« ぎくっ・・・ | トップページ | 反省 »

2008年1月 6日 (日)

もう、終わるよ・・・

1/6(日)

明日でお正月は終わり。

だというのに、娘はまだまだお正月気分。

実家へ帰省するから、おせちは元旦に食べる分しか作って

いなかったのだけれど、2日の朝、「おせちは?」と聞く有様。

それから、毎朝、「おせちは?」と聞くのだ。

一応、お正月ってね・・・という感じで、ちょっとしたことを

お話してあげていたのだけれど、ちゃんとわかっていたらしい。

<><><><><><><><><><><><><>

「今年のお正月は着物を着せてあげればよかったなぁ」なんて

実母と話していたら、それを聞いていたらしい。

おととい、タンスの引き出しを、しきりに開けてくれ開けてくれと

せがんだ。

最初は、なぜ引き出しを開けて欲しいとせがむのか

わからなかった。

で、あまりにせがむので、開けてあげると・・・

実母が作ってくれた浴衣が入っているのを覚えていたのだ。

私に邪魔をされては困るから、すかさず「おかーたん、ばいばい」

と背中を向け、豪快に浴衣を引っ張り出し、帯を引きずり出す娘。

そして、着せてくれとせがんだ。

着物を出してくれと言われるよりはましだし、浴衣でお正月を

満喫できるのならと思い、着せた。

当然、このときだけで済むわけではなく、昨日も、そして今日も。

閉口したのは、今日のお散歩にも浴衣を着ていくと言ったこと。

この浴衣、娘がもうじき1歳と言う頃に作ったものなので

いろんなところが縫い上げてあり、今着せると、ちんちくりん

なのだ。

着せてあげるといっても、洋服の上から、半ばいい加減に

着せてあげているので、見ている分には面白くて、かなり

笑える格好。(にほん昔ばなしに出てくる、村の娘みたい)

ましてや、ピンク地に、ひょこひょこした金魚の柄。

家では、私も、遊び半分に着せて笑っているけれど

こんな格好でお散歩だなんて、とんでもない。

が、着て行きたいと言った割には、案外すんなり納得してくれた。

きっと、明日も「着たい!」と言い出すのだろう。

でも、娘よ、明日でお正月は終わりですから・・・

お正月の歌も、もう、ベランダに出て、大声で歌うのは

やめて下さい。

はずかしいですから・・・

|

« ぎくっ・・・ | トップページ | 反省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/9750854

この記事へのトラックバック一覧です: もう、終わるよ・・・:

« ぎくっ・・・ | トップページ | 反省 »