« 娘の初恋 | トップページ | ようやく・・・ »

2008年6月18日 (水)

理想と現実

6/18(水)

おとといの出来事。

娘と、近くの100円ショップへ出かけた。

買い物途中で、お腹が痛くなり、うんこちゃんがしたくなった。

もちろん、私が。

買おうと思い、手に持っていた商品は、トイレ近くのおもちゃ

売り場へ置き、娘に「ちょっと、トイレに行ってくるけん

おもちゃを見よって」と言い、トイレへ。

が、しかし、娘はついて来ると言う。

仕方なく、一緒にトイレへ。

誰もいなかったので、一安心。

娘と2人で入り、用を足そうとすると、人が入ってきた。

なんか、嫌な予感と思ったけれど、さっさと用を足した。

すると、娘が言い放った。

「おかあさん、うんこやったね!」と・・・・・・・・・・

慌てて娘の口をふさぎ、小声で「しーーっ!」と言いながら

口に、人差し指を立てて見せるけれど、効果なし。

「うんこやった!うんこ!」

とにかく「うんこ」を連呼しっぱなし。

その度に、「しーーっ!」とやってみても、口をふさいでも

ふさいだ私の手を払いのけ、「うんこ」と言い続ける娘。

もう、個室から出るのをやめようかと思ったくらい

恥ずかしかった。

しかし、入ってきた人も、「うんこちゃん」だったようで

顔を合わさずに、退出することができたcoldsweats01

随分前、まだ、独身だった頃、デパートのトイレで

同じような光景に出くわしたことがある。

そのフロアは、かなりお高い商品の置いてあるフロアで

客層もかなり「お上品」な方たちばかりで、人が少ない。

私は、「このフロアはトイレが空いている」という理由で

よく使っていたのだけれど、その「お上品トイレ」(私は

勝手にそう言っていた)で、その光景に出くわしたのだ。

そのときは、お母さんと、息子・娘の3人だった。

3人で、トイレへ入り、子ども2人が「うんこ!」を連呼。

お母さんは、小声で何度も「違う!おしっこよ!」と言っていたが

子どもが何度も言うので、その声も段々大きくなっていた。

3人とも、とてもお上品な身なり&雰囲気だったので

余計に、こちらの方がいたたまれなくなったのを覚えている。

そして、その時、「私は、子どもに<うんこ>と言われないように

気をつけよう!」と心に強く思った。

だから、娘がお話しするようになってからは、できる限り

2人でトイレに入らなくていいように、最善の注意をしてきたsmile

しかし・・・現実は、そう甘くなかった。

ただ、救いは、デパートではなく、100円ショップだったこと。

そして、顔を合わせなくて済んだこと。

今日は、下品で、ごめんなさい。

|

« 娘の初恋 | トップページ | ようやく・・・ »

コメント

マジで恥ずかしいよねぇ。
いつだったか・・・あたしさ・・・ルクルでお腹が痛くなり・・・必死で車運転して帰ってことあるよ。
どうしてもルクル内でしたくなかったんだぁ。。。。bleah
記事にもしたんだけどさ、慌てすぎてドーナツどっかに忘れてきちゃってるしねぇ。

投稿: チーボ | 2008年7月 1日 (火) 00時52分

チーボさんへ
恥ずかしいったら、ありゃしないweep
チーボさんの記事、覚えてますよ。
読んだときに、「気をつけなくては」って思いましたよhappy02
まだ、ルクルには数回しか行ったことがなくて、先週、妹に連れて行ってもらい、初めてじっくり見て回ったんだけれど、あまりの広さに、びっくりしました。
あそこでは、ちょっと、できそうにないです・・・

投稿: お返事 せいうち | 2008年7月 1日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/21724020

この記事へのトラックバック一覧です: 理想と現実:

« 娘の初恋 | トップページ | ようやく・・・ »