« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月24日 (金)

娘の入園

4/24(金)

無事、娘が幼稚園に入園した。

毎日、元気に登園している。

入園式は4/11で、何事もなく終わり、憧れだった、幼稚園の門

の前での、記念撮影もできた。

式最中に、名前を呼ばれたときも、大きすぎず小さすぎずの

声でお返事ができ、親としては、それだけで、嬉しくて

涙が出そうだった。

きっと、みんなそうなんだと思う。

よく、ここまで育ってくれたと。

翌12日に、4/13が結婚記念日なので、それも兼ねて

ちょっとした食事会をした。

13日から、娘が待ちに待っていた登園開始。

「おかあさん、バスに乗ってきたらダメよ」とか

「幼稚園についてきたらダメよ」とか、散々言われていて

挙句の果てには、「○○ちゃん、一緒におってあげられんけど

すぐ、帰ってくるから、大丈夫やけんね」などと言われ

バスを見送る際には、車中からニコニコと手を振る娘を見て

私が号泣してしまった。

17日には、クラス懇談会&総会があり、娘を送り出したあと

一人で幼稚園へ。

この日の帰りはバスではなく、親と帰宅するようになっていた。

会が終わり、娘の教室へ行くと、娘が教室の扉のところから

身を乗り出して、私が来るのを待っていて、私を見つけるや

胸に飛び込んできた。

毎日、他の園児は、バスに乗る前に、泣いたり、寂しそうに

するのに、娘は全くそんなことがなくて、嬉しそうに登園して

いるので、この反応は、とても嬉しかった。

21日に、スイミングの体験教室へ。

お風呂では、目に水が入るのを、とてもいやがり、ゴーグルを

して、髪を洗ってやるほどなのに、スイミングだけは妙に

興味を示すので、それならばと行かせた。

やはり、プロが教えるだけあり、娘はとても楽しんだ。

通いたいという意思が決定的になった様子。

が・・・問題が。

娘は、肌が弱く、腕の湿疹がひどい。

で、一応、お医者さんの意見を聞いてからにしようと

娘に言った。

残念そうな表情をしたけれど、「先生がいいよって言ったら

できるけど、ダメよって言ったら、行かれんね・・・」と返事を

してくれた。

駄々をこねられると、それはそれで、大変だろうが、大体に

おいて、一生懸命納得しよう、受け入れようとするので

こんな小さな子がと思うと、せつないし、ひょっとして

ストレスを抱え込みはしないかと、かえって心配してしまう。

22日、個人面談。

特に、何の質問もなく、体調面も湿疹以外は何も心配は

ないので、すぐに終了。

幼稚園での様子を話していただいたのだけれど

いつもニコニコしているらしい。

それを聞いて、安心した。

この日で、早帰りは終了。

23日、普通保育開始。

今日はお弁当。

娘の好きな、鶏つくねを、ハートとウサギの形にして

入れてあげた。

今は、便利なものがあるもので、ちゃんと型があるので

それを使っただけなのですが・・・

ご飯も、これまた便利なものが売っていまして、キティちゃんの

型抜きをしてある海苔をのせて、いかにも幼稚園児風の

お弁当に。

それでなくても忙しい朝、私には、キャラ弁なんて・・・

便利なものを活用するのみですhappy02

でも、いつかは、作ってみたいですねnote

バスを見送った後、何故かちょっと寂しい気分に。

昨日までは、お昼には帰ってきてたのに、今日からは

帰宅が3時半。

そう思うと、涙が出そうに。

でも、本当に寂しさを感じたのは、昼食のとき。

そう、今までは、2人で食事をしていたのに、今日からは

一人。

一人で食事をする寂しさを、改めて感じました。

働いているときは、なんともなかったのになぁ。

そして、今日、24日。

初めての給食。

今日はカレーだったそうで、「おいしかったぁ!」と満面の笑み。

皆と食べる楽しさを、少し知った様子です。

そして、やっと今日、私は、幼稚園準備の縫い物が終了。

ブログを書くことも、見ることもできないくらい、バタバタ。

生地は去年の12月から、早々と用意し、作る気マンマンで

いたのに、とりかかったのは、4/6。

まず、縫い物以外のこと、お道具の記名等は、全部主人に。

恐ろしいほど安く手に入ったブラザーのテープライター

テプラと同じものですが、とある電気店で、なんと、480円で

購入。

新機種が出るということで、消耗品であるテープよりも

はるかに安い価格で買えました。

しかも、娘の大好きなキティちゃんのイラストが印字できる

タイプのもの。

これがなければ、もっと時間がかかっていたはず。

そして、私の作業。

大体、何でも早めに取り掛かるのに、今回は、なかなか

エンジンがかからず、大慌てすることになってしまいました。

急がなくちゃならないのに、やり始めると、凝り性の部分が

出てきて、体操服入れは、リバーシブルにしてみようとか

給食のナフキンは、ランチョンマットにしようとか

袋類は、端にタグをつけて、消しゴムはんこで、娘の名前と

似顔絵を彫って、スタンプしようとか、もう、ほんと、自己満足

の世界に浸って、毎日バタバタと、でも楽しく過ごしていました。

提出日には、ちゃんと間に合ったので、よかったです。

で、ホッとした今日は、サンカクヤへ行き、これからのシーズン

に向け、娘の洋服を作ろうと、生地を買ってきました。

これから、自分の時間がたっぷりとあるので、そういうことでも

しながら、そして、撮りだめした番組とか、買ったまま読んで

いない本などを、消化していかなくては・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

お花見

4/3(金)

実は、3/30が誕生日だった主人。

旅行で、当日にお祝いができなかったので、3/31に

お祝いをした。

48歳になった主人。

若いころから、実年齢よりも、かなり若く見られるという

女性からすれば、うらやましい状況の主人。

が、娘ができてからは、少し、実年齢に近づいてきたように

思う。

それでも、やはり若く見えるのだけれど。

父親としての大きさが、でてきたのかなと、思ったりする。

<><><><><><><><><><><><><

お祝いのケーキは、有名店とかではなくて、近くの

ケーキ屋さんで買ったのだけれど、娘は大きな勘違いを

わざと、大げさにやってみせた。

「このケーキは、○○ちゃんの!○○ちゃんのたんじょうび

やけん!」

どうも、私の言い方が悪かったらしく、お父さんだけしか

ケーキを食べられないと思ったらしい。

「皆で食べるとよ」というと、「なぁ~んだ」と、あっさり。

そのくせ、実際食べるとなると、あまり量を食べない。

実は、洋菓子系の甘すぎるのは苦手な娘。

デコレーションされたケーキをみたり、お祝いの雰囲気を

楽しむのがいいみたい。

子供心が、まだまだわかっていない、私です。

<><><><><><><><><><><><><

今日は、主人の会社のお花見だった。

毎年開催されている、割と盛大なお花見で、家族も参加OK

なので、夕方から娘と主人の会社へ。

不景気なニュースが多いので、暗くなりがちなんだけれど

久々に、賑やかな場所で、桜を見ながら、ビールを飲んで

気持ちが晴れやかになった。

去年の今頃までは、まだ、娘におっぱいを飲ませていたので

お花見に参加しても、ホンのちょっと飲む程度だったけれど

今年は、ググッと飲んだ。

賑やかなのが大好きな私。

羽目をはずすのも大好き。

とにかく楽しいこと大好き。

今日は飲みすぎてしまいました。

帰りの電車の中、寝過ごしそうで、ヒヤヒヤして、結局

それで、一気に酔いがさめてしまったけれど。

眠り込んだ娘を抱っこして、ホームから改札へ行く階段を

昇りながら、このきつさは、飲みすぎなのか、それとも

私の運動不足のせいなのか、娘が重いのか、そんな

どうでもいいことを思った今日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

強行軍旅行

4/2(木)

3/29・30(日・月)の一泊で、愛媛の今治、広島の尾道・宮島

そして、山口の岩国へ行ってきた。

すごい強行軍。

主人が、年度末までに、あと1日休みを消化しなくてはならない

のと、ETC利用で1,000円乗り放題というのと、娘が幼稚園に

通うようになると、今までのように平日に旅行するのは

できなくなるという、そんな理由が重なって、主人が

思い立った。

まず、日曜日。

尾道まで一気に向かい、町並みを見てまわった。

もう、時間がないから、短時間でパパッと。

そして、しまなみ海道を渡り、今治へ上陸。

しまなみ海道は、すばらしかった。

眺めもよく、気分も爽快で、娘も景色を楽しめた様子。

今治といえば、タオル!

私は、なにか1つでいいから、買おうと思っていたのだけれど

出発前に、主人から「猛ダッシュなので、今治ではゆっくり

できない。すぐに折り返すよ。」と言われ、あきらめていた。

が、今治のサービスエリアで、見つけた!

しかも、B級品のタオルハンカチ。

そうそう、それでいいのよnote

私が欲しかったのは、主人のタオルハンカチなんだから。

1枚200円。

品物はいいのに、検品に引っかかっただけ。

よ~く見たって、素人の私にはわからない。

ただ、柄はなかなか、好みのものがなくて、4枚だけ購入。

今治に上陸後は、すぐに折り返し、広島の廿日市市まで

戻った。

宿は、安芸グランドホテル。

今まで、旅館にしか、泊まったことのない娘は、興奮した。

部屋は、お願いして和室にしてもらったのだけれど

いつも部屋食だったので、夕飯を摂りに食事会場へ

行くというのは、初めての体験。

そして、今回は初めて、娘にも夕飯をつけた。

今までは、私の食事を娘と一緒に食べていたのだ。

でも、最近はよく食べるし、食事をつけてもつけなくても

料金が変わらなかったので、つけた。

また、朝食もバイキング形式だったので、「なんで

昨日みたいに、おねえちゃんが、もってこんと?」と

何度も質問された。

安いプランだったのに、部屋もよくて、食事もおいしかったし

対応もよかったので、満足した。

翌日は、8時半にチェックアウトして、宮島へ。

宮島へ着いて、びっくりしたのが、鹿が放し飼いされている

ということ。

鹿の放し飼いといえば、奈良!ぐらいにしか思っていなかった

ので、びっくりしたついでに、吉永小百合の「ふんふんふ~ん

黒豆や、ふんふんふ~ん黒豆や、ふんふんふんふん、鹿の

ふんnote」と歌ってみた。

主人は、冷ややかな視線。

娘は「おかあさん、それ、なんの歌?」と笑っていたけれど。

で、宮島はというと、さすが世界遺産、美しかった。

P1010166 初めて知ったのだけれど

あの、海にある鳥居は、土台から

しっかりと造ってあるわけではなく

当時の独特の建築用法で、据え置いてあるだけだということ

だった。

すごいなぁ・・・昔の人って。

P1010188 昼食に、主人は牡蠣を食べ

私は、欲張って朝食を食べ過ぎたため

なし。

牡蠣は、喉から手が出るほど食べたかったけれど

一度あたったことがあり、もう、二度とあんな目には遭いたく

はなく、主人が食べているのを眺めるだけ。

娘の食べるお子様ランチの、コーンだけをほおばった。

お昼過ぎに、宮島を出発、岩国へ。

P1010205 ここでは、錦帯橋を渡った。

宮島も錦帯橋も、月曜日とはいえ

春休みなので、とても人が多かった。

強行軍のわりには、見たいところは

そんなにバタバタすること

なく、見ることができ、楽しめた。

とくに、しまなみ海道は、一度渡ってみたかったので、とても

満足。

そして、尾道。

ちょっとした小道や、山の丘陵に建つ家々は、長崎のようでいて

しかし、雰囲気がちょっと違っていて、よかった。

本当は、私、車の運転をしてみたかったのだけれど、勇気が

でなかった。

いつかは、主人に、「疲れたやろ、運転代わるよ!」なんて

気の利いたことを言ってみたいものです。

今回も、おとうさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »