« 腰ひねりダイエット 報告③ | トップページ | すっきり »

2008年11月 5日 (水)

梨狩り

11/5(水)

今日、生協主催の梨狩りへ行ってきた。

朝倉の杷木へ行ったのだけれど、気温が随分違う。

日中でも、日陰は底冷えしそうな感じ。

同じ福岡県でも、こんなに違うのねと、改めて思った。

生産者の方に、梨作りのいろんなお話を聞いてびっくりした。

農作物を作られている方の、日々の努力はすごいなと思った。

除草剤を使いたくないので、手作業での草むしり。

農薬をできる限り使わずにという思いから、手間隙を惜しまない

こまかな作業。

堆肥は手作り。

聞いているだけでも、大変だと思うのに、最後の一言が

じ~んときた。

「できることなら、米から野菜から鶏から、全部やりたいという

のが、私たちの思いです。

みんなが安心して食べられる、おいしいものを、全てやれたら

どんなにいいことか!

ただ、今は、後継者の問題もあって、やりたくてもできんのです。

以前は、お米もやっていましたが、今は、辞めました。」

語りはおだやかなのに、農作物に対する熱い思いが、じわっと

伝わってきて、ちょっと泣きそうになった。

今ではすっかり、ニュースでも取りざたされるようになった

日本の自給率。

私が生協に加入した3年前は、41%だった。

そして、すぐに40%になった。

そして、今、なんと39%。

年々、下がっていっている。

そして、福岡県の自給率は、なんと22%という、おそろしい

事実。

私たち消費者は、安さだけを求めてはいけない。

まず、安心を求めるのが、私たちのやるべきこと。

そして、計り知れない努力をして、作られる安心・安全な

農作物や食品を、おこがましいが、買い支えていくというのも

私たち消費者の、大きな役目であり責任だと思う。

確かに、無農薬・減農薬のものは、スーパーのものより

少し高い。

けれど、2倍3倍するわけではない。

少し高い分、例えばお菓子を1つ買うのをやめるとか

ちょっとしたことで、カバーができる。

特売のときに、たくさん買い過ぎて、結局ダメにしてしまったり

賞味期限がとっくの昔に切れていたり、そんな、無駄を考えれば

(以前の我が家がそうでした・・・)

必要なときに、ちょっとお高いけれど、安心・安全なものを

必要なぶんだけ買うという暮らしの方が、経済的にも

優しかったりする。

去年、同じく生協主催で、みかん狩りに行ったときも、生産者の

方々の、農作物の対する思いを聞いて、いろいろ考えさせられた

のですが、今回もまた、改めて、食や環境について、考えさせ

られました。

農家の方々って、本当にすごいです。

|

« 腰ひねりダイエット 報告③ | トップページ | すっきり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79938/25060024

この記事へのトラックバック一覧です: 梨狩り:

« 腰ひねりダイエット 報告③ | トップページ | すっきり »