« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

牛乳克服!

5/31(日)

娘が幼稚園に行くようになって、自分の時間ができ

私は今、のびのびと過ごしている。

9時半から3時半までが、私一人の時間。

録りだめしたテレビを観たり、本を読んだり

娘の洋服を作ったり、部屋の整理をしたり、自己満足に

浸りっぱなし。

ということで、毎日忙しく、バタバタとしている。

娘が幼稚園に行きだすと、のんびりしすぎて、間食をして

太るんじゃないかと心配していたけれど、間食する間もない。

とにかく、少しでも好きなことをしようと、送り出した後は

掃除・買い物を済ませ、あとは気の向くままにやりたいことに

没頭。

2時をちょっと過ぎたくらいから、夕飯の準備。

そして、3時半にお迎え。

それからは、これまた忙しい。

そんなこんなで、ブログは随分とお休みをしていた。

書きたいことはいろいろあったけれど・・・

5月の娘の記録。

・5/10の母の日に、娘が主人と2人で公園へ遊びに行った帰り

花屋さんへ行き、ピンクのカーネーションをプレゼントしてくれた。

主人には「○○ちゃんが(お花を)選ぶ!」と言い、大好きな

ピンクを選んだということ。

そして、「お正月にもらったお年玉で買う!」と言ったとのこと。

何にも知らず、帰ってきた娘を出迎えると

「おかあさん!おめでとうございまぁす!」(本当は、ありがとう

ですがwink)と言って、お花を手渡されたときは、胸がグッと熱く

なりました。

・5/22に、幼稚園の先生から電話。

「お母さん!○○ちゃん、今日、牛乳全部飲めましたよ!」

とのこと。

実は娘、牛乳が飲めない。

私が、牛乳嫌いなので、飲ませなかったことが一番の原因。

牛乳が飲めなくて、とても苦労したので、娘には、どうしても

牛乳が飲めるようになって欲しいと、強く思うあまり

飲ませるタイミングとか、飲んで見せるとか、そういうことが

なかなかできなくて・・・

牛乳のことに関しては、とても神経質になっていて、そういう

ことも全部、先生に洗いざらいお話していた。

先生のおかげと、まわりのお友達のおかげで、5/22に

牛乳を全部飲むことができた娘。

その後の、月・水・金の給食でも、完飲。

初めて飲めた5/22、娘が嬉しさのあまり、先生に「のめたよ!」

と、言いに行くと、とても褒めてくださったらしい。

そして、周りのお友達も、「○○ちゃん、飲めたやん!」と

喜んでくれたらしい。

それが、とても嬉しくてたまらなかったらしく、家に帰ってきた

娘は、「○○ちゃん、今度も、頑張って牛乳飲むね!」と

ニコニコして言った。

それからも、「明日は給食よ」と言うと、「牛乳、頑張って

飲もうっと!」と自分に言い聞かせている娘を見て

ただひたすら、先生と、お友達に感謝するばかりです。

もうひとつ、嬉しい、幼稚園でのできごとがあったのだけれど

それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

経路リンパマッサージ 記録②

5/7(木)

3/2から始めた「経路リンパマッサージ」。

ダイエットに効果大ということで、体をさするだけで

きつくないという嬉しさのあまり、毎日、全く苦にならず

楽しくやっている。

今日で、2ヶ月ちょっとになるのだけれど、とても嬉しい効果

があった。

前回、違うダイエットを試みたときは、ウエスト76cmから

73㎝に減少。

で、それからはなんにもやっていなかったのだけれど

ウエストが72~71㎝に。

が、このリンパマッサージを始めて、現在69~68cmに。

腹囲の方が、結構効果があって、80~81cmあったのが

現在、78~77cmに。

自分に厳しくしようと思い、測るときは息を吸ったりせず

メジャーできつく締めたりせずに、計測。

最初の1ヶ月は、なんにも効果がなく、私には合わないのかなぁと

あきらめモードだったけれど、1ヶ月半経った頃から、じわじわと

効果が数字にでてきた。

妊娠前の体型には、まだまだだけれど、このまま頑張って

続けていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年5月 4日 (月)

どろんこ

5/4(月)

3日の日に、母の実家へ遊びに行った。

私が住んでいるところも、なかなかの田舎だけれど

母の実家は、山の中。

娘を遊ばせるには絶好の場所。

何度か遊びに行ったことがあるので、その楽しさを知って

いる娘は、行く前から、そわそわ。

今回は、たけのこ掘りがメイン。

大人たちは、出荷作業で忙しく、あまり相手をしてあげられない

けれど、小学2年生の女の子と、5歳の男の子がいたので

その子たちと楽しく遊んでくれた。

かえって、それがよかったようで、また、私の従姉の子なので

始終くっつきあって遊んでいた。

山の中で棒を拾って、竹を叩いて、その音階を楽しんだり

虫を触ったり、イノシシが暴れた跡を見たりなどという遊びは

その子達がいないと、とてもじゃないが、町で育った私には

体験させてあげることはできなかった。

泥団子の上手な作り方を教えてもらった娘は、よっしゃーと

いう意気込みで、帰りには、土を持って帰ると言い、ビニール

袋に、畑の土を詰め込んだ。

泥団子には、砂ではなく、土が一番ということを知ったようだ。

手が空いた私が、畑の草取りをしていると、抜き取った草を

運び始めた。

母が、草を集めているのを見て、やり始めた娘。

家では、ただ、私がやっていることをしてみたいという好奇心で

がむしゃらにやりたがるのだけれど、今回は、好奇心だけでは

ない、何か、こう、周りの状況を見るというような、そんな様子を

うかがえた。

今までは、家の中で過ごすことが多くて、こんな経験をさせて

あげることが、ほとんどできていなかった。

泥だらけになって、ニコニコしている娘を見て、申し訳なく

思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての遠足

5/4(月)

4/30に、幼稚園の遠足へ行ってきた。

29日から、主人はゴールデンウィークに入ったので

運よく一緒に行くことができた。

クラスの集合写真を撮ったり、ゲームをしたりと

娘には、初めての体験。

ゲームでは、先生お手製の金メダルをもらうことができ

とても喜んだ。

昼食は、親同士の親睦も深めるためということで

クラスで輪をつくり、自己紹介をしながら食べた。

まだ、通い始めて1ヶ月も経たないのに、子供同士の

輪ができているようで、おかげで親同士も近しくなれて

楽しく過ごすことができた。

子供同士、親が何も言わなくても、お菓子の交換を

したり、手をつなぎあって、わぁわぁと楽しく駆け回ったりする

姿を見て、こんなにも、皆成長するのねと感心した。

娘が、友達から名前を呼ばれたり、はたまたそれが男の子

だったりすると、ちょっと嬉しかったりnote

入園を機に仲良くなった女の子から、呼び捨てされているのを

聞いて、そして、娘もそれを嬉しそうにして、手をつなぎあって

遊んでいる姿をみて、心から安心した。

どうしても、心配してしまうけれど、ちゃんとやっていけている。

遠足って、子どもの成長を見ることもできる行事だったのねと

気がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »