« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月25日 (火)

よかったね

8/25(火)

幼稚園に入園したら、スイミングに行きたいと言っていた娘。

娘にとって従姉にあたる、私の姪(娘の2歳上)が、行っている

ので、どうしてもと、切望してきた。

お風呂では、ゴーグルをしてからでないと、髪の毛を洗えない

ほど、水が苦手なのに・・・

従姉の存在は絶大。

いろんなことを知っている従姉は、娘にとって憧れのお姉ちゃん。

同じようにやってみたいらしい。

水が苦手なことは、一切頭にはないようで、体力作りにもなるし

それならばと、幼稚園入園のときに、園推奨のスイミングスクール

に申し込んだ。

開始は、5月の連休明けから。

娘はとても喜んで行きだした。

そして、いつのまにか、お風呂で髪を洗うときに、必須だった

ゴーグルは「もう、これいらないよ」と言うようにまで成長した。

(・・・が。いまだに赤ちゃんの髪を洗うように、私の膝の上に

お姫様抱っこして、お目目の上には、固く絞ったガーゼを

かけてやっているのだが・・・。それだけでも進歩なのですhappy02

お顔も自ら、洗うようになり、最初は全然お目目を洗えて

いなかったのが、今では、お目目をしっかりつむって、洗える

ようになった。

私がなにも言わなくても、そうやって自分から頑張ってやろうと

している姿を見ていると、抱きしめたくなる。

そして、今日、スイミングの日。

娘は、今日のスイミングを、とても楽しみにしていた。

授業が終わり、家に帰ってきた娘は、スクールバスから

降りると、「ここに、入っとおよ!ワッペンが入っとおよ!」

と、リュックを指差して、嬉しそう。

先週、顔を水に浸けるテストがあり、それに合格したのだ。

合格すると、水泳帽につけるワッペンがもらえるのだけれど

それをもらえるのが今日。

先週一週間は、思い出すとワッペンのことばかり言っていて

行きたい行きたいと言っていた。

正直なところ、私としては、頑張れ頑張れという気持ちはない。

ただ、やりたいと言い出したからには、続けて欲しい。

それだけ。

楽しんでやって欲しい。

行くのが嫌なときも、きっとあるだろうけれど、それは誰にも

あることで、泳ぐことさえ嫌いにならなければ、いいかなと。

通いだして、まだ、3ヶ月とちょっとだけれど、2回ほど

「行きたくないなぁ・・・」と言ったことが、実はあった。

強く拒否したわけではなかったのだけれど、授業の中で

遊びながら顔を水に浸ける練習が始まると、それがイヤだった

ようで。

で、「頑張ったら、ワッペンがもらえるよ!」と、何度も言って

奮起させようとしたのだけれど、それが逆効果。

行くのは行くのだけれど、浮かない調子。

でも、帰ってくると、「たのしかったぁ!」と、調子いい。

それで、はたと気がつかされた。

楽しめばいいのだ。

今は、楽しむことが一番なのだ。

だって、娘は、水が苦手。

それでも、行きたいと言い出したのだ。

すっかり忘れていた。

それからは、「プール、いっぱい遊んでおいでね」と言うように

した。

すると、表情がパッと明るくなり、「行ってくるね!」と

元気に通うようになった。

そして、お顔をお水に浸けられるようになった。

よかったよかったnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

幸せな一日

8/22(土)

今日、高校時代の友人2人と、ランチを摂った。

Sちゃんとは4年ぶり、Kちゃんとは約12年ぶりの再会。

Sちゃんとは、私が結婚するまでは、しょっちゅう会っていて

親友と呼べる存在。

でも、今は、メールでしかやり取りをしていない。

Kちゃんは、就職で東京へ行き、そのまま結婚し、すぐに

子どもが生まれたので、なかなか会えず、私が仕事で

東京に行ったときに数回会った程度。

何と福岡へ帰ってきたのも、15年ぶりだとのこと。

そして、子どもは高校2年生と中学1年生で、どちらも男の子。

写真を見せてもらうと、これがまた、かっこいいlovely

何年も会っていないのに、二人とも全然変わっていなくて

美しく、しかもアクティブ。

いろんな昔話と、現状報告をし合って、とても楽しい時間を

過ごした。

そして、二人から、すごいパワーをもらった。

自分がとても充実した気持ちになった。

こんな感覚は、久しぶりだ。

友達っていいなぁって思った。

会っていない時間は、実はあんまり関係なくて

どれだけ、いい時間を共有したかという、過去の記憶って

大切なのねと思った。

娘と主人にはお留守番をお願いして、私は、久々に

「主婦・お母さん」→「高校時代の女の子」に戻った。

そして、なによりも嬉しかったのが

「○○ちゃん、全然変わってない!」の一言。

これは、「若いね」「きれいね」よりも、なによりもの

褒め言葉。

女性ホルモンを活性化させる言葉だと思った。

もう、嬉しくて嬉しくてnote

いや、褒め言葉だって、わかっているんです。

私、充分おばちゃんですから・・・

でもね、嬉しいんです。

男の人から口説かれるより、同性である女性から、こう言われる

ことの方が、今の私には最高に嬉しい。

(もし、男の人から口説かれれば、そりゃ、嬉しいですが

もう、それは、ありえない、ありえなさ過ぎる。)

そんな、一日でした。

こんな充実した一日を過ごさせてくれた、友達、そして主人と娘

ありがとうlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

夏休み

8/17(月)

12・13日の一泊で、鹿児島の霧島へ遊びに行った。

高速は、7月の雨災害で工事中。

12日の昼過ぎに開通するということだったけれど

私たちは、通勤割引が利く9時までに乗りたかったので

私は、めちゃくちゃ早起きをして(4時半・・・)、家事を済ませて

7時ちょっと過ぎたくらいに家を出発した。

家の近くのインターからは乗れないので、大宰府インターを

めざしたのだけれど、これが、すごい渋滞。

おおかたそんなことだろうということで、早めに家を出たのだ

けれど、気持ちは焦る。

無事に乗れたけれど、時計を見ると、8時45分くらいだった。

前回、鹿児島へ行ったときは、帰りの新幹線に乗れるかどうかで

どたばたしたけれど、今回は、行きで、ちょっと焦りました。

途中、熊本で「栴檀轟(せんだんとどろき)の滝」と

「鹿目(かなめ)の滝」を見た。

五家荘内にある滝なのだけれど、私は山道では、すぐに

車酔いするので、山に入るや、滝に着くまでは、爆睡。

つられて娘も爆睡。

滝を見た後、少しだけ運転を代わってもらい

(実は、車酔いし始めたので、気分転換に・・・)

ホテルへ。

宿は「霧島観光ホテル」。

貸切露天風呂に入り、夕飯は、黒豚づくしで、大満足した。

娘を寝かしつけた後、主人と二人で飲もうと張り切っていたのに

夕飯の時点で、満腹&飲みすぎ、そのまま眠ってしまった。

しかも、娘が寝付く前に・・・

就寝したのは9時過ぎ。らしい・・・

お子様か、私は・・・

翌朝、もう一度お風呂へ。

チェックアウト後、「霧島神宮」と「神話の里公園」へ。

この日は曇り空。

本来であれば、「神話の里公園」から、大好きな桜島が

ばっちりと見えるらしいのだけれど、うっすらと稜線が見える

ほど。

それでも、桜島だと実感できたので、とてもうれしかった。

ここの道の駅で、昼食。

黒豚とんかつ、おいしかった!

後は、適当にのんびりと気持ちよくドライブしながら

えびの高原へ。

ここは、思っていたよりもよかった。

車から降りて、「韓国岳(からくにだけ)」へ。

といっても、山には登らず、観光できる範囲での散策。

娘も、とても楽しんでいた。

それからは、また、好きなようにドライブ。

とても気持ちがよかった。

「足湯の駅 えびの高原」で、足湯に入り、マンゴーソフトを

食べ、少し散策。

高速に乗る前に、娘には車で眠っていいように

夕飯と温泉へ。

温泉は、えびの市の「吹上温泉」へ。

ここで、家族風呂に入ったのですが、なんと600円。

泉質もよく、お湯の熱さもよかったです。

決して、今風の家族風呂ではなく、立ち寄り湯というより

そこに住んでいる方々向けのお風呂といった感じだった

けれど、経営されている方々の対応が温かで

来られている方々も、気軽に挨拶をかけてくださって

私は、とても嬉しくなった。

鹿児島・宮崎は、不思議と、穏やかな気持ちになれる場所。

大好きなところ。

特に、「桜島」は、いい。

今回も、主人が仕切ってくれて、おかげで、いい旅ができた。

主人に感謝。

ありがとうございますheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

夏を乗り切る

8/16(日)

7日から夏休みだった主人も、明日から出勤。

毎年毎年、私の方が寂しい気持ちになります。

特に、娘が生まれてからは・・・

育児は、やはり、一人より二人の方が、心強い。

もうすぐ4歳になる、おてんば娘の相手をするのは

私だけでなく、みんな体力勝負だと思う。

明日から・・・お、おそろしやぁ・・・

余談だけれど、小さいころから、見た目に全くそぐわず虚弱体質

だった私。(という事実、結婚数日前に母から知らされた。

健康優良児だと、私は思っていたのだが・・・)

母の勧めで、24・5歳くらいから、ずっと「養命酒」を飲んでいた。

が、昨年、近くの薬局で「レバコール」をすすめられ、そちらに

切り替えた。(養命酒、結構酔うんですよね。おいしいけど。)

この「レバコール」のおかげで、今年の冬は、大した風邪も

ひくことなく、また、きつさだるさも、気がつくと消えていて

これからは、「レバコール」一筋で・・・と思っていたら

梅雨あたりから、どうも体調がおかしくて、ここ最近は

イライラも激しくなってきた。

とにかく、体がすぐにバテてしまう。

バテてしまうと、つい、ちょっとしたことにもイライラ・・・

そんなとき、件の薬局で、今度は「キョーレオピン」を

お試しで飲ませてもらった。

(この薬局、いつも、いろんなお試しをさせてくれる。

そして、おいしいお茶も飲ませてくれる!)

初めて飲んだときは、なんとも思ってなかったのだけれど

あとで、振り返ってみると、体調がすこぶるよくて、化粧のノリも

抜群によく、イライラが治まっていたことに気がついた。

これを飲んだ翌日からの数日間、暑い中、私は、家中の

大掃除をしたのだ。

窓拭き、ベランダ掃除、倉庫の整理、家の中の収納整理

カーテンの洗濯、洗濯機の掃除、その他細かな掃除。

いつもの私だったら、絶対に、夏に大掃除なんてやらない。

(こんなに暑くなる前ではあったけれど・・・)

自分でも、体力あるなぁと、感心していたのだけれど

よくよく考えてみると、どうも「キョーレオピン」のおかげらしい。

で、1週間前から「キョーレオピンNEO」(いくつか種類がある。

私は、女性向のNEOを飲んでいる。)を飲みだした。

余談のつもりが、えらく長くなってしまった。

本当は、別のこと書くつもりだったのにhappy02

なんだか、宣伝みたいになったなぁ・・・

まぁ、いいや。

今年の夏は、「キョーレオピン」で、乗り切るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »