« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月27日 (金)

笑顔

3/27(金)

以前勤めていた会社の先輩・同期と、久々に会い、ランチを

した。

私を含め、3人とも結婚をし、子持ち。

先輩は5歳・3歳・2歳の3人、同期は3歳児の1人、そして

私、3歳児1人。

皆、結婚も、偶然同じような時期で、会社も退職。

似たような状況なので、ごくたま~にしか会わないのに

話もはずむ。

子持ちだからといって、子供中心の話題だけではないので

楽しめる。

ママ友だと、どうしても子供中心というか、生活中心というか

どうしても、そうなってしまう。

独身時代の友人だと、自分達中心の話題も、自然とでてくるし

気を使わず話せるので、リフレッシュできるような気がする。

いろいろ話をしていて、「仕事をする」という話題に。

先輩はまだ、2歳児に手がかかるので、今年は無理だけれど

来年あたりは・・・とのこと。

同期は、退職した後、専門学校に通い、手に職を持ち

今、すでに在宅で仕事を始めたとのこと。

私は・・・今年一杯は幼稚園の状況をみて、いつかは働きたい

なと、思っている。

新聞の求人折込などを見て、様子伺いをしていることを

話すと、同期がなかなか、「これっていうのがないよね」言い

私が、「レジとか、流れ作業とか、そういうのを探している」と

言うと、「えっ、事務じゃないのsign02」と驚きの返事。

私は、仕事を辞めて、5年経つのだ。

昔は10年ひと昔だっただろうが、今は、そんな時代じゃない。

第一、子供を持ちながら、仕事をすることに、私は自信がない。

せめて、簡潔に、単純に、責任が完了・完結する仕事でないと。

ストレスを抱えないためにも・・・

そんなことを話していて、先輩が言った。

「私たち、バブリーを知ってるからね・・・」

同期と、大きくうなずいた。

学生時代から、バブルを肌で感じ、就職も、バブルのおかげで

軽くクリアし、就職後も、バブル崩壊と言われながらも、申し訳

ないが、いいお給料をもらい(そのかわり、仕事は忙しく

神経が擦り減っていたが・・・)、また、3人とも三十路を軽く

過ぎての結婚だったので、お給料をもらうということが

どれだけ大変かということを、充分わかっている。

そして、いくら家族である主人のお給料とはいえ、養って

もらっていて、自分達が家のことや育児をやっているとは

いえ、自分のことに、使う気には、到底なれないのだ。

というか、自分で働いて得たお金で、「よし、頑張ったね、私!」

と、言いながら好きなものを買うという、心地よさを、私たち

というか、三十路過ぎで結婚した女性達は、知りすぎてしまって

いるのだ・・・

おかしいけれど、3人とも、独身時代は、足の先から頭まで

ブランド物に身を包み、旅行をし、おいしいものを食べに行き

流行のものに、ひょいっと乗り・・・そんな生活をしていた時期が

確かにあったのだ。

でも、結婚して、子を持つと、すぱっと、割り切って、生活して

いる。

これも、充分独身時代を堪能したからかもしれないけれど

結婚して子を持ち、生活していくことの楽しさとか、幸せとか

そういうことを、それぞれに知ったからなんだと思った。

だって、「お小遣い欲しい!」って言いながらも

「自分のもの買いたい!」って言いながらも、皆、笑顔。

そういうことを、3人で再確認した、久々のランチだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

とめどないこと

3/22(日)

「おかあさん、なんで、なみだがでてくると?」

「おかあさん、○○ちゃん、さみしいと」

「おかあさん、なんだか、かなしい・・・」

そんなことを、たま~に娘が言う。

テレビで、人形劇だったか、アニメだったか忘れたけれど

ちょっと哀しい物語があって、それを見終わると、娘が

涙を流していて、冒頭のセリフをポツリと言った。

それを見て、聞いて、娘の心の成長を感じた。

家事をやり始めると、なかなか私が相手してあげられないので

娘なりに割り切った様子で、一人で遊び始めるのだけれど

でも、しばらくすると、とぼとぼと私の傍へやってきて

「さみしい」とか「かなしい」とか、そんなことを言ったりする。

最初は、たまらない気持ちで一杯になり、抱きしめたりという

よくあるパターンで、私も、ぎゅっとしてあげていた。

でも、この頃は、そういう娘の心の成長に、ほほえましくなって

ニコッと笑う余裕が出てきた。

「にほんごであそぼ」で、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の詩を

歌にしてあるのを聞いて、娘が気に入り、よく口ずさむように

なった。

そのうちに、ラジオで、宇佐元 恭一さんが歌う

違うメロディでの「雨ニモマケズ」が流れるようになり

「あれ?おなじやけど、ちがうね~」といいながら、これも

気に入り、口ずさむように。

金子みすずの詩を、歌にした「私と小鳥と鈴と」も

覚えやすいのか、メロディが好きなのか、好んで口ずさむ。

他の詩も、やわらかさがいいのか、好きみたい。

読んでくれとせがむようになった。

一番のお気に入りは、アンジェラ・アキの「手紙」。

最初の頃は、どうしても全部覚えたいらしくて、ひらがなだけで

歌詞を書いてと、スケッチブックと鉛筆を持ってきたりした。

気持ちよく一人で遊んでいるなと、思っていると、「手紙」を

歌っていたりする。

子供って、やっぱり、すごい。

感じ方が、柔らかで、素直で、きれい。

もう、私には、そういう感覚が、すっかりなくなっている。

娘の心の成長を感じ、私も、そういう感覚を取り戻したくなった。

一時期、流行ったころは、見向きもしなかったのに

娘の影響で、好きになり、一冊の本を買った。

「金子 みすゞ童謡集   (ハルキ文庫)」

読んでいると、柔らかな気持ちになってきて、次々に読むのが

もったいなくて、1日に1つと決め、堪能しながら読むことにした。

もう、春だから、そんな気持ちになれたのか。

そういえば最近、朝、寝坊してばかりだなぁhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

親ばかな一日

3/20(木)

一人娘が幼稚園に入園、ということで、写真を撮りに行った。

このご時勢ですから、主人とは、「どんなにいろんなポーズで

撮られても、1枚だけにしよう」と決めて行った。

家族写真はナシ。

今回は、娘だけ。

でも、結局は2枚注文。

親バカですね・・・

まぁ、うちは、子供がひとりなので、2人いると思えば

いいかなと。

3年通って、卒園するときと比べて、どれだけ成長している

んだろうと思うと、とても楽しみ。

親バカな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

はやりもの

3/18(水)

「おくりびと」がオスカーを獲得してから、どうしても

もっくんが読んだという

「納棺夫日記」 著 青木新門 (文春文庫)を、私も

読みたくなった。

家の近くの書店で聞いてみると、3月末の入荷予定だろうという

ことで、それまで待つしかないなぁと思っていたら、新聞の広告欄

に、3月の文春の書籍案内があり、増刷ができたとのこと。

丁度、12日の木曜日から、娘と2人、実家へ骨休めへ行く

ことになっていたので、行く途中で、都心の書店へ行き

待ちに待った「納棺夫日記」を買うことができた。

普段は、本をじっくり読むことなんてできないのだけれど

実家で、時間を気にせず、娘を両親に任せっぱなしで

読むことができた。

(実家へは日曜日までいたので、主婦業はお休みして

ました・・・)

今、興味を持って読んでいる別の本があって、ジャンルは

全然別物なんだけれど、リンクしていて深く納得できるというか

「あっ、そうなんだ・・・」と思えて、なんか、全てつながっている

というか、目からうろこが落ちたというか、妙に落ち着けた

というか、そんな感じの読後感。

学生の頃、週に1時間だけ仏教の講義があって、そのときは

先生が素敵だからという、軽薄な理由で(みんなそうだった・・)

講義を真面目に受けていたのだけれど、その時の講義の

内容を薄っすら思い出したりもした。

なんだか、もう一度読みたい気がしていたところに

近くの書店に注文していた「おくりびと」のコミックが、届いた

との連絡を受け、こちらも、読んでみた。

15分程度で、さらっと読めるんだけれど、こちらもよかった。

やはり、次は映画を見たいなぁ。

レンタル開始になるのを待つばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

ペーパードライバー克服記 ⑪

3/17(火)

(前置きが長いです)

娘の入園は、まだまだ先のことなんて思っていたら

もう、入園式まで1ヶ月をきっていた。

そんなことだから、準備が全然進んでないんだわ・・・

で、急に慌てだしたというか、やっといろんなことに

とりかからなくてはと思い始めた。

娘は生後1年を迎えるちょっと前から、腕と足、そして顔に

少し、湿疹ができ始め、いろんな病院へ行ったのだけれど

治ってもまたできるの繰り返し。

もう、飲み薬も塗り薬も、できれば控えたいと思っていたら

アレルギー専門の小児科で、評判の先生がいることを知った。

でも、私の家から、そこへ行くには、バスの本数が、極端に

少ない。

車で行けば10分程度のところ。

この2・3日のうちに行かなくては、春休みが始まると

ただでさえ患者さんが多いらしいのに、きっと、もっと多くなる。

で急遽、今日の午前中に、娘を車に乗せて、病院へ行くことに。

近道をすると、道幅が狭かったり、車の通りが多かったりなので

少し遠回りをして、行きやすい道を通って行った。

主人なしで運転するのは、初めて。

でも、スタートしてしまうと肝も据わり、また天気がとてもよかった

こともあり、いい緊張感の中、運転ができた。

娘は、「おとうさんがいないのに、なんで運転すると?」とか

「おかあさん、大丈夫よ、がんばれ!がんばれ!」とか

「じょうずやったよ、よかったね!」とか、精一杯応援してくれた。

思いがけず、一人で運転することになったけれど、近い距離

とはいえ、自己満足なのでした。

ただ、問題なのは駐車場。

病院近くの書店の駐車場へは、いい場所があったので

スムーズに停められたけれど、家の駐車場へ停めるのは

なかなかうまくいかず、結局斜めのまんま、なんとか枠内に

停めました。

まだまだですが、なんとなく、ステップアップできたかな。

「ペーパードライバー克服記」も、そろそろ

「初心者ドライバー克服記」にしようかなと思った今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

幼稚園準備

3/15(日)

4月からの入園に向けて、いろいろと準備しなくては

ならない。

まず、お道具の名前書き。

まだ、全然できていないhappy02

コップ入れなどの袋物作り。

昨年12月に、張り切って生地を買っているのに、これもまた

全然できていないbleah

やる気は満々なのに、日中は、なかなかできません。

そんな中、ひとつだけ準備できたもの。

それは、ポールハンガー。

主人がネットで注文していたのですが、今日、届きました。

本当は、もう、これ以上物を増やしたくないと思い、買うのは

躊躇していたのですが、やはり、自分の制服・リュック・帽子を

片付ける習慣をつけたり、物を大事にするというという意味

でも、用意したほうがいいだろうということになり、買いました。

娘は、自分のハンガーだということで、心待ちにしていて

到着して、主人が組み立てると、早速、自分の制服や

リュック・帽子を持ってきて、好きなように掛けだしました。

ハウステンボスに行ったときに、制服用にと買ってあげた

ミッフィーのハンガー。

これに、ブレザーを掛けて、ポールハンガーに掛け、とても

嬉しそうにしてくれました。

やっぱり、用意してあげて正解でした。

さぁ、お道具の名前書きに裁縫、早くとりかからなくてはsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

ハウステンボスへ

3/11(水)

主人、年休消化のため、急遽お休みに。

で、娘から再三せがまれていた、ハウステンボスへ。

P1020021 チューリップ祭りの時期なので

園内は、とてもきれいだった。

娘は、お花が大好きで、花屋さんのコーナーへ

行くと、なかなか動こうとしない。

ハウステンボスへ行きたいと言い出したのも、広告で盛んに

ハウステンボスが出ているし、咲き誇るチューリップを見たい

という思いから。

P1020022_2 入場すると

「うわぁっ!きれい!すてきだわ!」

の連発。

何度か来たことはあったけれど,チューリップの時期は

初めてだったので、こんなにきれいなのかと、感動した。

まだ、3歳なので、入場できるアミューズメントは限られている。

アニメ、トリックアート、マジックミラーを見学。

そして、幼児向けの乗り物をいくつか乗せた。

さぁ、帰ろうかねと促すと、帰りたくない、まだ居たいと娘。

次は温泉へ行くよ、と言うと、あっさり言うことを聞いた。

温泉は、武雄の「七彩の湯」へ。

ぬるっとしたお湯で、久々に温泉っていう感じのお湯だった。

帰りは、サービスエリアで夕食。

その後は、お風呂に入れていることもあって、娘には車の中で

気持ちよく寝てもらって、帰宅後はそのままお布団へ。

久々の遠出で、とても楽しく過ごせた。

おとうさん、ありがとうございますheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

味噌作り ①意気込み編

3/9(月)

味噌を作ってみることにした。

なんだか、無性に作ってみたくなって・・・

今まで、作ったことなんか一度もない。

ただ、私が子供の頃、母が作っていたので、見たことだけは

ある。

でも、そのころは、関心なんかちっともなくて、煮た大豆が

入れてある袋を、イヤイヤ足踏みさせられた記憶しかない。

そんな私の、味噌作りへの挑戦。

(おそろしい・・・)

作ってみようと思ったのは、我が家が使っている醤油の

ヤマタカ醤油さんが、「一般の人へ醤油作りを体験」という

記事を新聞に見つけ、「うわっ、知っていたらやってみたかった」

と思ったから。

醤油の作り方を調べてみると、結構大変。

で、ふっと、母が味噌を作っていたのを思い出して

「そうだ、味噌をつくろうっ!」ということに。

即、味噌作りについて調べると、マンションでも、少量であれば

なんとかできそう。

材料は、大豆・麹・塩・水。

近くの自然食品のお店に行くと・・・高すぎる・・・

国産で無農薬・減農薬にこだわっている我が家だけれど

あまり高すぎると、とてもじゃないが手が出ない。

で、グリーンコープの店舗に問い合わせると、丁度予約期間で

(3/10までとのことで、ぎりぎり間に合った、ついてますgood

価格も手頃で、親切にいろんなことを教えていただけた。

大豆は予約じゃないけれど、取り置きまで対応していただけた。

ホント、ついてますnote

今は、麹の入荷待ち。

23日・24日に入荷とのことで、今は俄然、味噌作りに

燃えている(まだ意気込みだけhappy02)私としては、入荷次第

まだ、主人なしには乗ったことのない車に、娘を乗せて

買いに行こうなどと、鼻息荒くしているのでした。

早く、作りたいshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

経路リンパマッサージ 記録①

3/7(土)

実は、また、新しいダイエットを始めた。

さするだけでいいという、「経路リンパマッサージ」。

一時期、熱心にやっていた、納富亜矢子さんの骨盤美整体は

とてもよかったのだけれど、続けてやれない時期があって

いつの間にか、やめてしまった。

せっかく、効果が出始めていたの・・・

で、随分前に、テレビの企画で、女性の芸人さん達が、いろんな

ダイエットをしたということを、ネットで知り、そのなかで

南海キャンディーズのしずちゃんが挑戦したという、経路リンパ

マッサージに、とても興味を持ち、即、書店へ。

渡辺桂子さんの

   「経路リンパマッサージ」デトックスダイエット   と

   「経路リンパマッサージ」からだリセットBOOK  を購入。

きつい動作は一切なく、とにかく、さするだけ。

でも、リラックスできる時間にやるとのことだったので

なかなかできず、やっと3/2から、本格的に挑戦することに。

巻末に、目標を立てたり、日々の記録を記入できるよう

ページが設けてあって、しかも、成果や反省がしやすい

書き込みになっているので、なんだかやる気にshine

一日だけできない日があったので、今日で5日目なのだ

けれど、ものすごい効果。

体重減少や、ウエスト・下腹ダウンは、まだ全然なのだけれど

気持ちがいい。

一日が、とても気持ちよく過ごせる。

このマッサージは、気の流れをよくするということだったのだ

けれど、まさに、そうなのだ。

うまく表現ができない、そう、これは、やってみないと、わからない。

一日が終わり、寝る前に今日のことを振り返ってみると

あっ、そういえば、今日はイライラしなかったなと、そういう感じ。

一日、前向きに過ごせたなとか、明るい気持ちでいられたなとか。

おととい、娘が寝る前に、私に言った。

「おかあさん、今日は、おこらんかったね。」と。

そういわれて、久々に、怒らない一日だったことに気がついた。

で、前日、寝る前に、やった、イライラを沈めるツボ押しをしたこと

を思い出した。

本当は、ダイエットのために始めたのだけれど、育児のイライラや

落ち込んだ気分の解消にもなって、よかった。

主人は、またかぁ・・・といった反応でしたが、今回は、きつくない

ので、がんばります。

(なんとか、娘の入園式までに、少しでも痩せたいものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年3月 1日 (日)

雛祭り

3/1(日)

今日は、ちょっと早めの雛祭りをした。

雛祭りにはケーキを食べたいという娘の要望に答え

主人・娘・私の三人でケーキを作った。

といっても、ケーキ用のスポンジ台を買って

生クリームと果物で、デコレーションするという簡単なもの。

年末、主人が冬休みに入ったときにも、娘は主人と二人で

作っているので、ちょっと慣れた様子で、楽しそう。

わいわい楽しめるし、なんといってもおいしい。

(ケーキ台は、グリーンコープのなので、市販のよりも

断然、おいしい。そして、なぜだか、市販のよりも安い。)

生クリームを絞り器に入れたとき、空気が入ってしまっていた

らしく、絞り出したときに、時折、ブスッと音がするのが

おかしくてたまらないらしく、娘は「おならみたいっ!」と

言いながら、笑い転げた。

果物の飾り付けも、なかなかセンスよくできて、やっぱり

女の子なのねぇと、思った。

簡単で、おいしくて、なんといっても楽しめた。

夕飯は、巻き寿司と、おいなりさんを、娘と二人で作った。

巻き寿司も、節分のときに作ったせいか、少し上達したみたい。

茶碗蒸しも、具を入れるのを手伝ってくれた。

(あとは、お手伝いにストップをかけた。

全部やられちゃ、間に合わない・・・)

夕飯を食べる前に、娘が言った。

「今日は、いただきますじゃなくて、ひなまつりおめでとうって

いわないかんね。」

雛祭り、満喫できたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »