« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

腰ひねりダイエット 報告③

10/31(金)

納富亜矢子先生の腰ひねりダイエット。

本腰を入れて、毎日やっています。

10月10日から、欠かさずやり始めて、丁度3週間が

経ちました。

DVDを見ながら、納富先生の「頑張って!」とか「もう少し!」と

いう言葉に励まされ、娘を寝かしつけた後、主人の帰りを待つ

間、ダイエットにいそしんでいるおばちゃんです。

このDVD、準備体操、10分間コース、20分間コース、そして

応用編という構成になっている。

今までやっていたのは、10分間コース。

3週間続けてやって、そろそろステップアップしてみたくなった

ので、今日から20分間コースに。

がんばるぞdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

やっと決まった

10/27(月)

散々悩んだ幼稚園選び。

未就園児対象のクラスに、数回ずつ足を運び、5つの幼稚園から

3つに絞込み、運動会に参加して、2つに。

この2つから、どちらにするかが、私を散々悩ませた。

よく足を運んだこともあり、気に入っている、遠くのA幼稚園。

そして、近くにあるB幼稚園。

A幼稚園だと、親しくしてもらっているママ友とも一緒で、安心

だし、幼稚園の雰囲気がとてもよいし、先生たちもいい。

また、その地区では一番人気のある幼稚園。

が、園長先生が挨拶をしないのが、実はちょっと気になっていた。

いつも、こちらからしないと、しないし、しても、顔を下に向けた

ままで、いつもそっけない態度。

まぁ、そんなものなのかなと、思っていた。

B幼稚園は、3度しか足を運んでいなくて、まだ、いまいち

決定打に欠けていた。

が、ここの幼稚園、園長先生が、しょっちゅう子供たちの様子を

見て回っていて、門から人が入ってくると、ぱっと、そちらを向き

気持ちよく挨拶してくれる。

そして、入園説明会。

1時間の説明会で、いたって普通の説明だったのだが・・・

最後の5分間の、園長先生の、「どうしても聞いて欲しい」という

余談話が、決定打になった。

現在の、幼稚園から中学までの教育事情をお話され

一番大事なのは、幼稚園時代の遊びと、生活習慣形成だと

いうことだった。

小学校に上がるまでに、勉強を詰め込んで、競争意識を

持たせるよりも、友達といっぱい遊んで、思いやる心をはぐくみ

いかに泥団子を上手に作れるようになるか、工夫できるか

集中できるか、そういったことのほうがはるかに大事だということ。

当たり前だけれど、自分の席に座り、お箸を持って食べ

いただきます、ごちそうさまが言えるということの大切さ。

そして、この幼稚園に預けた以上は、しっかりと園の持つ方針に

まかせ、しかし、子供を育てるのは親自身、園(人)のせいにせず

親が、責任を持って、わが子を育てること。

そういうことを、バシっとおっしゃった。

そして、爆笑だったのが、いないとは思うけれど、モンスター

ペアレントさん、どうぞいらっしゃい、この園で修行してください

というお言葉。

この最後の5分間は、場内が静まり、皆聞き入っているのを

肌で感じた。

そして、最後、拍手喝采。

入園説明会なのに、涙が出てしまった。

私は、ここに娘を預けたいと決断した。

そして、私もここで、親として成長したいと思った。

会場を出ると、涙している人が、結構いた。

私と同じように悩んでいる、知人がいたのだが、後でその人に

会うと、その人も興奮していて、「泣いてしまった!もう、ここって

確信できたよね!あんなに悩んだけど、もう、ここって決めた!」と

決断していた。

幼稚園選びで、とことん悩みましたが、納得できる

いい幼稚園にめぐり合えました。

合格できますようにlovely

(ほぼ間違いなく、入れるということでしたが・・・happy01

なにせ、田舎なのでhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

食欲の秋

10/25(土)

我が家も、10月1日から新米になった。

私が住んでいるところは、程よく田舎。

農地はさすがにないが、農家をしておられる家が、近所に

いくつかあり、無農薬・減農薬で手塩にかけた農作物を

お宅の玄関先で、とても安く売って下さるのだ。

まさに地産地消で、売る側も買う側も、運送コストが

ほとんどかかっていない。

(今、はやりのフードマイレージが小さいということですね。)

私が、利用し始めたのは、今年に入って間もないころ。

玄関先に並ぶ、その季節の野菜は、どれもその日の朝収穫

されたもので、とてもおいしく、一番にそのおいしさのトリコに

なったのは、娘だった。

子供の味覚が一番敏感ですぐれていると、食の本に書いて

あったけれど、本当にそうだった。

料理の本を見ながらだと、つい、今収穫の時期ではないものを

欲しがることがある。

食のほとんどは、グリーンコープを利用しているので、収穫時では

ない農産物は、当然買うことができず、スーパーで買ったりして

いた。

が、ここの農産物を買うようになって、今、収穫時ではないものは

そこまで欲しいとは思わなくなった。

旬のものに、勝るものはないことが、改めてわかった。

その時期だから、その気候だからこそ、その作物のおいしさが

あって、それを自然と食べたくなるのだなぁと。

今だと、やはり、サツマイモ。

なぜか、この時期になると、食べたくなる。

そんなものなのねと、気がつかされた。

(ここで、ちょっと、思い出した。

私が、小学生低学年ぐらいだったと思う。

きゅうりとトマトが、食べたくなり、母に言うと、今は時期じゃ

ないので、食べられないという返事。

八百屋に行っても、当然ない。

ほんの30数年前は、季節のものを、その季節に食べると

いうのが、当たり前だったんですよね・・・

私は、このことで、きゅうりとトマトが夏野菜だと覚えたので

とても、記憶に残っているのです。)

話は、大きくそれてしまって、冒頭のお米の話。

お米は、結婚してからずっと、主人の実家のお世話になって

いる。(おかげで、とても助かっているhappy01

が、いつも利用している、農家Tさんのところに、新米が収穫できた

ということで、今月1日から、我が家も新米になった。

新米は、どれもおいしいと思うけれど、Tさんのお米は格別good

実母に、「なんか、ここのは違う気がするっちゃん。めちゃくちゃ

おいしい。」と言うと、「お米屋さんで、新米って売っとっても

各農家が作った玄米をひとまとめにしてから、精米して、包装

するけん、いくら品種が同じでも味が落ちるとよ。

せっかく作っとうのにね。同じ山の田んぼでも

山頂かふもとかで違うし、海寄りか山寄りかでも違うけんね。

もったいないね。」とのことだった。(実母は、農家育ちです。)

Tさんが、手塩にかけて育てた、混ざりけのないお米。

おいしいのは、当たり前です。

これ以上の贅沢があるだろうかと、毎回食事の度に、思う。

そして、数日前、新米が終わり、今までのお米にした途端

(一言も、言っていなかったのに)、ご飯をちょっとしか

食べなくなった娘。

ほんっとに、贅沢じゃdash

そして、私。

あと、5㎏だけ新米買ってこよう。今しか新米は食べられんけん。

今あるお米は、新米が終わって、ちゃんとありがたく食べるけん。

今しか、食べられんけんね。

自然に体が欲しがっとうけんね。

しかたないもんね。

ほら、娘も新米がいいみたいやし、そうそう、大黒柱のお父さんの

ためにも、主婦として、妻として、しっかり食べてもらいたいしね。

めちゃくちゃな言い訳です。

結局、私も食べたいのです。

農作物の神様、今あるお米は、ちゃんとありがたく食べます。

だから、今だけ、新米の贅沢を、お許し下さい。

なにせ、食欲の秋ですからsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

どっち派?

10/22(水)

先週、ある集まりで、餃子を作った。

参加者は全員主婦。

主婦歴では、私が一番若い。(年齢は・・・)

さすが、私以外は主婦歴が長いとあって、皆さん手際がいい。

主婦の小ワザ・大ワザを、盗ませていただけるsmile

で、下準備をしている段階で、あることが大きな話題に!

餃子の具に入れるニンニクを、Aさんがみじん切りにしていた

のだが、それを見たBさんが「えーーーーっ!」と驚いた。

皆、何事かと思ったのだが、Bさんは、すりおろすとのこと。

ここは、主婦の集まり。

料理教室でもなんでもない。

ワイワイガヤガヤ楽しくやっている仲間達。

それからは、一人ひとり、どっち派か言ってまわり

やり方って、いろいろあるよね~ということになった。

(この集まりでは、丁度半々に分かれた。)

私は、みじん切り派だったのだが、それは、私が見ている

レシピが、みじん切りと書いてあったからで、深い根拠はない。

今回の「にんにく事件」で、改めて気がついたのは

・具として混ぜて使うときは、みじん切りの方が、まんべんなく

 味が行き渡る。

・フライパンに熱した油の中に、最初に入れるときのにんにくは

 みじん切りの方が、はじくのが少なくてすむということ。

(これはあたりまえですが・・・)

料理ひとつとってみても、主婦業って、奥が深いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

お手伝い

10/19(日)

生まれてから、言葉が出るようになるまでは、お互い

一方通行だったのに、言葉が出て、会話ができるように

なると、もどかしかった私たちの関係もsign02、スムーズになり

育児の大変さが、激減した。

すぐに分かり合えるということが、こんなに大事だということを

改めて教えてもらった。

寝返りは数える程度で、ハイハイを、ほとんどせず

伝い歩きもなく、立膝で部屋中を移動していた娘。

1ヶ月半を過ぎたとき、地域の相談窓口で、歩行に問題が

ないかどうかチェックしてもらい、異常ナシと言われ安堵した

数日後、いきなり歩き出し、すぐに走り出し、この子は豪快

なのねと、笑わせてもらった。

そんな娘も、言葉の成長は早いらしく(我が家は、子供が

ひとりなので、早いか遅いかは、判断がつかないのだが

3歳児健診で、そういうことだった。)、おかげで、楽をさせて

もらっている。

半年前、しりとりに興味を持ったものの、そのときはまだ

理解が難しかったらしく、お互いもどかしい思いでいた。

最近、気がついたのだが、いつのまにか、私たちは、しりとりを

やっていた。

自転車に乗ったときとか、ちょっとした合間とか、ホントに

気がつかない間に、できるようになっていた。

お手伝いも、よくしてくれるようになった。

ベランダに出て、乾いたかどうかチェックをして、自分の取れる

範囲で洗濯物を取り込んでくれたり、畳んでなおしてくれたり。

トイレ掃除も、見よう見まねでやろうとする。

さすがに便器だけは私がやりたいので、床やタンクを拭くのを

手伝ってもらっている。

玄関掃除も、参加。

たたきを拭くだけなのだが、これがたまらなく楽しいらしい。

食事の用意を始めると、野菜を洗ってくれたり、たまに

一緒に包丁を持って、切ったり。

食事のセッティングをして、ご飯をよそったお茶碗を運んでくれ

たり。

そして、食事が終わると、洗い物の手伝い。

私が洗ったものを、娘が水で流してくれる。

流し足りないところを、私が洗い流すと、それをじっと見ていて

今度は、流し足りないところがないように、やろうとしている。

ホントは、さっさと自分でやってしまいたい。

でも、かすかに、記憶があるのだ。

私が幼い頃、何か私がやろうとすると、母が「これはいいから。

おかあさんがやるからいい。」とか

「あっちに行っときなさい。」とか・・・

母は、決して悪気があったわけではなく、家事を早く済ませた

かっただけ。(主婦となった今、それはよくわかる!)

でも、私は、なんだか、物足りなかったことを、妙に覚えている

のだ。

なんでも、さっさとされてしまい、自分は蚊帳の外。

そして、なにもしたくなくなる・・・

そんなことを、思い出した。

数日前、先輩ママと話しているとき、子供のお手伝いの話に

なった。

その時、「最近、よくお手伝いしたがるんですけど、このまま

お手伝い大好きでいてくれると、嬉しいんですが、大きくなって

くると、厳しいですよね」と話した。

すると、「お手伝いしたがるようになったら、面倒でもさせたほうが

いいよ。「おかあさんがやるから、しなくていい」と、言いたいのは

グッとガマンして、少しだけでもさせてあげてると、大きくなっても

ちゃんとしてくれるよ!お手伝いしないのは、したがっているときに

させなかったからなんだよ!」とアドバイスをしていただいた。

そうそう、ホント、私もお手伝いをしない子でしたbleah

(だから、結婚して、あわてふためきました。)

兎にも角にも、お手伝いが、遊びの娘。

私も、グッとガマンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

幼稚園

10/14(火)

幼稚園選び、かなり迷っている。

今月末には、各幼稚園の入園説明会があり、11月初めには

願書提出。

10月に入ってから、各幼稚園の運動会の、入園予定児

の旗取り(風船取り)に、参加した。

行ったのは、3つの園だけだけど、この運動会参加で

やっと、2つに絞り込めた。

とても気に入っている、遠くの幼稚園にするか

近くの幼稚園にするか・・・

私は、ペーパードライバーなので、遠くの幼稚園にするとなると

ちょっと不便。

近くの幼稚園も、いい幼稚園なのだが、遠くの幼稚園を気に

いっているだけに、いまいち決めることができないでいる。

来週の、見学会や入園説明会で、いよいよ決めなくては。

悩みは続く・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

30代最後

10/10(金)

今年も、無事、誕生日を迎えることができた。

30代最後、39歳になった。

こんなに生きてきたのねと、少し、びっくりする。

20代も早かったが、30代のほうが、もっと早かった。

32歳で結婚して、35歳で娘を産み、今は育児真っ只中。

生きてるとか、生活しているとか、そういう、大切なことを

日々感じながら、暮らしているのが、30代になってからなの

かもしれない。

20代は、ただ毎日が楽しくて仕方がないといった感じだった。

この年になると、あまり、誕生日を意識しなくなるんですね。

自分の誕生日だなんて、構ってられないからなのかも

しれないけれど。

今朝、朝食の準備をしていたら、「お誕生日おめでとう」と

主人が、プレゼントを持ってきてくれた。

心の中で、「あっ、そうか」と思ったくらい、当日は忘れていた。

プレゼントは、「篤姫」のサントラCD。

いつか、買おうと思っていたので、めちゃくちゃうれしかった。

そして、昼過ぎ。

花束が届いた。

送り主は、主人。

こういうの、嬉しいです。

花は、やっぱり、最高のプレゼントのような気がします。

ただ、花が大好きな娘に、「これは☆☆ちゃんの!」と

宣言されてしまいましたがbearing

とにもかくにも、39歳です。

これからは、健康第一、そして、気持ちが若やいでいられるよう

頑張ろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月 9日 (木)

大好きなキティちゃん

10/9(木)

主人、休みが取れたので、急遽、大分のハーモニーランドへ。

去年の4月、娘が1歳7ヶ月のときに、行ったのだけれど

そのときは、私たち夫婦が連れて行きたいということで行った。

今回は、娘が、ことあるごとに、「また行きたい!」とリクエスト

していたので、また、もう3歳になっていることもあり

喜びようが違った。

大好きなキティちゃんに会え、パレードを見て、とてもはしゃいだ。

一番喜んだのは、キティキャッスル。

「キティちゃんのおうちへ行きたい!」というのが、娘の一番の

目的だったので、キャッスル内では、すごいはしゃぎようだった。

次の施設へ行こうと誘っても、全然だめ。

「ずっとここにいる」とまで言う。

そうこうするうちに、なんとキティちゃんが登場。

キティちゃんが、娘と遊んでくれたのだ。

平日ということもあり、人が少なかったこともあるが

たまたま、施設内に私たちしかいなくて、娘はキティちゃんを

独占。

が・・・

あんなに大好きなキティちゃんなのに、いざ目の前に現れ

しかも、手をつないでくれ、一緒に遊ぶとなると、娘は緊張し

固まってしまった・・・

そこは、キティちゃん、慣れている様子で、娘も遊んでもらって

いるうちに、少しずつ笑みが出るようになった。

前回行ったときと違い、乗り物にもある程度乗れたし

これがしたい、あれがしたいということが言えるようになっている

ので、私たちも、楽しむことができた。

帰りは、別府温泉の「桜湯」へ立ち寄り、温泉を楽しんできた。

前日夜に急遽決まった遠出だったけれど、とても楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

レジぶくろ

10/8(水)

我が家も、出かけるときは、買い物の有無に関わらず

マイバックを携帯するようにしている。

でも、出かけたついでの買い物の場合は、ついうっかり

忘れていることがある。

レジで、買い物カゴの中に「レジ袋いりません」のカードを

入れるのは、娘がお気に入りのお手伝い。

何も言わなくても、すっと入れてくれる。

が、マイバックを忘れてしまったとき、「今日は忘れたけん

レジ袋もらわないかんと」と言うと、カードを入れられなくて

ちょっと寂しそうにする。

昨日、買い物予定ではなかったのだが、急遽買い物することに。

バックの中を見ると、マイバックは、ナシ。

レジで、「ごめん、今日はマイバック忘れた・・・」と言うと

「そうね・・・」と、娘。

精算の番になり、スーパーのポイントカードを渡していると

「きょうは、レジぶくろください!」と娘。

少し、照れくさかったけれど、心の中ではとても嬉しかった。

店員さんも、気持ちよく対応してくださって、娘と同じ高さの

中腰になり「わかりました!」と答えていただいた。

レジ袋を入れてもらい、財布からお金を出そうとしていると

「レジぶくろ、ありがとう!」と娘。

そのときは、何事もないような態度をとったのだけれど

涙が出そうなくらい嬉しかった。

サッカー台で、商品を袋に詰めながら、褒めてあげた。

「ありがとう」、いい言葉です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

腰ひねりダイエット 報告②

10/3(金)

9月は、したりしなかったりの「腰ひねりダイエット」。

風邪が長引き、あまり体調がよくなかったので

やっても、気持ちが入っていなかった。

が、今日、新聞の雑誌広告を見ていたら、「安心」という

健康雑誌に、「骨盤ネジ締めダイエット」の見出しが!

即、近くの書店へ行き、購入。

でも、私には不向きであることが判明。

やっぱり、私には「腰ひねりダイエット」が一番あっている

ようなので、今日から、また本腰を入れてやることにした。

張り切って買ったDVDを、まだ見ていなかったので

娘を寝かしつけた後、見ながら実践。

今までは、本を見ながらやっていたのだけれど

やはり、(DVDとはいえ)本人指導の下、実践するのとでは

全然違う。

準備体操、そして、基礎 1 の10分間エクササイズをやった

のだけれど、じっとりと汗をかいた。

今までの自分のやり方では、ちょっと・・・と反省。

このダイエット法に飛びつく前に、ネットでいろいろ調べた

のだけれど、その時、どこかのテレビ番組で、放送中に

実践した人が、たった1回やっただけで、数センチ減していて

居合わせた人たちがびっくり!というのがあった。

それが、なんと、今日、今、私も、そうなったのだ!

やり始めた当初の数値は・・・

7/31 ウエスト76cm 

8/3   〃  74cm

で、それから以降は、ずっと73cm。

何度測っても、いつ測っても73㎝。

で、今、エクササイズをしたあと、測ってみたら、なんと71cm。

すごいです。

きちんとやれば、成果が出るのですね。

これは、ちゃんと、毎日続けようと思いました。

本を見ながらやっていたときもそうでしたが

とにかく、やった後の爽快感が、たまらなく気持ちいいgood

DVDでは、ご本人の納富先生が、無理をしないように

きついときは、こういうやり方でもOKですよとか

そろそろきつくなるタイミングのときに、フォローの言葉を

いれてくれるので、とてもよかった。

コツやポイントも、その都度いれてくれるので、わかりやすいし

とにかく、私にぴったりのダイエット方法lovely

ダイエットと意気込むのではなく、スポーツをする感覚で

楽しくやっていこうと思った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

友達

10/2(木)

この一ヶ月の間に、お母さん友達が増えた。

出産して間もない頃は、娘にかかりきりで、余裕もなく

友達なんていらない、と思うくらいネガティブになっていた。

でも、生協に入り、それを通して親しい人が増え

そして最近、お母さん友達もできると、やはり楽しい。

なんてことないことを話すだけだけれど、家に帰ってくると

鏡で見なくても、顔がにこやかになっているのがわかるし

娘との接し方もかわる。

同じマンションのお母さん友達、Nさんは、とても雰囲気がよく

その方のお母さんWさんも、これまた素敵な人。

以前から、Wさんのことを、主人ともども「素敵な人」だと

言っていたのだけれど、家にお邪魔するようになり

親しくさせてもらうにつれ、素晴らしいなぁと思うようになった。

お邪魔した後、家に帰ってくると、つくづく、反省させられる。

道のりは長いけれど、ほんのちょっとでも、近づければなぁ

と思う、今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »