!」と部屋に

戻ってきた。

暑がりの娘だけに、なんだか、面白いと感じるここ数日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

娘の成長

12/13(木)

11日はせっけんの講演、12日は輸入作物の残留農薬について

の勉強会、で、今日13日は、いろんな福祉活動をされている方々

の活動報告会に参加、と3日間続けて、午前中は予定があり

止む無く、娘は託児にした。

毎月一回は、勉強会があるので、託児にしているのだけれど

3日間連続で託児にしたのは初めて。

思い返すと、初めて託児を利用したのは、丁度去年の今頃だった。

離れるとき、娘はギャンギャン泣いて、2時間の勉強会の間中

泣きっぱなしだった。

部屋は離れているけれど、泣き声はばっちり聞こえてきて

正直、私は勉強会どころではなかった。

次の月も、またその次の月も、おんなじ。

でも、6・7回目くらいから、慣れてきて、離れるときに少し

泣き、私が完全に姿を消すと、ぴたっと泣き止み、元気に

遊びだすようになった。

今回の託児は、さらに変化があった。

受付を済ませ、私がオムツ類の入ったバッグを、先生に渡そうと

していると、バイバイも言わず、スタスタとおもちゃの置いてある

ところへ行き、遊びだすのだ。

私のほうを振り返ろうとする素振りすらない。

あまりに寂しくて、「お母さん、勉強してくるね」というと

「おかーさん、べんきょうねー」と言ってはくれるものの

おもちゃに没頭。

ちょっと寂しかった。

でも・・・

2時間が経ち、娘を引き取りに行くと、すーっと私の傍に

やってきて、私の肩をちょんとたたき「これ、おかーさん」

と言いながら、にっこり微笑んでくれる。

お母さんがいるということを、改めて確認するような仕草に

ちょっと泣きそうになる。

去年、初めて託児にして、引き取りに行ったときは

2時間、泣き続けた娘を前にしてたまらなくなり

私は、人目もはばからず、泣いた。

その時は、人に子どもを預けるということが、もうこの上なく

悪いことのように感じた。

でも、1年経ち、(多分、15・6回は託児を利用したと思う。)

預ける度ごとに成長する娘を見て、よかったなと思った。

いろんな人とふれあって、学んでいるのがよくわかるのだ。

第一、娘が楽しそうなのだ。

「今日はお母さん、お勉強やけん、託児なんよね。」というと

「☆☆ちゃん、おもちゃね」と、喜んでいる。

最初は、託児にした娘が心配で、周りの人から、子どもを預ける

ことで、お母さんも短時間だけれどリフレッシュできるし

子どもにとってもいいことなんよと、何回も何回も言われて

「ほんとかいな・・・」と思っていたけれど、本当にそうだった。

先輩ママたちのいうことは、やはりすごい!

この3日間、午後は、午前中やった遊びをやってみたり

こういうことをしたと、話してくれたり、とても活き活きしていた娘。

娘の中で、どんな、成長があったのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

水を汚さない工夫

12/11(火)

今日、田嶋 晴彦さんという薬学博士の講演へ行ってきた。

内容は「水 環境 せっけん」について。

ボリュームのある内容を、簡潔に、しかもわかりやすく説明

されていて、とてもよかった。

6月くらいから、合成洗剤を、徐々に石けんへ移行し始めた

のだが、半年経った現在、ほぼ石けんになった。

初めは、洗濯石けんから。

ボディーソープ、手洗い用石けん、食器洗い、浴槽洗い

シャンプー・リンス、歯磨き粉と、少しずつ変えていった。

買い置きしていた合成洗剤類は、捨てるのももったいないので

トイレ掃除用にした。

その買い置き分も、あと少しでなくなる。

なくなったあとのトイレ掃除は、重曹を使うことにしようと思う。

石けんに変えて、一番やっかいなのが、洗濯機の黒かび。

でも、今日の講演で黒かび対策を教えてもらい、ますます

石けんが好きになった。

早く、黒かび対策に取り掛かりたい。

これは、効果の程をいつか記事にしたいと思う。

講演では、軟水器についても説明があった。

石けんには、軟水であるほど黒かびが発生しにくくなるらしい。

私が住んでいる地域は硬度が80~100という、石けんには

あまり適さない水。

その硬度が高い水を、軟水に変えることができる軟水器は

とても高価なものだが、手作りでその軟水器を作ることが

できるとのことで、しかも、その作り方が講師のHPに載って

いた。

私には、とても作れそうにないけれど、材料をそろえて

主人に作ってもらおうかと思う。

(まだ相談していないけれど・・・)

今日の内容、記事にしたいけれど、間違ってはいけないし

かなり長くなりそうなので、講師のHPを紹介します。

田嶋  晴彦氏  uki☆uki☆ せっけんライフ

最後に、日本の下水道普及率は69%と、他の諸国と

比較しても、案外低く、しかも高度処理(窒素・リンを

取り除く処理)はかなり遅れているとのことです。

そのためには、なるべく水を汚さない工夫が必要だなぁと

つくづく思った今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

き~めた!

12/9(日)

11/23から、手書きで家計簿をつけることにした。

今までは、集計のし易さからPCを利用していたのだけれど

あることがきっかけで、普通の大学ノートに手書きで

つけることにしたのだ。

そのきっかけとは・・・

うちの娘、NHKのクインテットが大好き。

家で、DVDやCDを聴いているのだが、そのなかで

「えんぴつが一本」という歌がある。

他の歌は自分で歌い(一緒に私が歌うと「できる!

(一人で歌えるので、お母さんは歌わないでの意味)」)と言うくせに

なぜだか、この歌だけは、私に歌って欲しいとねだる。

この歌は、CDに入ってて、それは、図書館で借りてきたもの

をコピーしたものだったので、歌詞カードがない。

で、ネットで検索し、歌詞を調べた。

4番まであるけれど、同じ歌詞が多いし、短いので

印刷せずに、書き取ろうと思い、また折角なので、鉛筆で

書いてみよう!なんて思い、書いてみた。

2番目を書きとろうとしたとき、もう、右手が、というより

腕も、二の腕も、だるさに襲われて、痛くて、書くのが

嫌になるような気持ちになった。

ショックだった。

たったこれだけの歌詞を書くのが辛いなんて・・・

仕事を辞めて、丸3年。

3年というブランクは、こうも、大きいものかと思い知らされた。

考えてみたら、私は、確かに書くことが多い職場だったけれど

仕事を辞める直前の5~6年は、ほとんどPCに頼りきりに

なっていた。

仕事を辞めたということもあるけれど、第一、「書く」ということ

から、どんどん遠ざかっていたのだ。

自分が退化していくことが、恐ろしくなった。

最近は、簡単な暗算さえ、することがなくなった。

で、急遽、家計簿をPCから手書きに切り替えた。

きりよく、給料日からだとか、新しい月に変わってからなんて

悠長なことは言ってられない。

今の生活は、育児で大変ではあるけれど、仕事をしているとき

のような緊張感は、正直、私にはない。

家計簿を買えば、体裁もよく楽だけれど、あえて止めた。

大学ノートを工夫して使い、集計は電卓を使わず、暗算すること

にした。

もともと、出来がいいわけではない。

だから、これ以上退化させないようにしなくては。

そして、今日、お風呂に入っていて、もうひとつ思いついた。

一日の支出と併せて、自分が食べたものも全て記していこうと!

今流行っている本「いつまでもデブと思うなよ」。

読んではいないけれど、聞いたところによると

食べたものを、こと細かに記していくというものらしい。

これで、痩せたら、一石二鳥ではないか!

よぉ~し、がんばるぞぉ~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 7日 (金)

くたい

12/7(金)

トイレに入っていると、「たーたぁ~ん、なにしてるのぉ~?」と

リビングから大声が聞こえてくる。

しかも、「小」のときではなく、たいがい、「大」のとき。

ふざけて、「うんこ~」と答えたくなるのだが、そこはぐっと

こらえて、「トイレ~」と答えている。

(いつか無意識に、「うんこ~」と答えそう・・・)

すると、ダッダッダッと走って、トイレにやってくる.

トイレの扉を開け、「ここに、おったとね(ここにいたのね)」

とにっこり笑ってくれる。

そのまま、トイレの中に入ってきて、ひっつきもっつきされるの

だけれど、この前は違った。

扉を開けて、「ここに、おったとね(ここにいたのね)」までは

いつもと同じ。

トイレの中に入ろうとして、立ち止まった。

おやっというような顔。

そして・・・

「くたい(くさい)・・・」

で、後ずさりしながら扉をゆっくりと閉め、リビングへ退散。

そりゃ、くさいよ、「大」だもん。

くさくない「大」をする生き物なんて、いるわけない。

ごめんね~。

やっぱり「うんこ~」って答えたほうがよかったかしら(笑)。

リビングに戻り、「ごめんね。」と言うと、娘、とどめの一言。

「みかん狩り、行ったとき、くたかったね~。」

実は、11月下旬に、友人達とみかん狩りに行ったのだが

みかん山のふもとに田・畑があり、堆肥のにおいを初めて

初めて経験した娘は、私に飛びついてきた。

娘の顔は、固まっていて、何事かと思い、抱っこすると

顔を私の肩にしっかりとうずめてきた。

そして、小声で一言。

「くたい・・・(くさい)」。

初めてのにおいにびっくりしたらしい。

で、さっきの発言。

「みかん狩り、行ったとき、くたかったね~。」

私のトイレ中に闖入し、みかん狩りのときのにおいを

思い出したらしい。

・・・・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

やったぁ!

12/5(水)

娘、なんとか自分で服が着られるようになった。

今までは見ていてもどかしくて、本人は尚更もどかしいらしく

かわいそうになって、娘には気がつかれないように手伝って

いたのだけれど、すぐにバレて「できるっ!じぶんですると!」

と宣言され、必死に耐え(笑)、自分でやるのを見守っていた。

ここ数日は、そう時間もかけずに着て、袖を通すたび、そして

足を通すたび、そして頭を出すたびに、「やったぁ!」と歓声を

あげて、喜んでいる。

(私も、小躍りをして「やったぁ!」とふざけいる。

見守っているだけだと、しんどいので、楽しんでいる。)

ただ完璧ではないので、おへそまでまくりあがったままの上着や

お腹でもたついているズボンを、娘には「これはお母さんが

仕上げをするとよ」と言って、手直しをしている。

なんだか、不思議。

去年の今頃は、ハイハイもしていなかった娘が

今では、一生懸命洋服を着ようと頑張っていて

お話もできるようになっている。

来年の今頃は、どういう風に成長しているのだろうか。

楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

美腰メイク 記録 最終章

12/3(月)

やめた!

5/28からずっと続けていた「美腰メイク」だが、11月初旬に

やめた。

5ヶ月ちょっとの間という、短い期間だったけれど

私にはあまり効果がないようなので・・・

おそらく、私のやり方が悪かったのだろうと思う。

中学・高校時代からやっている、自己流のストレッチが

あるのだけれど、私にはそちらの方が効果があるみたい。

自己流ストレッチをやめて、美腰メイクに変えたのだけれど

あまりよくなかったようで。

最近は、自己流ストレッチを再開した。

と言うことで、このカテゴリーはこれで終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »