« 水を汚さない工夫 | トップページ | はやく、おうちに・・・ »

2007年12月13日 (木)

娘の成長

12/13(木)

11日はせっけんの講演、12日は輸入作物の残留農薬について

の勉強会、で、今日13日は、いろんな福祉活動をされている方々

の活動報告会に参加、と3日間続けて、午前中は予定があり

止む無く、娘は託児にした。

毎月一回は、勉強会があるので、託児にしているのだけれど

3日間連続で託児にしたのは初めて。

思い返すと、初めて託児を利用したのは、丁度去年の今頃だった。

離れるとき、娘はギャンギャン泣いて、2時間の勉強会の間中

泣きっぱなしだった。

部屋は離れているけれど、泣き声はばっちり聞こえてきて

正直、私は勉強会どころではなかった。

次の月も、またその次の月も、おんなじ。

でも、6・7回目くらいから、慣れてきて、離れるときに少し

泣き、私が完全に姿を消すと、ぴたっと泣き止み、元気に

遊びだすようになった。

今回の託児は、さらに変化があった。

受付を済ませ、私がオムツ類の入ったバッグを、先生に渡そうと

していると、バイバイも言わず、スタスタとおもちゃの置いてある

ところへ行き、遊びだすのだ。

私のほうを振り返ろうとする素振りすらない。

あまりに寂しくて、「お母さん、勉強してくるね」というと

「おかーさん、べんきょうねー」と言ってはくれるものの

おもちゃに没頭。

ちょっと寂しかった。

でも・・・

2時間が経ち、娘を引き取りに行くと、すーっと私の傍に

やってきて、私の肩をちょんとたたき「これ、おかーさん」

と言いながら、にっこり微笑んでくれる。

お母さんがいるということを、改めて確認するような仕草に

ちょっと泣きそうになる。

去年、初めて託児にして、引き取りに行ったときは

2時間、泣き続けた娘を前にしてたまらなくなり

私は、人目もはばからず、泣いた。

その時は、人に子どもを預けるということが、もうこの上なく

悪いことのように感じた。

でも、1年経ち、(多分、15・6回は託児を利用したと思う。)

預ける度ごとに成長する娘を見て、よかったなと思った。

いろんな人とふれあって、学んでいるのがよくわかるのだ。

第一、娘が楽しそうなのだ。

「今日はお母さん、お勉強やけん、託児なんよね。」というと

「☆☆ちゃん、おもちゃね」と、喜んでいる。

最初は、託児にした娘が心配で、周りの人から、子どもを預ける

ことで、お母さんも短時間だけれどリフレッシュできるし

子どもにとってもいいことなんよと、何回も何回も言われて

「ほんとかいな・・・」と思っていたけれど、本当にそうだった。

先輩ママたちのいうことは、やはりすごい!

この3日間、午後は、午前中やった遊びをやってみたり

こういうことをしたと、話してくれたり、とても活き活きしていた娘。

娘の中で、どんな、成長があったのだろうか。

|

« 水を汚さない工夫 | トップページ | はやく、おうちに・・・ »

コメント

「子どものために」と思っていろいろやってあげているけど、それ以上に、自分が子どもから幸せな気持ちにさせてもらっていると感じます。楽しそうにしていたり、うれしそうにしているのを見るのが、自分の幸せな瞬間だったりしますね。
また、子どもは、親が思うほど、ヤワじゃないような気がします。うちの場合、勝手に成長しているような気がするし・・・。

投稿: 1kan | 2007年12月14日 (金) 23時37分

1kanさんへ
ほんとにそうですね。
毎日、疲れるヒマも、落ち込むヒマもないほど、娘に振り回されていますが、結局はいっぱいの幸せをもらっていて、喉の奥が見えるくらい笑って過ごせています。
ヤワではないというのは、私も、実感しました。
うちの娘は、肝も太いようです・・・
私に似たみたい・・・

投稿: お返事 せいうち | 2007年12月15日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/9391104

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の成長:

« 水を汚さない工夫 | トップページ | はやく、おうちに・・・ »